プロフィール

ニックネーム
おすばん
性別
粋な男5人組
誕生日
2006年6月末頃
血液型
大型
出身地
日吉
出没地
横浜、日吉、渋谷、新宿、至るところに出没
出身校
私立アカペラ大学アカペラ学部アカペラ学科
ホームページのURL
http://dasmachtnichts.sonnabakana.com/

自己紹介

ワクワクアカペラ野郎バンド「おすばん」と申します!よろしくお願いします!2008年ハモネプアーティスト写真

マイプロフィール

定番

趣味
アカペラ
長所
いつでもどこでも歌える
短所
人の話を聞かない
ちょっと自慢できること
声量がハンパない
最近ハマっているものは?
アカペラ
まず家に帰ってすることはなに?
手洗い、うがい
平均睡眠時間は?
10時間
口癖は?
歌おう!
ブログの更新頻度は?
そこそこ
ブログに何書いてる?
夢、希望、情熱
何フェチ?
座右の銘は?
いつでもどこでもお構いなしにハモる!
集めてるものは?
夢のカケラ
Sですか?Mですか?
S : M=5 : 5
○○なタイプです
結構目立ちたがりなタイプです!!

好き嫌い

好きな食べ物は?
のど飴
嫌いな食べ物は?
刺激的過ぎる食べ物全般
好きなスポーツは?
200m走
好きな男性タレントは?
さかなくん
好きな女性タレントは?
橋田壽賀子
好きなアーティストは?
ゴスペラーズ,Naturally7,TAKE6
好きなマンガは?
はだしのゲン
好きな雑誌は?
週刊プレイボーイ
好きな本
漫画世界の歴史
好きな映画は?
歌魂
好きなテレビ番組は?
N響アワー
好きな曲は?
おら東京さ行くだ
好きなゲームは?
星のカービィー
好きなブランドは?
アシックス
好きな車は?
GT
好きな場所は?
銀玉
好きな動物は?
うぐいす
好きな休日の過ごし方は?
歌い散らかす
好きな色は?
好きな言葉は?
ハモる
好きなタイプは?
オンリーワンな人
嫌いなタイプは?
八方美人

その他

一つだけ願いが叶うとしたら?
世界中の全ての人に自分たちの歌を届けたい
何をしている時が幸せ?
アカペラ
どうしてもこれだけは譲れないものは?
アカペラ
デートでいきたいところは?
モデルルーム見学
宝くじがあたったら?
豪遊する
尊敬する人は?
何かに一生懸命取り組んでいる人
前世はなんだと思う?
歌人(うたんちゅ)
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
カーネギーホールでアカペラ
好きなブログは?
おすばんぶろぐ
自分を動物に例えると?
動物占いでは確かペガサス
自分へのご褒美は?
アカペラ
幸せを感じる瞬間
お客さんから歓声があがったとき
最近一番感動したことは?
プロが「楽しすぎて涙が出た!」と本気で言ってくれたこと
子供の頃なりたかった職業は?
日本を動かす職業
ここだけの話
コアリズム体操始めました
携帯の機種は?
au
お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
コーンクリームコロッケ
生まれ変わったら?
アカペラ人
今までで一番高い買い物は?
アンプ
今の着うたはなんですか?
最初から入ってたなんかにぎやかな曲
今からでも挑戦したいことは?
自分の限界に本気で取り組む
今一番欲しいものは?
お客さんの笑顔
今、旅行でいきたいところは?
NY
あなたにとっての必需品はなに?
アカペラ
1ヶ月毎日食べるとしたら何?
のど飴
○○依存症です
アカペラ
特技
どこでも歌える
人の話をきかない
自分の話を聴いてもらえないと怒る
ミュージシャン
ゴスペラーズ、Naturally7、Take6、など
マンガ・映画
歌魂
ブランド
アシックス
野球チーム
巨人
芸人
オードリー

おすばんの歴史

【おすばん史】

2006.6 ・慶應義塾大学日吉キャンパスアカペラサークルWALKMENにて中間秀一、岩元寿人、立元洋平の三人が、入部仕立てで所属バンドがない人のために、その中からノリと勢いで三名を誘い「おすばん」を結成。【おすばん第一期】


