プロフィール

ニックネーム
姿勢インストラクター 伊藤義顕
性別
男性
誕生日
1991年6月24日
血液型
A型
出身地
埼玉県
お住まいの地域
埼玉県
職業
その他
未既婚
未婚

自己紹介

【ヒストリー】

私は1991年埼玉県川口市というところに
三人兄弟の末っ子として生まれました。

双子の兄と姉が7つ離れていて、両親も共働きのため、
家族で遊びに行くというよりかは家で一人で絵を描いたり、
工作をしたりと割とインドアな少年時代を過ごしました。

運動神経が悪い方で外で遊ぶのも好きではなかったのですが
剣道をやっていた父と兄の影響で
小学校3年生の時から剣道を習い始めました。

毎週土曜日、2時間の稽古。

運動嫌いな私にとってはそれが嫌で嫌でしょうがなく、
ずっと辞めたかったです。

中学に入学したら
「絶対美術部に入ろう!」と思っていましたが、
小学校最後の試合で
同じ小学校に通っていたK君にボロ負けし、
人生で初めての「屈辱」を経験しました。

稽古が嫌だったとはいえ一度も休まなかったし、
同じ学校に通い仲も良かった友達に負けたことが
悔しくて悔しくて声を上げて号泣しました。

これがきっかけで、
「いつかK君を超えよう」と
中学・高校と、兄と同じ学校の剣道部に
所属することになりました。

誰よりも強くなりたい!
負けたくない!という気持ちが目覚め
それからの6年間は毎日剣道のことしか考えてなく、
いわゆる“ケンキチ”(剣道キチガイ)と
呼ばれるようになっていきました。

辛いことは嫌いですが、
根っからの負け嫌いではあるようです。

(ちなみに、中学の時は関東大会出場、
高校は東京都ベスト8までは行きました)


高校卒業後は大学に進学し
「何か大学生らしく新しいことを始めたい」

という理由から部活には入らず剣道から離れました。

そしてこの頃から
スポーツクラブでアルバイトを開始しました。

マシンジムを巡回し安全管理をしつつ、
時にマシンの使い方を説明したり、

時にお客さんと世間話をする仕事です。

始めたきっかけは単純に楽そうだったから(笑)

剣道を続けていたとはいえ性格は変わりません。
できれば楽に生きていきたかったんです。(笑)

このアルバイトが私の今の仕事のルーツとなっています。

最初は“楽そう”という単純な理由でしたが
徐々にこの仕事に“やりがい”を覚え始めたのです。

小学校からずっと自分の体を使い、
10年間剣道を続けてきた経験で
体の使い方やトレーニングのコツが
他の人よりも理解・習得が早く
運動初心者の方にもそれを上手に
伝えることができていました。

自分の剣道で培った運動経験、
そして自ら勉強して学んだ解剖学・生理学の知識を
直接お客さんに教えることができ、
なおかつその場で「ありがとう」とお礼を言ってもらえる。


やりがいを覚えてからは仕事が毎日楽しくて、
「もっとお客さんに喜んでもらいたい」と
独学で勉強しまくるようになりました。

楽しいことをやっている時間は、
それがたとえ嫌いな勉強であっても
辛くは感じないものです。

このジムの仕事にハマってしまい、
大学卒業後も某大手フィットネスクラブに
新入社員として入社しました。

現在は退社しフリーランスとして
この仕事を続けておりますが、
かれこれ7年間続けております。

これまで続けてこれたのはこの仕事が自分にとって
まさに「天職」だと感じていたからです。


楽しいだけでなく辛いことももちろん経験してきました。

新入社員として働き始めた2014年、
私はインストラクターとしてスランプに陥りました。

どんな指導をしても
女性の体を変えることができなくなったのです。

「脚を細くしたいです」
「では脚のトレーニングをしましょう」

「下っ腹を凹ませたいです」
「では腹筋をしましょう」

「体重を落としたいです」
「ではランニングマシンを使いましょう」

トレーニングの指導は間違ってないはずなのに
何がいけないんだろう?

