プロフィール

ニックネーム
ザ・普通の人を23日間で美人と付き合えるようにする@ぞんの助

自己紹介

んにちはぞんの助です。


このブログでは

イケメンでもない

スポーツが得意なわけでもない

ニキビ面で赤面症

体は毛深く

あだ名はぞんび


そんな僕が



学校の中で1番可愛いと言われていた美人な女の子
彼女にすることができたテクニックをお伝えします。




興味のない方は今すぐ
このページを閉じてもらって
かまいません。




実はこの間まで、
美人と付き合う人は


顔がカッコよかったり

お金持ちだったり

もともとセンスがあるのだ


と思っていました。



ですがこれは間違いでした。




美人と付き合えない人はただ

「付き合う方法を知らないだけ」

なんだということに気づきました。




つまり、


やり方さえ知ってしまえば



どんな人でも
美人な女を彼女にすることが
可能だということです。



どんなに自分に自信がなくても
必ず美女と付き合うことができます



とはいっても正直
信じてもらえないと思います。


以前友達にこう言われました。




「おれはお前みたいに
センスないから・・・」



その言葉を聞いて
僕は彼に自分の過去の話をしました。



そしたら、彼は
「すげーそれめっちゃ使えるじゃん!!」
と目をキラキラさせながら

言ってきたのです。



そして結局彼は
2か月間で美人と付き合うこと
に成功しました。


ですからあなたにも
同じ話をします。


この話の中に
「彼女を作るヒント」
があります。




本当のところは

かなりコンプレックスな部分ですし
あまり人に言いたくない黒歴史です...



ですがこのブログまで辿り着いた
あなたは多かれ少なかれ恋愛に悩んで
いるのだと思います。

だから
少しでも僕が力になれるならと
そんな気持ちでお話します。









僕は親に言われる程ニキビがひどく
そのうえ、体毛が濃く、いじられキャラで人見知り


僕は全く自分に自信を持つことができませんでした。



というか、




こんな外見の僕を
好きになる人なんかいないと
ネガティブ思考にさえ陥っていました。




「モテたい」



そういう気持ちはありました。



でも、自分に自信がないせいで
女の子とうまく接することができなかったんです。


中学、高校時代なんて
「ニキビ」という言葉が
聞こえればビクッとし

もしかして俺のこと?と疑い





女の子達の会話で
「毛深いと気持ち悪いよね」
という会話を耳にすれば

服の裾を引っ張って
腕や足の毛を服で隠す。



学校で、イケメン、モテる

と言われる男子が

女子といちゃいちゃ話しているのを見ると
本当に羨ましかったです。





「俺だって顔さえよければ…
可愛い女の子達と
イチャイチャできるのに」


毎日そう思っていました。




そんな僕が大失態を犯してしまうんです。




学校で一番かわいい
と言われる女子を

好きになってしまったんです。



きっかけはただちょっと優しくされた

それだけです。



しかも特別何かしてくれたとか
全然そういうんじゃないです。



ただ会話してくれただけです。




女の子の気持ちを
これっぽっちも理解できていない僕は


まだ全然親しくないのに告白。

そして当然のごとく振られました。



今でもその後、
女の子が僕を見る時の

気持ち悪いものを見るかのような
目や表情は忘れられません。




ただでさえ
ビクビクしながら学校生活を
送っていたのにもかかわらず


振られたことによって


「女の子の中で噂になっているんじゃないか?」

「好きな子には気持ち悪がられているんじゃないか?」


こんなことばかり考え
余計ネガティブになっていきました。




なんかもう一生このまま
女の子と縁のないまま
死んでいくんだろうか...


後悔だらけでした。




そんなある日1人の男友達に気づきました。





正直そいつの顔はカッコよくないし
性格も全然ダメ



モテる要素なんて
何1つない





なのに、なぜ!



そいつの彼女は


いつも美人だったり

学内で可愛いと噂になっている
女の子なんです。



正直かなり嫉妬しました。

と、同時に焦りが生まれました。




「俺も彼女作んなきゃ」

「しかも自慢できるような」





でも、いったいどうやって?





その時にふと気づいたんです。










「なんでそいつと付き合った?」
レベルの不釣り合いカップル

って意外と見かけるな…


これは何かあるに違いない。



しかし




ここまででは
まだその「何か」に気づけませんでした。


その後、様々な不釣り合いカップルの話

を照らし合せ考えていると




ある共通点が浮かんできたんです。




思い出してみると


美人とばかり付き合っている男友達にも

同じようなことを
言われた記憶がありました。


友達に強い嫉妬心があって
聞く耳を持たずその時は気づくことが
できなかったのですが





色々なカップルの話を
聞いていると


本当にこの重要性を
気づくことができました。




さらに、
不釣り合いカップルの話を
聞いている中で

これが出来ていない人で
美人と付き合っているなんて
今まで1度も見たことがありません。


その後


高校3年生の時


学校の中で誰もが知っている
美人な女の子を

好きになり



この子にその方法を意識して
連絡を取り合ていると

見事に付き合うことができました。



その子は

イケメンや

たくさんの女の子モテる男ではなく

僕を選ぶことになったんです。





正直、かなりの優越感に浸りました。




友達に報告すると

「え、なんでお前が付き合えたの!?」
と本音が漏れていました(笑)



それからは



2人で映画に見に行ったり


知り合いに彼女を自慢したり


2人っきりの部屋でいちゃいちゃしたり



人生がこんなに変わるなんてと真剣に思っていました。





正直僕みたいな人間でもできたのですから
これを読んでいるあなたにできない訳がないです。
是非今すぐこのブログからテクニックを手に入れ
あなたの狙っている女の子を


あなたの彼女にして下さい!



ぞんの助:)

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

フリースペース

アメンバー