2006.7 ・記念すべきおすばん第一回目の練習。なんとメンバーの一人が練習参加前に脱退。五人で練習するもあまりの出来の悪さに解散を考え始める。

・新メンバー一人が加わり、二回目の練習。「上を向いて歩こう!」の精神で臨むも、一回目から全く進歩が見られず、このバンドの未来に電池が切れ掛けた旧式の懐中電灯ほどの光すら見えなかったことから解散の決意がより強固なものとなる。


2006.9 ・夏休みの段階でメンバー二人が脱退し、この時点でメンバーが4人となる。綺麗サッパリ解散という形が頭をよぎるも、おすばん再起の可能性にかけ新メンバー投入を考える。記念すべき第一回目のWALKMEN合宿の際に嶋津隆大、綿谷淳に声を掛け、参加を促すも綿谷は他のバンドとの兼ね合いもあり泣く泣く辞退。嶋津は快く参加し五人で再始動する。【おすばん第二期】

・合宿後おすばん第二期の最初の練習で、合宿の課題曲候補で歌われなかった楽譜の「終わらない世界」に挑戦する。超がつくほどの難曲であるにも関らず意外に上手く行き、わずかに希望という名の(豆電球ほどの)光が見え始める。


2006.10 ・ 駒場のお祭りに参加し、初めて人前でアカペラ(曲目はYMCAとStand By Me)を披露する。岩元がマイクの頭をがっしり摑んでいたので演奏中にジェスチャーで伝えたところ、彼は大きく頷き何を勘違いしたのかマイクの頭を100%手で覆い、この瞬間ハーモニーからサードが完全に消える。

・矢上祭に出演(曲目は終わらない世界)。わずかながら手応えを得る。


2006.11 ・WALKMEN初の三田祭ミニステージのトリを務める。訳もわからずノリで乗り切る。


2006.12 ・慶應SFCキャンパスのアカペラサークルKOEとの合同冬コンサートに出演。
トップバッターを務め観客の度肝を抜く。


2007.3 ・初箱ライブ@多作を敢行!四曲を披露するも大学アカペラという海の広さと同時に大幅な成長の必要性を実感する。


2007.4 ・新歓ライブに出演。二曲を披露し、暇そうに学事前ステージ付近をぶらついていた新入生の足をアロンアルファばりにとめる。数週間後にメンバーとなる青木一生もこのとき、足をとめた一人であった。

・メンバー一人が脱退。新メンバーとして当時入学したてのホヤホヤでありながら異様なノリのよさを見せた青木一生が加入。五人で再始動する。【おすばん第三期】


2007.5 ・新メンバーとして綿谷が加入。ここでようやく現在の「おすばん」の形をとる。メンバーが中間、岩元、綿谷、嶋津、立元、青木の六人となる。根拠はないが、このメンバーならいけるという過信という名の(神宮球場のナイター設備ばりの)大きな光が差し始める。【おすばん第四期】

・おすばんメンバーの内、中間、綿谷、嶋津の三人でNaturally7のライブに行き、ライブ開始直後、嶋津がNaturally7のリーダーから握手を求められ、がっちり摑む。その後中間と綿谷も負けじと対抗し、歌ったところメンバーのRodから「 Sounds good!(訳:お前らやるねぇ!)」と褒められる。中間の頭上にFeel itがかまされ、綿谷の頭がレコード代わりに回される。あまりの上手さに笑うしかなかったが、綿谷は一人メラメラと対抗心を燃やす。ここでも大幅な成長の必要性を感じる。


2007.7 ・横浜みなとみらいでストリートライブ。カップルの集まる波止場でおすばん初オリジナル編曲(By青木母)のGTとDon’t Stop Me Nowを熱唱。十組以上いた
カップルが蜘蛛の子を散らすように消える。
その後山村一家を招きシークレットライブ開催。
更にその後横浜クィーンズスクエアテラス&閉店間際の店舗内で歌う。

