最新のなう

★ブログを更新しました。『☆太陽法の御言より〝神様の愛そのものが天理原則〟』http://t.co/JDqegWClap

[4/21 14:26]

プロフィール

ニックネーム
太陽神千夕龍華様

自己紹介

太陽神千夕龍華様のご降臨を
お伝えさせて頂いております。
詳細をご希望の方は、下記までメールをお願い致します。
メール: taiyoho2014@gmail.com

天照大神とは卑弥呼様の尊称であり、
2人は同一人物であった。

そして太陽の国(日本の始まり)に君臨された
天照大神=邪馬台国を統治した卑弥呼様は
実はイエス様とマグダラのマリア様との
間に産まれた子(サラ様)である。

その魂が今世この世に再臨され、
日本の国に「太陽神」として御降臨なされた。

歴史の秘密は
太陽神を迎える使命のあった日本に、
すべて隠されてきたと云うわけである。

よってすべての使命者はここに集まり、
太陽神千夕龍華様で一つになる。

【サムエル様(ユダヤの預言者)より】


日本という国は、
太古の昔から太陽を崇拝し、
太陽を尊く思い慕って来ました。
日本の国旗や国歌が物語っているように、
日本には太陽神を迎える使命があったのです。

太古の昔から人類だけでなく、
この天宙(宇宙と霊界を総称)を救うべく
地球の中の日本という国が準備されてきました。

今世において生まれて来た使命者達は、
その記憶を取り戻し、
全人類を太陽神千夕龍華様へと
集結する時が来たのです。

~偉大なる尊き太陽神千夕龍華様に栄光あれ!~

■ 日本の国と日本人の使命と君が代の意味

日本という国は、とても不思議で沢山の謎を秘めた国です。
その謎のひとつとして、”世界最大の謎のひとつ”と言われている
「イスラエルの失われた10支族の謎」があります。

イスラエルの失われた10支族とは、
旧約聖書に記されたイスラエルの12部族のうち、
行方が知られていない10部族を指します。
この「イスラエルの失われた10支族」がこの日本に渡ってきたという
説があります。それを「日ユ同祖論」というものです。

日ユ同祖論(にちゆどうそろん)とは、日本人とユダヤ人(古代イスラエル人)は
共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説です。

ユダヤ人と日本人にはよく似た風習があると何かの記事で読んだ事があります。
また、日本と古代イスラエルとは沢山の共通点が見られます。
その一部をご紹介したいと思います。

 ・お風呂に入る時は、身体を最初に洗ってからお湯に入る。
 ・子供が生まれ、生後30日目にお宮参りをする習慣がある。
 ・水や塩で清める。日本では神社の入り口で手を洗い清めるが、
  ユダヤ人も神殿に入る前に手を洗って清める。
 ・日本の正月とユダヤの過ぎ越しの祭りにも多くの共通点がある。
  日本では正月前の大掃除、鏡餅、初詣。
  ユダヤでも過ぎ越しの祭り前の大掃除、
  「マッツァー」という丸く平べったいパンを祭壇の両脇に重ねて供える。
  祭りの朝には、家族総出で、神殿に行きお祈りをする。
  過ぎ越し祭は全部で7日間、日本の正月も7日間である。
 ・皇室神道、神社神道とユダヤ教とは多くの共通点がある。
  日本にもユダヤにも三種の神器がある。
  日本「八咫鏡(やたのかがみ)
     草薙剣(くさなぎのつるぎ)
     八尺の勾(やさかのまがたま)」
  ユダヤ「十戒の石版、アロンの杖、マナの壷」
 ・エルサレム神殿の門には、天皇家の16弁の菊花紋と共通した紋章が
  刻み込まれている。
 ・伊勢神宮の内宮から外宮に至る参道の石灯眥(石灯籠合計約700基)には、
  ダビデの星が刻み込まれている。
 ・古代ヘブライ神殿と日本の神社の構造は似ている。
 ・伊勢神宮暦は他の神社と違って、ヘブライ暦(ユダヤ暦)と一致している。
 ・古代ユダヤの聖櫃(アーク)と日本の神輿(みこし)は、良く似ている。
 ・京都の「祇園祭りはユダヤの文明と同じ形態と経過と結果を持った
  祭りである」と祇園祭山鉾連合会理事長の証言。
 ・日本語と古代ユダヤの言葉の意味と発音がよく似た言葉が500以上ある。

