プロフィール

ニックネーム
三宅洋平★(仮)ALBATRUS
性別
男性
誕生日
1978年7月24日 0時頃
血液型
O型
出身地
ベルギー・Leuven
お住まいの地域
沖縄県
職業
その他
職業詳細
バンドマン・詩人・百姓見習い
出身校
早稲田大学第一文学部

自己紹介

三宅洋平(音楽家・詩人・百姓見習い)

1998年頃から、犬式 a.k.a.Dogggystyleのフロントマンとして、唄とギターで魂をかき鳴らしていた歌唄いにして謳い手。2002年のデビュー以降、3枚のアルバムと4枚のミニアルバムをリリース。

2003年より地元・吉祥寺で「徹頭徹尾」というパーティを主催。2004年からは、2008年ageHaでの3000人ギャザリングも記憶に新しい「nbsa+×÷」主催。二つの地下混沌音楽祭を立ち上げ、保守的な国産音楽への警鐘を鳴らし、人々の価値観へ開眼を促している。

ソロ活動では、リミ・フーの2007年パリコレクションでのショー音楽をラティール・シーとのデュオにてライブで担当。異彩を放つ。同様の形態にて、2009年東京コレクションも担当。

2009年春、大学時代から続けてきた犬式の活動に区切りをつけ「中積み時代」と称して、全国にてソロからバンドまで、様々なセッションを100本以上繰り返す。

2009年秋、新聞『ANTA MEDIA』(不定期発行/タブロイド12P)を発行。編集長を務める。音楽人から発する自由なメディアの可能性を探り始めた。

2010年 正式にマネジメントをJazzySportに移籍。
セッションで得た手応えと運命から結成された(仮)ALBATRUSを結成。4/1 東京・代々木第二体育館で行われたヤマモトヨウジ19年振りの東京コレクションにて、ショーをバンド形態の生演奏で、という型破りな演出を担う。
以降、音源未リリースにも関わらず、TAICOCLUBはじめ国内のフェスから数多く招待され、圧倒的なライブで各地のオーディエンスから熱い支持を得る。

既存の枠に囚われることなく、貪欲に音楽史を紐解くDJ MKYとしての顔を持ち、2011年初頭に1st Mix CD"Mr.Dramatik"をリリース。
今年秋には、震災直前にネパール、カトマンドゥで録音した、(仮)ALBATRUSドラマーPeace-Kとのユニット、三宅洋平 & Peace-K名義でのライブアルバムをリリース予定。

犬式時代より、その音楽性は完全に雑食で独学でありつつ、何処か必然とした地球の民族性を備えている。

Twitter : MIYAKE_YOHEI


(仮)ALBATRUS
(アルバトラス)

唄・ギター 三宅洋平
唄・ギター 越野竜太
唄・ベース 小林眞樹
唄・ドラムス・パーカッション Peace-K
唄・サックス・パーカッション 元晴

犬式 a.k.a. Dogggystyleの細胞分裂後、三宅洋平が一年間に及ぶセッションと旅を繰り広げた末に辿り着いた、信天翁(アホウドリ)という名を冠する、jam band界隈や国内地下シーンを代表する手練れ達によるドリームバンド。
既に正式名称となった”(仮)”が表す様に、彼達は既成概念を超えた集合体であり、4人での形態を軸に、SOIL&"PIMP"SESSIONSの活動を縫って元晴が参加するというスタンスで活動中。
大地のグルーヴを深く紡いでいた犬式とは対照的に、アホウドリの名が示す通り、広大な空を飛び回る様にJAZZやFUNKやREGGAEを横断し、どこまでも自由な音を発している。三宅曰く「標榜するのは、スピリチュアルでフリーなアートするROCKである。求めるのは地球の民族性である。」。
音源も型に捉われることなく、アナログや配信など様々なフォーマットでのリリース後、集大成として2011年冬アルバム制作を予定。 

活動経歴
2010年 春ー結成
4/1東京・代々木第二体育館で行われたヤマモトヨウジ19年振りの東京コレクションにて、ショーの音楽を生演奏で担当。
夏ー
未リリースにも関わらず、山形・蔵王『龍岩祭』、静岡『WINDBLOW』、福岡『SUNSET LIVE』、東京・お台場『旅祭』などのフェスに招待される。

2011年 メンバー交代を受けて以降、『APPI JAZZY SPORT』での大トリから、『渚音楽祭』、『SYNCHRONICITY』、『TAICOCLUB』といった大型フェスに出演。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

フリースペース

アメンバー

プレゼント

→ もっと見る