・第四回ハモネプ予選で出来たてホヤホヤのGTとDon’t Stop Me Nowを披露しINSPiから好評を得るも落選。打ち上げの際、新宿の居酒屋(約三回以上注意を受ける)&駅前で熱唱。(見知らぬ肩車をした外国人親子からこの日一番の拍手喝采を受ける)


2007.8 ・ 第二回WALKMEN合宿(*岩元不在)にて一糸まとわぬ姿@大浴場でHappy Birthday & Feel Itを熱唱。「体一つあればそこがステージになる」というアカペラの素晴らしさを再認識する。リーダーの中間が三日間で睡眠時間が三時間というナポレオンもびっくりのタイムを叩き出し、声の出し方が分からなくなる。立元も風邪でダウン。「三日間徹夜でアカペラ!」を提唱していた青木は口ほどにもなく、三日間で20時間以上の睡眠時間をしっかり確保する。ちなみに中間、嶋津、青木の部屋がなんかニオウと評判になり、一時まるで観光名所と化す。(部屋の見学者約10名)


2007.9 ・ 第一回箱ライブ@多作を見て頂いた方から、お声がかかり、おすばんとしては二回目の箱ライブ@江古田K-Ⅲを敢行する。共演者VoixDouceの演奏に衝撃を受け、電車内で彼らの持ち曲Help Meをコピーする。ちなみに、ここで箱ライブにおいておすばんの有料ライブとしては史上最高の40人以上の観客を動員。チケットの売り上げでおいしい焼肉を食べ、いつも通り店内で熱唱(約三回以上注意を受ける)隣席のカップルにサラリーマンと間違われる。この後青木と岩元が泥酔した勢いで理由もなく大喧嘩。(しかし二日後の練習で一回ハモって即仲直りを果たす)


2007.10 ・ヒヨシエイジに出演。バラードに最適な来往舎マジックに敢えて「真っ赤な太陽」というチョイスで挑み、観客を大いに沸かせる。お弁当がおいしいと評判に。

・矢上祭に出演。LOVE PHANTOMを始めとする三曲を披露。矢上祭で一番の集客を達成する。数少ない女性ファンからの黄色い歓声に酔いしれる。ステージ上で岩元はいつも通り隣の立元から2メートル以上離れて熱唱。(演奏終了後注意を受ける)この日は綿谷の体調と機嫌が悪く、ステージ上での棒立ちを注意したところ目ん玉をひんむき反論。


2007.11 ・綿谷の友達の女性主催のライブに誘われ、おすばんの箱ライブ三回目@Studio Cube 326を敢行する。観客との距離が最初は4メートルほど離れていたが、ラストに真っ赤な太陽を熱唱し、最終的には観客との距離が30センチまで縮む。

・三田祭@綿谷の友達のサークルのステージにて出来立てホヤホヤのクリスマスイブを披露。色々あって演奏中に一瞬ステージから音が消える。その後フラストレーションがたまった中間、綿谷、青木は渋谷のBIG ECHOで三時間熱唱。

・三田祭@ミニステージの盛り上げどころで出演し、五曲を披露。前々日のクリスマスイブ事件を払拭し史上最高の累計2000人以上の観客の心を鷲摑みにする。


2007.12 ・KOEとの第二回合同冬コンサートにてコブクロの風をしっとりと歌い雰囲気を作るも直後に真夏を代表する#(ナンバー)のGTをかまし、KOEのメンバーと観客を唖然とさせる。

・矢上クリスマスコンサートにて数多くの素晴らしい出演者の方々の中、堂々とトリを飾る。矢上クリコン実行員の方々や外国人の方から大好評を得る。またも日吉銀球前で熱唱。ちなみにクリコンの方からは来年も是非出演して欲しいとのラブコールを頂く。 

・第一回サークル単独ライブにて終わらない世界を熱唱し、一時休止を宣言する。
 メンバーがホロッと来ている中、綿谷が冷静沈着だったのが印象深い。(笑)

・おすばん活動休止。(翌年5月いっぱいまで)


