プロフィール

ニックネーム
無風涼の魂が輝く生き方の提案
出身地
大阪府
お住まいの地域
神奈川県
職業
その他
職業詳細
㈱無風堂 代表
出没地
関東・関西

自己紹介

1967年大阪生まれの大阪育ち。
1995年、結婚と同時期に夫と会社を設立。
2年後心身の病に倒れ第一線を退く。

これを機に、心理学を学び、縁あって
小・中学校でスクールカウンセラーや
コーディネーターとして経験を積む。

同時期にアートセラピーに変わるツールを
見つけ、華道壮風会に入会。
自己表現する事で、自分自身を見つめ、
言葉に出来ないモノを解放する機会を
作る大切さを実感。自分では気づかなかった
想像し創造する喜びを引き出され、
カウンセラーだけでなく
創作生け花作家としても活動する事に。

さまざまな経験から、心だけでなく、
心・身・魂の調和の大切さを実感し、
その後退職。
ヨガと一悟術に出会い、
現在は、居を神奈川県に移し、
リーディング・ヒーリング・ヨガ、空間いけ花など
セッションやセミナー、創作活動を通して、
全ての行動に影響を与えている
『ココロの状態』を整え、仕事や人間関係など
ベストは状態で過ごすのを阻んでいる原因解明と
解消のサポートを関東を中心に活動している。

主に「今以上のパフォーマンスが必要だ」
と感じている経営者や独立開業している方や
そろそろ「自分の人生を生きたい」
と感じているアラフォー世代を中心に
個人セッションや、自分の人生を生きる智慧として
『こころ』を扱うWSセミナーなどでサポートしている。

活動地域:主に関東、時々関西、将来は全国

資 格:
華道壮風会 教授
一悟術 認定リーディング初段 認定ヒーリング3級
高橋ヨガ研究所認定インストラクター
日本プロカウンセリング協会認定カウンセラー

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

プロフィール

最近になって初めてお会いする方々からは、よく
「無風さんは、おもろい」
「とってもエネルギッシュ」
などと言って頂くことが、増えてきました。

様々な方々をセッションさせて頂いたり、
生け花の活動をしたり、セミナーや塾を開いたり、
等々の活動をしている私の姿を見て、
「生まれつき、活動的だったのでしょう?」
とおっしゃる方も。

でも、本当はとても苦しい日々があって、
そこから魂の求める方向に沿って進むうちに、
少しずつ今の姿になってきたのです。

これを読まれる方々の何かの参考になれば、と思い、
私自身の「魂の軌跡」を、少しお話させて頂きます。


1.「殺されてしまう!」と感じた日々。

結婚を機に、夫婦で会社を設立。
おかげさまで、事業自体は順調に拡大していきました。

その一方で、経営者として、夫婦ともに責任が重くのしかかり、
また、私自身、嫁、妻として、様々な期待やプレッシャーを
強く感じることが多くなって行きました。

次第次第に追い詰められて行く中、夫にも余裕はなく、
「私が何とかしなければ!」
と思いながらも、そうした思いとは裏腹に、
心身ともについていかなくなって行ったのです。

そして、ついにうつ病を発症。

ひどいときには、自宅の一室で、包丁を置いて、
部屋の鍵を閉めて、
「殺されてしまう!」
と思いながら、閉じこもる、ということすら、あったのでした。

その後、兄に病院へ連れられて、入院することで、
ようやくだいぶ落ち着くことは出来ました。

しかし、退院後、再び心身ともにバランスを崩し、
今度は拒食症になるなど、命の危険すら感じるように。

「このままでは死んでしまう」

という危機感から、自分自身を癒すことを決意。

ようやく、周囲の期待に生きる生き方から、
自分自身の幸せをまず大切にする生き方へ、
一歩踏み出したのでした。


2.まず、自分自身を癒すことから。

そこで最初に、10代の頃から興味を持っていた、
カウンセリングを、初めて勉強しはじめました。

カウンセラーとしての勉強を進めるうち、専門知識を通して、
自分の中で何が起こっているのか?
を見つめることが出来るようになり、
はじめて自分自身を客観視出来るようになっていきました。

また、カウンセリングをしながら、
同時にモノづくりを始めるようになりました。
言葉ではなく、モノづくりを通して、
自分の内面をこれほど表現できること、
そして内面を表現することで大きな癒しが生まれること、
に気づいたのです。

