プロフィール

ニックネーム
業務提携契約専門の行政書士
性別
男性
職業
自営業
職業詳細
業務提携契約専門の行政書士
出身校
横浜翠嵐高校、中央大学法学部
ホームページのURL
http://www.master-license.com/

自己紹介

業務提携契約専門の行政書士 遠藤祐二と
申します。初めまして!

下記に自己紹介させていただきます。


【経歴】

1989年 NTT入社

 料金回収、システム販売営業を得て、マレーシアでの
 インテリジェント ビルディングシステム構築プロジェ
 クトに3年半従事。 現地での支店設立、契約交渉、
 各種事業ライセンス/政府優遇措置取得のための関係
 当局との交渉業務を一手に行い、プロジェクト終了後、
 支店を閉鎖して帰国。


2001年 東京特殊電線株式会社入社

 法務担当として、海外/国内の契約交渉サポート。
 海外現地法人設立及び 各種事業ライセンス/政府
 優遇措置取得のために、関係当局との交渉業務に
 3年間従事。


2004年 アルゼ株式会社入社

 同社製造のスロットマシーンをネバダ州ラスベガスを
 始めとしたカジノホテルに販売するためのライセンス
 取得のための関係当局との交渉業務およびコンプライ
 アンス業務に2年間従事。


2006年 スミダコーポレーション株式会社入社

 中国、台湾における合弁会社設立、M&Aを多数手がけ
 る一方、海外/国内に おける契約交渉サポート業務に
 3年間従事。


2010年 行政書士試験に一発合格。

 マスター行政書士事務所を開業。


【保有資格】

 ・行政書士
 ・知的財産管理技能士2級
 ・ビジネス実務法務検定2級
 ・マイケルボルダック認定プロコーチ
 ・スピードコーチング社認定コーチ
 ・日本メンタルヘルス協会基礎心理カウンセラー
 ・国際航空貨物取扱士
 ・貿易実務検定B級
 ・TOEIC930点
 ・日商簿記3級
 ・第2種衛生管理者
 ・税務会計能力検定3級


【趣味】

 ・フルマラソン
  ⇒次は3時間30分を目標タイムにしてます

 ・ゴルフ
  ⇒ベストスコアは90。今は100も切れません(^^;)

 ・旅行
  ⇒タイ、マレーシア、インドネシア等東南アジア好き!

 ・読書
  ⇒潜在意識、心理学系が大好き!

 ・セミナー参加
  ⇒マーケティング、潜在意識、心理学系が大好き!

 ・飲み会参加
  ⇒一滴もお酒は飲めませんが。。。


【特技】

 ・マレーシア語を少々。。。


【好きな言葉】

 ・人の潜在意識は宇宙とつながっている。
 ・毎日は奇跡に満ち溢れている。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

スピード業務提携法で得られるものとは?



私達は、従業員20人以上を抱え、創業5年目以降
の中小企業経営者の方々を対象に業務提携契約を
早く、友好的にまとめ上げて、劇的にビジネスを成長・発展
させるためのサポートをしています。

  
業務提携契約はあなたのビジネスを大きく成長・発展させる
ための最も有効な手段です。

でもどの経営者も必ず壁に当たり、悩み、
不安になるのです!


例えば・・・


ドクロ自分が相手から不当に搾取されて、割の合わない業務提携になるのでは?という不安

ドクロ自分ばかり、相手から損な役回りを押しつけられるのでは?

ドクロそもそも業務提携の契約をするに当たり何を決めたら
  良いのか見当もつかない。。。


上記の壁や悩み、不安は業務提携に取り組む経営者の誰もが皆
抱えることです。

海外との取引になればその壁、悩み、不安は数倍にも膨れ上がり
ますガーン


ご安心ください。一人で悩む必要はありません。ニコニコ


私達はそんな経営者の方々の壁、悩み、不安を取り除くお手伝い
をしてきました。

私達がサポートさせて頂いているほとんどのお客様が
安心して積極的に、またライバルに先駆けて業務提携に
取り組みビジネスを競合他社に先駆けて成長・発展する
ことに次々と成功しています。


なぜそんなことが可能になるのか?  


理由は3つあります。

①私が、上場企業4社で13年に渡り1,000件以上の
 業務提携契約をまとめてきた経験とスキルがあること。

②私が、プロコーチでもあるので、あなたの盲点となっているリスクや課題なども
 全て引き出すことができること。

③私が、行政書士という国家資格を持った法律のプロフェッショナルであること


です。


あなたもそのノウハウを知って業務提携で成功者の仲間に入ることに
興味がありませんか?

スピード業務提携法で、机上の空論ではなく本当に使える
技を身につけたくはないですか?

その技を使ってあなたのビジネスを成長・発展させ、あなたの夢や
信念の実現にまた一歩近づくことができたらどうですか?


あなたの「やりたい!」を一歩前へ。。。

そのお手伝いをさせて頂きます。





アメンバー