2008.4 ・おすばんメンバー+山村真冬(WALKMEN第二期副代表)でTake6のコンサートに行く。ライブ開始直後、中間がいきなりTake6の新メンバーにからまれる。(二回も握手を求められる)奇跡的にも、その後何度もTake6側から握手を求めてくれる。その後、Take6を30cmの距離で見ていたメンバー全員Take6と抱きしめ合い、交流を深めると同時にグラミー賞を何回も受賞したアカペラシンガーの凄さを身を以って体感。更なる大幅な成長の必要性を感じる。名実共に世界一のハーモニーの持つあまりの迫力に、またもや笑うしかなかった。

・活動を再開してないにも関らず、急遽留学生会館@駒場のWelcomeパーティにゲスト出演。拍手喝采の嵐の中、留学生から花束を贈呈され、同時に全員のサインを求められる。ちなみに岩元はライブ終了後用事があり、すぐ帰ったため、初サインのチャンスを逃す・・・

・スターティングバンド発表会打ち上げ後のかえりに渋谷駅で猿の着ぐるみを来た酔っ払いと急遽Silent Nightをセッション。その後、ヤツは歓喜のあまり雄たけびをあげ、渋谷の雑踏に消えて行った。


2008.6 ・おすばん活動再開!!


2008.7 ・ 第六回ハモネプ関東予選において、今回は予選においてプロのアカペラグループのINSPiからきちんとした評価を得ることだけを最大の目的に出場!選曲は前回と全く同じでしかもマイナーな2曲をちょっとだけバージョンアップして披露!INSPiのメンバーから具体的に曲に対する批評(高評価)をしてもらうに留まらず、本気で涙を浮かべ(流し)ながら「ものすごく楽しめた!ホント楽しすぎて涙が出た」と言ってもらい、自分たちでも予想以上の絶賛をプロからいただき、自分たちのスタイルやパフォーマンスに自信を持つ!

・代々木公園にて機材を使い初マイク練習を行うが、いつの間にか人が人を呼びなぜか60人ほどの観客が集まる。これは皆さんの熱い声に全力でお応えする必要があると感じた六人は、予定になかったストリートライブを急遽開く!!偶然にも観客の中に、この日誕生日だった方が二人もおり、リクエストにお応えし、即興でHappy Birthday To Youを披露!この曲を含め、予想以上の反響を受け、メンバー一同(良い意味で?)完全に調子に乗る。


2008.8 ・第三回WALKMEN合宿にて即興ライブを披露!綿谷がクリイブにて歌詞をド忘れし、マジへこみをかます!ただライブ自体は好評だったもよう!その日の打ち上げでは泥酔した綿谷が岩元にマシンガン悪口をかまし床に倒れこむ。そこをすかさず中間、岩元、嶋津の三人で袋叩きにする!!
それを受けて綿谷が「えふっ!」という奇声を発し、眠りにつく。


2008.8 ・おすばんメンバーの内、中間、嶋津、立元は関東で開かれたアカペラワークショップにて幸運にもアカペラ界のスーパースター達と会うことが出来、思わずおすばんチラシを渡す!さらにスーパースターの方々から熱い激励を戴き、「あぁアカペラやって来て良かったなぁ」と心から思う!

・奇跡のワークショップから一夜明け、早朝からお台場に行き、スーパースターな五人のライブの整理券をゲットし、夕方あたりに生ライブを見て、例に漏れずあまりのうまさに爆笑する・・・

2008.9 ・九月下旬の練習中にふと、おすばん単独ライブをしようと思いつく

2008.10.12 ・おすばん合宿@県立三浦ふれあいの村を敢行する!青木の「ハッピーバースデーお尻すりすり事件」や「ひさしぶりに踏みました、犬のうんこ事件」・・
そして中間の「ラーメン屋のおばちゃん事件」などの数々の珍事件が続発する!へとへとになりながらも「おすばんとしての今後」という大事なテーマを帰りの電車の中で話すも、綿谷は爆睡・・・

2008.10.26 ・「おすばんらいぶ08」というWALKMENのバンドとしても、おすばんとしても史上初のワンマンライブを池尻大橋のROCK ROOMで行う!急な呼びかけだったにも関らず、60人ものお客さんに来ていただけた!ライブ後は売上金、もとい皆様からのアツいご支援を元手に焼肉とお酒をお腹がはち切れそうになるまで食べる!!翌日はワンマンを終えた達成感を噛み締めると同時に、より一層の精進の必要性を心から感じた!!

