プロフィール

ニックネーム
京都市伏見区、妊婦さんでも安心して受けられる整体Reバランス

自己紹介

はじめまして、安田尚樹(やすだなおき)です。
京都の伏見で20年のキャリアで身につけた「Reバランス」という整体の施術をしています。




街中によくあるマッサージやカイロプラクティック中心の整体とは違いは、Reバランスは脳から整える整体です。

脳はカラダを統括している司令本部です。
常にカラダの状態を把握し、異常があれば修理をするように各所に指示をだします。

ケガをしても、風邪をひいてもきっちり治るのはこの為なんですね。
カラダの歪みや、関節のずれなんかも自分で直しちゃうんです。

こんな精巧に仕事をこなすイメージのある脳ですが、
意外とおっちょこちょいというか、うっかり屋さんな面があります。

脳には慣れる性質があるのはご存知でしょうか。
臭いや音など、刺激を受け続けていると慣れてきますよね。

カラダの歪みも、普段はきっちり直すんですが、歪みのある姿勢になれちゃうこともあるんですね。

歪んだ状態を真っすぐと認識してしまう。
そんなカラダでは、負担が増えてしまいます。


そこで脳にカラダの歪みを自覚させ、バランスを整える方法を確立させたのがReバランスです。

施術はなるべく小さな刺激で行います。
強い刺激ではカラダの反応がぼやけてしまいます。
痛みを伴う刺激は強すぎるのです。


痛みもなく、ソフトな刺激なのでお子様から、お年寄り、はたまた妊婦さんでも安心して受けられます。

「治療ポイントは体が教えてくれる」


私が鍼灸の専門学校に入学して治療の世界に入ったのが、ちょうど20年前です。

当時の勤め先は毎日100名以上の患者さんが来る繁盛治療院です。僕が担当するだけでも20~30人、多い特には40人近くも担当します。(最高は60人です。)

しかもその先生は医者です。鍼治療を行う医者なのです。
そんな変わり者の先生の語る治療観は、新鮮そのもの。まだなりたての新米鍼灸師のぼくのベースになる考え方をたくさんいただきました。

「痛みは必要で起きている」
「治療ポイントは体が教えてくれる」


今でもこの考え方は、とても大切にしています

その後、柔道整復の資格を取りに、26歳から再び学校に通います。職場も新たなにリハビリ室にて勤務。
鍼治療の機会はめっきり減りましたが、整形外科的な治療法、リハビリ法を学びつつ、柔道整復(接骨院の免許)という、鍼灸とはひと味ちがう世界観の中での3年間で、僕の器は広がります。

卒業後は接骨院業界で揉まれます。新規開業の接骨院を任されて仕事をしていました。

その後いろんな勉強会にも出席し、よい師、親切な先輩方に恵まれて、貴重なご指導をたくさんいただきながら、「Reバランス」が形になったのが2003年です。

オリジナルの治療法は、11年経った今でも進化を続けています。

今では、各地で講座やセミナーもさせていただいております。
以前はおのころ心平先生の自然治癒慮力学校でも講師をさせていただいてました。