プロフィール

ニックネーム
渡慶次 佳朗 (沖縄進出コンサルタント・社会保険労務士)
職業
その他
職業詳細
沖縄進出コンサルタント・社会保険労務士
出没地
東京都内全域・沖縄県那覇市・うるま市
出身校
那覇高校、明治大学、Oxford Brookes University、University of Salford
ホームページのURL
http://office.guscoord.com/

自己紹介

沖縄進出コンサルタント・社会保険労務士の渡慶次 佳朗 (Tokeshi, Yoshiro) のブログに起こしいただき、ありがとうございます。

沖縄で、「グスクード社会保険労務士事務所」とコンサルティング会社「株式会社グスクード」を展開しています。どちらも英語対応が可能です。

活動の理念は、「沖縄の人材」と「県外・海外の企業」の縁を取り持ち、育むこと。

世界のマーケットを見てきた沖縄出身のコンサルタントだからこそ担うことができるこの役割を果たし、ビジネスの最前線としての新しい沖縄の未来を切り拓くため活動しています。


下記、私の経歴です。

沖縄県生まれ。那覇高校卒業後、明治大学政治経済学部政治学科を卒業。その後イギリスに渡り、オックスフォード・ブルックス大学を経て、サルフォード大学院で文学修士を取得。

日本に帰国後は、オランダの財団の研究員として、「アート・オブ・スターウォーズ展」(2005年/東京国際フォーラム)や「フェルメール展」(2008年/東京都美術館)など、英語を駆使して、多くの国際文化事業のプロデュース、コンテンツ制作・管理を担当した他、海外ライセンスの獲得交渉、共同出版、絵画投資等、様々なベンチャービジネスに携わる。

その後、外資系企業の組織運営のノウハウを学ぶため、イギリス最大手の法律事務所に入所。総務部にてグローバル企業のバックオフィスのアドミニストレーション管理業務、ベンダーマネジメント等に携わる。

「故郷の沖縄の発展に寄与できるビジネスを起こす」という決意のもと、民間主導の沖縄への企業誘致というビジネスモデルを構想。その実現のためには「沖縄の人材」の活用が不可欠であると痛感し、「人」に関する国家資格である社会保険労務士資格に挑戦。合格率7%という難関試験に7カ月で一発合格を果たし、人事・労務関連の専門性を身につける。

2013年、日本青年会議所事務局国際部の勤務を経て、「株式会社グスクード」および「グスクード社会保険労務士事務所」を設立。沖縄進出コンサルタント・社会保険労務士として、沖縄への企業誘致と沖縄人材の活用のための活動を開始する。

株式会社グスクード:http://www.guscoord.com/
グスクード社会保険労務士事務所:http://office.guscoord.com/

スタッフブログ:http://guscoordstaff.ti-da.net/ 

マイプロフィール

定番

趣味
バスケ、ジョギング、旅行、カラオケ、ギター
長所
とにかく前向き、行動派、努力家
短所
細かいことが苦手、おっちょこちょい
ちょっと自慢できること
英語がしゃべれる、社労士試験に7カ月で合格
最近ハマっているものは?
マーケティング・営業、沖縄、人事労務関連、セミナー開催
まず家に帰ってすることはなに?
いただいた名刺を携帯のデータベースに取り込む
平均睡眠時間は?
6時間
口癖は?
なるほど~
ブログの更新頻度は?
週2~3回を目指します
ブログに何書いてる?
沖縄進出コンサルタント・社労士の開業日記と雑感等
座右の銘は?
行動すれば次の現実
○○なタイプです
マイペースでストイック

好き嫌い

好きな食べ物は?
カレーライス
嫌いな食べ物は?
ゴーヤー
好きなスポーツは?
バスケ、サッカー

その他

フリースペース

アメンバー