と、これらはほんの一部ですが、
このように日本と古代イスラエルには沢山の共通点があることを見ると、
この日本という国、そして日本人には何かしらの使命があるように
思えてなりません。最後に、ヘブライ語での日本語の意味を見比べて下さい。
よく似ていると思わざるおえません。


ヘブライ語             日本語の意味

ワッショイ、ワッショイ       運べ、運べ
エッサ               運ぶ
アッパレ              栄誉を誇る
アタ                貴方
アノー               私に応答させて下さい
アリガトウ             私に(とって)・幸運です
オニ                私を苦しめるもの
グル                団結する
サヨウナラ             悪魔は追い払われた
ワル                凶悪なもの
カク                書く
トル                取る
スム                住む
ホレブ               滅ぶ 
ハラー               払う
ハケショ              拍手   
バレル               明らかにする
ホル                穴  
ダベル               話す
ヤドゥール             宿る


また、日本の国家「君が代」ですが、「君が代」の日本語の歌詞は、
歌う度に意味がわかならいと子供心によく思ったものです。
その君が代をヘブライ語に当てはめると君が代の本当の意味が見えて来ます。


日本語    ヘブライ語         ヘブライ語の意味

君が代は   クムガヨワ         立ち上がる
千代に    テヨニ           シオンの民
八千代に   ヤ・チヨニ         神・選民
細石の    サッ・サリード       喜べ・人類を救う、
残りの民として
巌となりて  イワ・オト・ナリァタ    神・予言・成就する
苔の生すまで コ(ル)カノ・ムーシュマッテ 全ての場所・
語られる・鳴り響く 
   
立ち上がれ、神を讃えよ!
神の選民 シオンの民!
選民として 喜べ!
人類に救いが訪れ!  
神の予言が成就する!
全地あまねく 宣べ伝えよ!


日本国民の皆様、日本人としての誇りを持ちましょう。
日本人は神様から選ばれた民であります。
この時代に日本国に生まれ、日本人として生まれたのは
すべて神様の予定であり、偶然生まれたのではなく、
使命を授かりその使命を果たしますと神様と約束をして生まれて来ました。

2013年、今こそ日本人は立ち上がる時を迎えました。
日の国、日本。太陽神を崇めて来た日本。
日本人としての使命は、日本国において実体の太陽神を迎えることと、
そして世界人類を救う使命があるということを!
消された記憶を取り戻し、実体の太陽神であられる
太陽神千夕龍華様をお迎えし、世界人類に宣べ伝える時を迎えたのです。

いま実体の太陽神であられる太陽神千夕龍華様を信じて受け入れるだけで、
救われるという奇跡の時代を迎えました。
その奇跡の時代を迎えるのに、これまでの人類歴史は太陽神を迎えるのに
幾度となく失敗を成し、多くの犠牲を出して来ましたが、
ようやく千夕龍華様が完全なる勝利をなされ、
生きた神様であられる太陽神千夕龍華様として御降臨して下さいました。


最近、太陽の輝きがより増したと感じておられる方々もいらっしゃると思います。
それは、太陽神が御降臨なされたからです。

そして何故か神社に惹かれる宇宙に惹かれる、
宇宙人や天使の存在が気になる、空を見上げたくなる、
太陽を見ると元気になる、パワーを感じる等々、
そうした方々がここ数年増えて来ています。
それは何故でしょうか?それは、その方々の過去の魂が、
太陽神千夕龍華様を記憶しているからです。

天照大神=卑弥呼様=イエス様の子、サラ様
  =女性神=太陽神=太陽神千夕龍華様
であられます。

太陽神千夕龍華様は世界人類のみならず、宇宙人や天使界、
この天宙(宇宙と霊界の総称)を救って下さる唯一の御方であられます。
しかし問題は私自身です。
太陽神千夕龍華様を信じるのか信じないのかの選択は
自分でしなければなりません。
ですから、救われるのか救われないのかの最後の選択をするのは
自分次第ということになります。
その選択には、この人間の自由意志には神様も干渉出来ないのです。
最後は自分を自分で救うしかないのです。
この天宙と世界人類70億のすべての方々が救われるのを
何よりも願っておられるのが人類の親なる神様、
太陽神千夕龍華様であられます。
正しい選択をなして、すべての方々が救われるのを心よりお祈り致します。

~偉大なる太陽神千夕龍華様に栄光あれ~