自己紹介

若林 敏明 (わかばやし としあき)
1955年 (S30年) 生まれ
長野県 伊那市富県新山 出身
伊那北高校、国学院大学 文学部 卒業
伊那女子高校(現 伊那西高校)で教職に就く。
<1980年> 市民有志により、演劇鑑賞会伊那市民劇場を設立。
<1982年> 教職を辞し、伊那市民劇場の事務局長に就任。
<1996年> 伊那市議会議員に初当選。
<1999年> 伊那市議会議員に再選。
<2003年> 長野県議会議員選挙に挑戦するも惜敗。伊那市通り町で喫茶店「あびえんと」を開業。
<2010年> 合併後の (新) 伊那市議会議員に当選。上伊那広域連合議員に選出。
<2014年> (新) 伊那市議会議員に再選。
--------------------------------------------
これまでの主な活動
飲食議員連盟事務局、伊那市民劇場、伊那芸術文化協会、伊那節振興協会、伊那国際交流協会、アルプスバラ会、バラ咲く街角連絡協など文化活動の設立にたずさわる。市民活動サポートセンター、市民ひろばなど地域づくりでNPO活動を支援。給食の地産地消や安全・持続可能な循環型社会を目指して環境問題に取り組む。伊那市消防団富県分団長、新山保育所小学校を考える会会長、通り町副総代など地元の活動にも参加。

メッセージ


 はじめまして。高校時代は365日バドミントンに熱中。大学卒業後は縁あって地元女子高教師、演劇鑑賞会事務局を経て、今は伊那市駅前で小さな喫茶店「あびえんと」を経営しながら市議会議員をやっています。市民劇場・シネマクラブ・芸文協・国際交流協会・伊那節振興協会・アルプスバラ会など市民活動の立ち上げに参画。市民と行政と事業者の3セクターが互いの理解と責任をもつ共生協働社会が夢。これまで「一人では叶わないこともみんなの力で実現できる」をモットーにしてきたのですが、最近は「まずは自分から」を加えました。また、3.11以降は自分の無力さを思い知らされる事が多いのですが「生きていればこそ出来ることが必ずある」とも思う今日この頃です。



若林敏明 事務所
〒396-0025
長野県 伊那市荒井 通り町13 カフェあびえんと内
<電話・FAX> 0265-78-0899
<メール> wakabon500@2gmail.com