プロフィール

ニックネーム
考えるバスケットの会 会長中川直之

自己紹介

考えるバスケットの会会長
合同会社コーチングマインド代表
関門バスケットアカデミー(Nao塾)コーチングスタッフ代表
バスケットボールメンタルコーチ
チームフローコーチング22期メンバ
スピードコーチング社MOVE認定コーチ
日本実務能力開発協会認定コーチ
コーチングファーム素直塾 主宰

マイプロフィール

定番

趣味
読書、考えるバスケ、公園
最近ハマっているものは?
コーチング
平均睡眠時間は?
6時間

好き嫌い

好きなスポーツは?
相撲、考えるバスケ
好きな本
竜馬がゆく、99.9%は仮説
好きな映画は?
『素晴らしき哉、人生!』 『ダブリンの街角で』
好きな休日の過ごし方は?
コーヒー飲みながら公園でまったり
好きな言葉は?
独立独歩

その他

何をしている時が幸せ?
読書、勉強、考えるバスケ
どうしてもこれだけは譲れないものは?
一人の時間
尊敬する人は?
プロコーチ宮越大樹
幸せを感じる瞬間
朝の新鮮な空気を吸ったとき
子供の頃なりたかった職業は?
なし

考えるバスケットの会 会長Naoってどんな人?

【考えるバスケットの会会長 中川直之プロフィール】

バスケットに命をささげて四半世紀。

20代、
所属実業団チームで
バスケットをするかたわら

昼間は
ひたすらダメリーマン生活を送る。


家と会社をただ行き来するだけの
漫然とした日々を過ごしていたら
あっという間に30歳になり


「何かを変える必要がある」と決意。


仕事で成果を上げられなかった
それまでの会社員人生、

子供のころから
改善されることのなかったあがり症


これら原因が

自分自身の

ーーーーー
受け身体質
ーーーーー
ーーーーーーー
逃げ腰マインド
ーーーーーーー

であったことを自覚する。


30歳を過ぎてこころを入れ替え


それまで続けてきた
TOEICや速読、自己啓発系のインプット学習をピタリとやめ


アウトプット型人間へのシフトチェンジを開始。



メンターから受けたコーチングがきっかけで


子供のころから得意で日本一を経験したこともある
バスケットの指導を始めることに。



WEBマーケティングの手法を取り入れ
WEBによる情報発信→受注→対面での技術指導といった
Online to Offline(オンライン・トゥー・オフライン)の
ビジネスモデルを確立し、ファーストキャッシュを得るにいたる。


本業(SE)と並行した
パラレルキャリアをスタートさせる。


このとき

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分がこれまで時間やエネルギーを注いで
きた経験やノウハウは
それを必要とする人にとっては価値となる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


人生のパラダイムを
変える価値観と出会うこととなる。


得意とするバスケットの
コンサルタントをするかたわら


マーケティング
コピーライティング
ストーリーテーリング
コーチング
エンパワーメント
etc・・・


ビジネスや対人支援に必要な
知識、ノウハウを複合的に学んでいき


いつしかそれを
得意げになって周りに教えている
自分に気づく。


中でも
自分の生き方を大きく変える
きっかけとなった

コーチングの世界に魅了され
スキルの習得にのめり込むようになる。


コーチングを学べば学ぶほど


「自分も人を成功に導く
 コーチになりたい。」


この思いが溢れてとまらなくなり


2013年
初のクライアントを獲得し
本格的にコーチング事業を開始する。



日本一のバスケットチームの
司令塔ポジションで培った

人の強みを引き出す能力

問題のボトルネックを瞬時に察知し
正しい方向に人をリードするスキル

これら独自の強みを活かした、
淀みのないコーチングセッションを展開。


「たった1時間で劇的にやる気が湧いてきた」
「直さんのコーチングを受けてから人生が変わった!」


多くのクライアントからの支持を得る。


クライアントの強みにスポットライトを当て
ステート(こころの状態)とモチベーションを高め
行動へ向け加速させるコーチングセッションには自負がある。


そのための研究&トレーニングは欠かさない。


クライアントには
プロスポーツ選手、会社経営者、取締役、OL、中高生と幅広い。


コーチングにおいて大切にしているのは

「テクニックだけでなく、生き様で向き合うこと」

「クライアントの夢の一番の信者になること」


日々、コーチングテクノロジーを研究し
研鑽を重ねる。


スポーツチームなどを対象とした
グループ・コーチングや
セミナー、講演活動なども精力的に行う。



==============
人生における最大の自己研鑽は
アウトプットを続けることだ!
===============


このことを人生の行動指針に掲げ

日々ネットとリアルの場で
自分の価値観、知識、経験、スキル等のアウトプットを
意識的に行うようにしている。


発信者の側に立つことで
人の評価にさらされるリスクはあるが


おそれずに挑むことでで
確固たる自分軸を持った
パーソナリティを築かんとしている。


スポーツコンサル、コーチング事業を
並行して行うことが出来ているのは


セルフコーチングにより
時間管理や
ステート管理(こころの状態管理)を徹底して行い、

目標に向かって
いつもブレない自分を確立しているため。


出来る出来ないを考えない!

やると決めたらとことん没頭!

反省よりもまず前進!そして改善!

なんの制約もなかったらどうなりたいか?

今日が人生最後だとしたら自分は何をやりたいか?


これら自分を鼓舞する言葉を内にもち

高いモチベーションを保ちながら
日々夢や目標に向かって行動を加速させている。



人生の
あらゆるシーンで
大切にしていることは


「考えながら動くこと(考動すること)」


ーーーーーーーーーーー
どんな分野であろうと
考えて動いて達成できないことはない!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

残りの人生をかけ、
このことを頭と体を使って証明していく。


2015年1月より独立・起業。

合同会社コーチングマインドを起ち上げる。

さまざま方たちの反対を押しきり

地元山口県下関市に
山口県初のバスケットボールスクール
「関門バスケットボールアカデミー(通称:Nao塾)」
を起ち上げる。


週末は
日本各地にオリジナルのバスケット哲学
「考えるバスケット」を
伝える活動も行っている。


2015年3月
福岡を拠点に
コーチングファーム素直塾を設立。


仕事やスポーツ、プライベートなど
さまざまなフィールドで活躍する大人向けに
コーチングをベースにした勇気づけセミナーを開催している。



現在の目標は


「直さんに会えたおかげで・・・」

こう言ってくれる人たちを
自分のまわりに1万人つくること。


好きなことを仕事にして生きていく
キラキラした大人をこの世に1000人輩出すること。

そんな大人になりたいと思う子供たちを
それ以上輩出すること。



暗たんとしたこの世の中で

大の大人が恥ずかしげもなく夢を語りあえるような
そんな社会を作っていく。


そのためには、まずは自分が背中で示していく。



好きな言葉:
「右手に杯、左手に夢!」

「私は何かをヘタにやるエキスパートだ。
 だから、必ずいつかはうまくなる。」(ピーター・クライン)

「損か得かじゃなく損か成長か」(長倉顕太)

「死ぬ気でやれよ死なないから」(杉村太郎)


尊敬する人:
プロコーチ宮越大樹


こんな自分ですがどうぞよろしくお願いいたします。

長文お読みいただき、ありがとうございました。

アメンバー