自己紹介

日本とアメリカが交差する街、沖縄の普天間で生まれ育った現在22歳のラッパー
であるMATCH。10代の前半からスケボーを入り口として、HIP
HOPにハマり友人とともに高校在学中からラップを始めた彼は、沖縄での1年間の
活動後、高校の卒業と同時に上京することを決心し、本格的にHIP
HOPの世界へと歩み始めた。
ほとんど知り合いもいない東京のシーンではあったが、少しずつ活動を拡げる中
で、多くのプレイヤーと知り合い、シーンの中で切磋琢磨することになるが、数
年が経ってもなかなか変わることの無い自らの現状を打破するべく、遂に初の音
源となるソロアルバムの制作を開始する。
彼がラッパーとしてのスキルは勿論、人間的にも成長した姿をさらけ出した1stア
ルバム「GREEDY」を多くの面でバックアップしたのが、GUNSMITH
PRODUCTIONSのJIGGだ。先日リリースされた4WDの1stアルバム「CLOCK
WORK」で、そのプロデューサーとしてのレベルの高さをはっきりと提示したJIGG
の的確なディレクションにより、今作はよりブラッシュアップされた新世代のス
キルとスワッグに満ちた作品となっている。
また、MATCHのスキルとJIGGの助力は勿論、その他にもSKY BEATZやNAO THE
LAIZA、RYU-JA等、今の日本のシーンを牽引するプロデューサー陣も参加し、客演
にはAKLO、Y’s、GENONE(ICE
DYNASTY / LIGHT HILL)、M-City(Light
Hill)等と、全くの無名の新人のアルバムとは思えない程のネームバリューと、
それに全くひけをとらないクオリティが詰まったアルバムとなっている。
新世代の、無名なMCであるからこそ強く持っている“GREEDY”。MATCHの持つどん
欲さとスワッグが多くのヘッズの耳を侵蝕していくのも時間の問題だろう。
プロフィール by  haleiwa

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

フリースペース

アメンバー