2008.11 ・ワンマンライブを終えて、実は今まであんまり考えなかった「おすばんって何だろう?」という根源的なテーマの下にメンバーそれぞれが色々考え始める・・・

2008.11 ・12/25にテレビに生出演させていただくことになり、その強運ぶりにメンバー自身驚く!!

・三田祭に出演!!ミニステージには例年通り出演する!また新たな試みとして今年からアカペラカフェという教室企画に参加し、歌うも、何故かおすばんが歌い始めると超満員状態が続き、メンバー一同でこのバンドにダイソンもビックリの異常な吸引力を感じる!!

2008.12 ・おすばんについてそれぞれが色々考えた結果、「まぁ考えてもしょうがないんでこのメンバーで最強に楽しみながら力の限り歌っていこうぜ!!」って結論を下す!!国連もビックリの全員満場一致で賛成となり、またメンバーにエンジンがかかり始める!!!

2008.12 ・中間の友人であり、アーティストとしては大先輩の宮川愛さんとの縁でiTSCOMの生放送情報番組「いっつ365」のクリスマスライブにゲスト出演させていただく!クリスマスにも関わらず、美空ひばりさんの「真っ赤な太陽」という真夏の定番ナンバーを熱唱し、クリスマスの荘厳な雰囲気を跡形もなく吹き飛ばす!!

2008.12 ・所属サークルWALKMENの冬ライブに参加し、おすばんの定番曲であり、もう慣れたモン元voix douce、現Hi-handed fellowsの「Help me」をいつも通り熱唱・・・のはずが、有り得ないタイミングでleadの綿谷自身が歌詞を度忘れし
、まさにHelp me状態に陥りステージ上はパニックになりかける!?しかし、そこはさすがのおすばん・・・「伊達にこのメンバーで二年ほど歌ってきちゃいません!」のチームワークで乗り切り、なんとか誤魔化す!!!ちなみに、この後綿谷がどうしても皆にお詫びの気持ちを示したいというので「仕方なく」、あくまで「仕方なく」メンバー一人当たり10皿の回転寿司をごちそうになる!!これにておすばん2008は無事締めくくりを迎えた!

2009.1 ・「第七回全国ハモネプリーグ」開催の一報を聞きつける

2009.2 ・メンバーそれぞれに鬼のように忙しい合間を縫って計六回の練習を行いハモネプ出場を目指す!!

2009.3 ・ハモネプ出場が決定!!三度目の正直ということもあり、このときばかりは男泣きするメンバーもいた・・・

2009.4 ・ハモネプ出場&全国放送!!全国に「おすばん」という名前がGOLD FINGER99に乗って駆け巡る!!!

2009.7 ・おすばん活動再開!!!!

2009.7 ・活動再開直後にもかかわらずハモネプに正規の練習はわずか一回で臨むも落選!いい機会だからハモネプを卒業し、最近全くやっていなかったおすばんオリジナルライブに力を注ぐ!!!!

2009.8 ・ 以前からおすばんの熱烈なファンであり、おすばん入りを希望していた、博多出身のオシャレマン三本松洋行を迎え7人体制で再始動する!!


2009.8 ・ 新宿駅で「Are You Ready? 1 2 3 4 Yeah~~~~~~~!」の掛け声を合図にストリートライブを行う!!!ストリートとはいえ、ライブとしては約8ヶ月ぶりのメチャメチャ久々のライブであったが、大勢のあたたかいお客さんに見守られ、生でお客さんとコミュニケーションをとれることの面白さと同時に更なる成長の必要性を感じる!!!

・・・・・・・・・・・・・・to be continued・・・・・・・・・・・・・・・



アメンバー