プロフィール

ニックネーム
Soki Ballet School
ホームページのURL
http://www.sokiballet.jp

自己紹介

<左右木健一プロフィール>

神奈川県横浜市出身
3歳より根本美香、ダニエル・レヴァンス、セルジュ・ステファンスキー、ロイ・トヴァイアス、ピーター・ブロイヤー、デイヴィット・ハワードなどに師事。
85年ユニバーサル・バレエ団に最年少16歳でオーディションに合格、高校卒業後正式に同バレエ団に入団、ジョージ・バランシン「アレグロ・ブリランテ」デヴィット・リシーン「卒業記念舞踏会」ルタナ・ボリス「ケークウォーク」ジャック・カーター「椿姫」等の作品を踊る。
90年、香港バレエ団にソリストとして移籍、ピーター・ダレル「くるみ割り人形」ジャック・カーター「日本音楽による3つのダンス」ジョージ・バランシン「ワルツ・ファンタジー」「スクエアダンス」チュウ・サン・ゴウ「パストラル・スケッチよりパ・ド・トロワ」「アンノウン・テリトリー」などを踊る。
91年よりオーストリア・ザルツブルク州立劇場バレエ団にソリストとして入団、オーストリア・ドイツ・スイス・フランス・イタリア・スペイン等ヨーロッパ各地で踊る。5年間在籍中「ロメオとジュリエット」「オルフェウスとエヴリティケ」「海賊」などの主役を務めるかたわら、オペラ・ミュージカルの舞台にも出演。
96年帰国、97年より新国立劇場バレエ団にソリストとして契約、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「梵鐘の聲」「シンデレラ」「テーマとヴァリエーション」「ラ・シルフィード」「悲歌のシンフォニー」など、バレエ団レパートリーのソリストを踊る。
同年11月、左右木健一・くみバレエスクールを仙台市に開校、指導活動と並行して、小林紀子バレエシアター、井上バレエ団、NBAバレエ団、竹内ひとみバレエ団、ヤングバレエフェスティバル、青山バレエフェスティバルなどの公演に参加。
2006年(社)日本バレエ協会第30回全国合同バレエの夕べにて「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を発表する。
2007年(社)日本バレエ協会全日本バレエコンクールにて、アンシェヌマン男子振付を担当する。
2009年(社)日本バレエ協会バレエフェスティバルに於いて「瀕死の詩人」を発表する。
2010/11年(社)日本バレエ協会九州北支部バレエコンクールのアンシェヌマン女子・男子振付担当、および審査員を務める。
現在では創作、指導活動と並行して、海外の教師を招いたワークショップなどで、ピアニスト及び通訳も担当するなど、幅広く活動をしている。

左右木健一・くみバレエスクール主宰
日本音楽高等学校バレエコース 非常勤講師


<主な受賞歴>
第16回 ブルガリア・ヴァルナ国際バレエコンクール シニアの部 組織委員会賞
第6回 パリ国際ダンスコンクール シニアの部 入賞
第60回 東京新聞主催全国舞踊コンクール 優秀指導者賞
第2回/第6回 ジャパングランプリ 指導者賞
第1回/第4回 青少年のためのバレエコンクール仙台 優秀指導者賞
第1回 横須賀国際バレエコンクール 優秀指導者賞

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

フリースペース

アメンバー