頑張って腹筋100回しているのにお腹だけ痩せない。

夜のご飯を我慢しているのにお腹がぽっこり出る。

自宅でできる腹筋マシン買ったけど
続かなくて飾りになっている。

気を抜くとすぐリバウンドする。

こういう悩みを持った方を数多く見てきましたが、

ほとんどの方が悩みを解決できず
やる気をなくして退会していきます。

その頃の私はその人たちの悩みを
解決することはできませんでした。

自分の力のなさに嫌気がさしたのを覚えています。

悔しくて、女性の体のことや解剖生理学をたくさん勉強し、
学校やセミナーにも通い知識を深めました。


しかし、それでも効果が出ない。。。
そればかりか

「リバウンドした」
「かえって脚が太くなった」
「体重が増えた」

といったクレームを受ける始末。


終いには、
「太らされたから退会します」
なんて嫌味を言われたりもしました。

努力が裏目にでる。

全く仕事が楽しくなくなり、
もう辞めてしまおうかなと思うこともありました。


自己投資額は2年間で200万円を超えていました。

このままでいいんだろうか?
自分のやってきたことは間違っていたんだろうか?

天職だと思っていたこの仕事は
実は自分には向いていなかったんじゃないだろうか?
自信を無くし、この仕事を辞めることを本気で考えました。


そんなときに、
ある1本のyoutube動画をみて私の人生が180°変わりました。

その動画はテレビでも有名な
ドSストレッチトレーナーの兼子ただし氏の動画でした。

彼は動画で
「ストレッチで姿勢を正して日本を元気にしたい」
と本気で語っていました。


そして彼の技術は、週に1回のストレッチで姿勢を正すだけで
体がモデルのようなメリハリのある体になる。
しかもストレッチを受けるだけなので
疲れないしリバウンドもしないというものでした。


ずっとトレーニングの勉強をしてきた自分にとっては、
「そんなことあるわけない!」 と疑っていましたが、
もし、そんな方法があるのなら
今まで変えてあげられなかった女性の体を、
美しく変えてあげられるかもしれない

と思い、思い切って彼の技術を教わりに行きました。


自分で実際にストレッチを受けてみてびっくり!
体が嘘のように軽くなり
終わった後は正しい姿勢が自然と取れている。

この技術に惚れて一から姿勢指導を学びました。

この姿勢指導はトレーニングをただすればいいわけではなく、
あえて筋肉を落としてモデルのようなメリハリのある体に
普段の生活で自然と変えていくというものでした。


この技術でまた再チャレンジしようと思い
会社を辞めてフリーのパーソナルトレーナーとして
新たなスタートを切りました。

これでダメならこの仕事を辞めようという
覚悟もありました。

兼子ただし氏の姿勢指導を開始してから数ヶ月
お客様の身体がみるみる変わっていきました。
彼女たちの体が日に日に美しくなっていったのです!

体重も一定のペースで落ち始め、
腕や脚まわり、そしてウエストが美しくくびれてきました。

週一回2ヶ月通っていただいたお客様は
ウエスト-12cm、太もも-6cmという驚くべき結果も出ました。

体型が変わると内面も徐々に変わっていき、
表情から自信が満ち溢れ

「人前に出るのが恥ずかしくなくなった」
「着られなかった服が
着られるようになった」
「彼氏ができた」

という嬉しい報告をたくさんいただくようになりました。

そして、その姿勢が体に染み付いたクライアントさんは、
半年たった今もなおリバウンドせずに
体重をキープし続けています。

体も軽くなり痩せてリバウンドもせず
日に日に健康的な体に近づいていく。

辛いトレーニングをしても痩せさせてあげられなかった
あの頃の自分からは想像もしていなかった未来でした。

お客様の“本当の笑顔”にようやくたどり着けました。


悩んでいた人が喜んでくれることで
姿勢の大事さを確信し、
正しい姿勢をもっと多くの人に
広めたいと思うようになりました。


現在は、都内、埼玉のスポーツクラブで
スタジオレッスンやパーソナルで
姿勢の大切さを広めて行く活動を行なっています。

このブログを読んでくださったあなたにも、
私のこと思い、姿勢の素晴らしさを
少しでもわかっていただけたら幸いです。

【夢】
姿勢教育の義務教育化

【保有資格】
・NSCA-CPT
・適正姿勢指導士
・ストレッチトレーナー
・レスミルズインストラクター(BodyAttack、BodyCombat、BodyPump、BodyStep)
・ヨガインストラクター


マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

フリースペース

アメンバー