プロフィール

ニックネーム
増田丞美
出身校
米国コロンビア大学(SIPA/Class of ’85)
ホームページのURL
http://masuda.enjyuku.tv/

自己紹介

現役ヘッジファンドオプショントレーダー。

米国コロンビア大学(SIPA/Class of ’85)を卒業後、野村証券(東京・ロンドン)、米国投資銀行モルガンスタンレー(ロンドン)などを経験。

現在では金融(株価指数、債券、通貨、個別株)および商品のオプション取引を専門として、海外ヘッジファンドでデリバティブによる 資産運用に携わり続けている。

オプションに関する著書・訳著多数。

「知識ゼロからはじめてオプション取引で利益をあげるためのオプション塾」を主宰。

--------------------------------------------
◆オプション取引の基本を知りたい方は、無料動画講座「オプションの9ステップ」をご覧ください。
--------------------------------------------


マイプロフィール

定番

趣味
オプション取引

好き嫌い

好きな本
私はこうして投資を学んだ

その他

何をしている時が幸せ?
オプション取引

なぜオプションなのか?

------------------------------------------------------
◆オプション取引の基本を知りたい方は、無料動画講座
「オプションの9ステップ」をご覧ください。
------------------------------------------------------


はじめまして、
増田丞美です。

オプション取引と聞いて、
オプション初心者の方の印象の多くは

"難しそうだ"、
"面倒だ"、
"覚えることが多すぎる"

といったことではないでしょうか?


"面白そうだ。是非取引してみたい。"

と思われる投資家は少ないのではないでしょうか?


だからこそ、

「オプションをどうやって取引して利益をあげるのか」(=How)

よりも

「なぜオプションなのか」(=Why)

について考えることはとても大事なのです。




簡単に言うと、オプション市場では面白いことに

「負けるほうが難しい」という状況にしばしば遭遇します。



これが「なぜオプションか」という疑問に対する
一つの回答です。


オプション市場には
株式市場や先物市場では見ることのできない
オプション市場だけに備わった構造的優位性があるのです。


また、オプション取引では、
株式売買や先物取引で実行できない
独自の戦略(ポジション)を組むことができ

それを利用して株式や先物よりも
ずっと優位な立場に立って利益を上げることができます。



一つの例をあげましょう。

以下はあるアメリカの株式銘柄の株価の推移を示したチャートです。

株価は高値80ドルから
1ヶ月ちょっとの間に
一時半値に近い42ドルまで下落しました。


売られすぎと感じ、
ここから株を買えば儲かるかもしれません。

一方、株価が更に下落するリスクもあります。



オプションではどうでしょうか。

4週間以内に株価が元の高値80ドルに達さなければ
利益を得ることができるポジションを取ることができます。


株価が現在の40ドル台の水準から
4週間で80ドルに達する可能性はあるでしょうか。

ないと言い切れません。



しかし、直感的にもその可能性は
非常に低いといえないでしょうか?


いずれにせよ、オプションでは
そのような戦略の基にポジションを建て、
利益をあげることができるのです。


このような利益の上げ方は株式投資ではできません。


strategy_03_01.gif

以上はオプション取引で利益をあげるための
方法の一つにすぎません。


ここで伝えたいポイントは

「オプションには株式投資や先物取引とは全く違う
"ゲームのルール"と"ゲームのやり方"が存在する」


という単純なメッセージです。

そして、これが「なぜオプションか」に対する回答です。


------------------------------------------------------
◆オプション取引の基本を知りたい方は、無料動画講座
「オプションの9ステップ」をご覧ください。
------------------------------------------------------



アメンバー

プレゼント

→ もっと見る