特にその後、
華道 荘風会
に出会ってからは、お花を通した自己表現に目覚め、
一気に才能が開花することになります。
内面を表現していきたい、という欲求は留まることを知らず、
様々な展覧会で作品を発表したり、
類を見ないスピードで教授になるなど、
才能が花開いていくのでした。

そうして、内面を癒す中で、ボロボロになった体も癒す欲求が生まれていき、
ヨガを始めることに。

ヨガを通じて、心身を癒していくうちに、
自分の中で癒したい部分がたくさんあることに、
更に気づいていきました。

一番辛い時期、というのは、癒したくても、その癒したい思いすら、
言葉に出来ない。
そんなもどかしさから、従来のカウンセリング技法にも、
少し限界を感じ始めつつもあった時期でした。


そんな中、
一悟術
のヒーリングと出会います。

この、「一悟術」の甦生法であるヒーリングでは、特に悩みを言葉にしなくても、
癒すことが出来てしまう。

そのとき、やはり行き詰まりを感じていた夫と、夫婦でヒーリングを
受けたのですが、
お互いが大きな変化を感じると同時に、
「世の中にこんなものがあるのか!」
と、まさに自分が求めていたものがそこにあった驚きを感じたのでした。

そして、自分自身でも、「一悟術」の示道法であるリーディングを
学び始めることになります。


3.カウンセラー、一悟術師として

こうして、自分自身を癒しながら、元々興味のあった
カウンセリングの世界に。

最初は、虐待された経験を持つ児童のカウンセラーとして
キャリアをスタート。
過酷な体験から、周囲の先生方にも暴力を振るい、いわゆる
「問題児」
として扱われていた児童にも、体当たりで取り組み、
やがて心を開いてくれるになって行きました。
そうした経験から、やがてスクールカウンセラーとして
キャリアを積むことになります。

ただ、相談に乗っていた児童に効果が出ない、など、大きな失敗も経験。
自分自身が周囲の意見に振り回され、カウンセリングの姿勢が
中途半端になってしまったとき、
相手を十分に救うことが出来なかった、
という思いが残ってしまったことがありました。

でもそうしたうまく行かなかった経験から、
「たとえ周囲やクライアントさんがブレたとしても、自分自身はブレない」
という、現在の姿勢に、繋がって行きました。

やがて、子供を変えようとするよりも、親を癒した方が、
子供にとってもはるかに変化が早い、ということに
気づくようになります。

でも、子供をよくすることは、世の中のサポートが
いろいろあるけれども、いったん出来上がってしまった大人に対しては、
諦め感も強く、なかなかサポートがないのが現状。

大人を癒していきたい、という思いから、
現在の一悟術リーディングとヒーリングのセッションを
中心とした活動に移るようになって行きました。


4.魂の求める方向を受け入れると、流れに乗って生きられる。

自分自身を癒していくうちにより住みよい環境に移りたい、
という気持ちが出てきて、
トントン拍子に現在の住まいのある三浦半島への移住が
決まってしまいました。

また、三浦半島への移住の直前に、
ヨガの認定インストラクターの資格を頂くことが出来たり。

お花の世界でも、活躍出来たり、一悟術師としての活動でも、
順調に成長させて頂くことが出来たり。

魂の求める方向を受け入れると、よりとらわれが少なく、楽になっていき、
受け取るものも、想定していなかったものが豊かに入ってくるようになり、
まさに「流れに乗る」生き方が出来ることを、実感するようになってきています。


5.そして現在。

これは、福島正伸先生に教えていただいたことですが、
「クライアントさんを変えるのではなく、自分自身をまず癒し、変化を受け入れていく」
ということを、自分自身のモットーとしてやっています。

そのことが、個人セッションを行う上でも、クライアントさんの導きへと
つながっていっているのでは、と感じています。

また、こうして自分自身を癒したり、カウンセラー・一悟術師として
体験してきたことをベースに、
クライアントさんの魂が求める方向をブレずに「羅針盤のように」指し示す、
リーディングと、魂の健康を取り戻すヒーリングを提供しています。

ブログでも、自分自身をどんどん開示していっています。
ぜひ御覧ください。

ブログTOPへ:
http://ameblo.jp/mufoo/

テーマ・自己開示へ:
http://ameblo.jp/mufoo/theme-10035214734.html


~資格・経歴~
一悟術示道法(リーディング) 認定初段
一悟術甦生法(ヒーリング)  認定2級
日本プロカウンセリング協会 認定カウンセラー
高橋ヨガ研究所 認定インストラクター
華道 壮風会 教授


アメンバー