自己紹介

~気持ちにゆとりのないビジネスウーマン~
のための
『頑張らず楽に自分の生き方を見つける方法』


ビジネスマン・営業マンのための心の疲れ改善
心理カウンセラー

大和直由(やまとなおゆき)


◇1974年 東京生まれ

◇1982年(幼少期) 母親に「お前なんかうちの子じゃない」と言われショックを受け人が信じられなくなる

◇1983年(小学生) 少年野球チームの新聞に「負けたのは大和(やまと)のせい!」と書かれ、心疲労から保健室によく行っていた

◇1987年(中学生) 「人に良く思われたい」という意識が強く、自分の本心を後回しにしていたので全く満たされなかった

◇1994年(高校生) 自分と向き合えず逃げている自分が居た。そんな自分が嫌いだった

◇1998年(大学生) 大学を中退するか悩み、2年留年したのち辞める
    
◇2000年(社会人) 大手人材教育会社に人材担当営業として就職。 上司のことでストレスが溜まりプライベートにも影響する
    
◇2001年 自分のマグマのようなエネルギーを完全燃焼させられる場を常に探すが、何をしてもいつも不完全燃焼な感じがした

◇2005年 営業の評価に疑問を感じ、行政書士を目指すも挫折

◇2006年 常に心にポッカリ穴が空いているようで、心の隙間を埋めるようにもがいていた

◇2010年 不動産業界に参入

◇2012年 ワーカホリックとなるが、3か月で克服

◇2013年 一念発起し、心理カウンセラーを目指す

◇2015年 都内、心療内科クリニックにて心理カウンセラーとして勤務 わずか半年で予約の取れないカウンセラーとなる


アパレル、人材教育、IT系、不動産業界で約20年間の営業を経験。

約3000人以上のお客様と商談を繰り返してきた経験や、1日100件の飛び込み営業の経験などを活かし、最速契約・最高契約数・最高契約率など各事業で常にトップの成績を収め、10年間トップセールスを継続する。

しかし、
いくら成果を上げても全く満たされず、身も心もボロボロになる。それでも自分自身を追い込み続け、ワーカホリックになりどん底を味わう。そこで本当に大切なのはマインド(心)だと気づく。

多くの『気持ちにゆとりのないビジネスマン・営業マン』と接する中で、ほとんどの人が自分にはスキルや知識が足りないと思い込んでいるが、そうではなく、

人生において最も重要なのは、
マインド(心)であることを伝えている。

現役のカウンセラーならではの、カユいところまで
手が届くアドバイスや、本人が気づいていない強みと魅力を最大限に引き出す手法に定評がある。


心理カウンセラーとして500件の臨床経験がある。

コーチ資格を有する、コーチでもある。

マイプロフィール

定番

まず家に帰ってすることはなに?
プッチンプリンを食べる

好き嫌い

好きな食べ物は?
プッチンプリン

その他

フリースペース

アメンバー