プロフィール

ニックネーム
気仙沼大島椿オイル販売代理店 椿の森
お住まいの地域
埼玉県

自己紹介

気仙沼大島椿オイル
販売



メールでも結構です。
rika-asano@tsubakinomori.com
(@を小文字に変更してください)

気仙沼大島椿オイル

税別
70ml 1400円
30ml 800円
10ml 400円
250ml 3800円
500ml 7600円
送料 600円



製造 宮城県気仙沼大島 椿屋食品
販売  椿の森(気仙沼大島椿を育てる会 事務局)


業務やチャリティでお使いになる方は、ご相談ください(注文フォームに通信欄があります)。




気仙沼大島椿オイルについて

津波が貫通していった気仙沼大島にありながら、しなやかに凛と咲き続ける雪国の椿。その種を絞った100%の椿オイルです。

椿畑は海をのぞむ気仙沼大島の高台の斜面。椿たちは太陽の光をたくさん浴びて育てられています。もちろん農薬は使用していません。

オイルは加熱処理をしていないため、椿の恵みがそのまま生きています。アレルギー物質は含みません。放射能は不検出です。

精製を繰り返せば、無色透明のオイルになりますが、独特の「とろみ感」とこの「金色」、そして何よりも大切な「栄養分」を残すよう精製しています。それが椿屋食品・小野寺栄喜さんの「こだわり」でもあります。

肌にのせるととろりとしているのに、のばすとすぐに浸透していき、べとつきが残らない…。皮脂に一番多く含まれるオレイン酸を80%以上含むため、肌へのなじみがよいのですね。不思議なオイルです。

気仙沼大島椿オイルを知った、多くのアロマセラピストたちもこの品質に驚いてサロンの特別メニューにするなど、愛用しています。




浅野里香

気仙沼大島椿オイル販売代理店 椿の森 主宰

パティシエ
介護食士
日本メディカルハーブ協会 ハーバルセラピスト
雑誌編集者
和光樹林公園 野の花の会 代表

「椿の森」と気仙沼大島との関わりや、椿屋食品の小野寺さんのことは、「ごあいさつ」として記しました。ご興味がありましたらお読みくださいませ音譜
ごあいさつ  私=「椿の森」と気仙沼とのかかわり

関連ブログ
元気をおくるアロマ隊「手当ての輪」応援

<

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

気仙沼大島椿オイルの支援をしています

気仙沼大島椿オイル販促チラシ・POP・写真・イメージイラスト
ダウンロードページ
 ←リンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(上)被災した気仙沼市内(2011年6月に訪問・撮影)
(下)気仙沼大島に津波が貫通した跡(2012年3月に訪問・撮影)


気仙沼大島では、島を津波が貫通していきました…。椿オイルを製造する椿屋食品(小野寺栄喜代表)も委託していた搾油機が津波に流されてしまったのです。



大きな試練でしたが、幸い椿畑は無事でした。島はいま、温かい支援のもと、多くの励ましにも支えられ、「椿の島」として立ち上がろうとしています。



(右)椿屋食品の椿畑で寒さをこらえて春を待つ椿のつぼみ(2011年3月)
(左)参加するボランティアグループ「元気をおくるアロマ隊」で植樹した椿苗(2011年3月)

椿が復興のシンボルになろうとしています。椿の森(気仙沼大島椿を育てる会)も、復興の中で結ばれた絆の一つです。


被災状況の説明をする椿屋食品代表 小野寺栄喜さん(2012年3月)


代表の小野寺栄喜さんと連携を取りながら、一般用の気仙沼大島椿オイルのほか業務用椿オイルを販売しています。どうぞよろしくお願いします。
椿の森(気仙沼大島椿を育てる会) 浅野里香




気仙沼大島椿オイル

税別
70ml 1400円
30ml 800円
10ml 400円
業務用250ml 3800円
業務用500ml 7600円
送料600円

製造 宮城県気仙沼大島 椿屋食品
販売代理店 椿の森(気仙沼大島椿を育てる会 事務局)




メールでも結構です。お問い合わせもこちらへ。
rika-asano@tsubakinomori.com
(@を小文字に変更してください)



(右)震災前の気仙沼湾(2010年10月撮影)




アメンバー