プロフィール

ニックネーム
光の写真家 鈴木千恵

自己紹介

光の写真家 鈴木千恵です。

ストロボは使わず、自然光を使って

「愛と美と光の波動」を共鳴させながら

被写体と向き合い、撮影しています。



朝の光、昼の光、夕方の光・・・
光と言ってもいろんな光があります。

冬と夏、春と秋・・・季節によっても違います。

自然光で撮影することで、よりナチュラルに
透明感のある写真になります。

ナチュラルなその人らしさを引き出す
ポートレートを中心になんかいいなぁ~
と思っていただけるような、
ずっと見ていたい写真・・・
笑顔でHAPPYな気持ちになれるような、
そんな写真を目指しています。



こだわりは、光。


光にとことんこだわり、

見えないエネルギーをも写します。


こだわりは、光だけではありません。

波動へもこだわりがあります。



たとえば、

「あぁ、綺麗だな~」 とか 

「なんて美しいんだろう!」

と思う時、その瞬間に、

波動は動いています。








量子力学的に言えば、

意図した段階で

その想いが対象を

変容させるのです。









波動ってなあに?



波動は目には見えませんが

確かに存在しているものです。

たとえば、

わかりやすいものとして

音も波動のひとつなんです。







「音波」と言われています。

音は、空気の振動なんです。

その振動は周波数を持っ

ています。







ラジオのザーザーするノイズ

に周波数を合わせると、

音楽がきれいに聞こえるよう

になるのを経験したことは

ありますか?









波動で伝わる・・・それは、

音だけではありません。



人の波動も同じなのです。









波動エネルギーは目には見え

ません。見えないけれどもそこ

に存在しています。



鈴木千恵の写真は、撮影する時に

あなたの波動を感じています。









あなたの外見(外側)だけを

見ているわけではありません。



波動をチェックしながら、

共鳴させています。



そして、

撮影している間に、

どんどんあなたの本質の部分

がわかってきます。









撮られる側の想いと、

撮る側の想いが共鳴

し始めると、その場の

空気も変わってきます。



そこで、始めて「今、ここ」

のシャッターチャンスが

降りてくるのです。



だから、

あなたの外側だけでなく

内側を写すことができる

のです。



あなたの想いが

創り上げる現実。



鈴木千恵の写真は、

あなたの心も写し出します。







*******************

1985年つくば万博でコンパニオンを
やって以来、人前に出る仕事が多くなり
写真は撮る方ではなく20代はモデルとし
てずっと撮られる側にいました。

いつまでも若いままでいられない・・・
と、外側ではなく内面を磨く道を目指し、
精神世界への興味を持ち勉強しました。

その後、
身体と心とマインドの三位一体での
重要性を感じ、東洋医学や、
アーユルヴェーダ、ホメオパシー、
クレイニオセイクラル、量子場調整、
エネルギー療法等も学びヒーリングの
お仕事もしておりました。

また、小学校の先生という別の顔
もあります。
つい3年前は品川の小学校にいました。

そんな私が、カメラを握りました。

経験は財産です。
普通のカメラマンでは撮れない写真を、
私の持っているすべてのものを駆使して
撮っています。

カメラの知識やテクニックよりも、
どんな風にとって欲しいのか、
撮られる側の気持ちを汲んで、
私が長年培ってきた「波動」を使って、
私にしか取れない写真を撮ります。

すでにもう四半世紀も前から、
写真には慣れ親しんできました。

20代のころに結婚したお相手がカメラマン
だったのです。
家の中は沢山のカメラとレンズ、写真の
道具に囲まれ私にとっては、写真の存在は
とても身近なものでした。
プロカメラマンと一緒にいる生活では
それは当たり前、 写真はもはや生活の
一部でもありました。

その頃、私は写真を撮っていませんでしたが、
いつも旦那さんの側にいたので
どんな目線で撮るのか、
構図や色やシャッターチャンスをごくごく
自然に学んでいました。
私は小さいカメラでスナップショットを
撮っていましたが、いつも旦那さんには
「なかなかセンスある!もし本気で写真
やったら、きっと俺より上手だろうな!」
と言われていました。

本気でカメラを持とう!
四半世紀も経ってからの決心でした。

*******************

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

光の写真 コンセプト


光の写真 コンセプト



鈴木千恵の写真は、

太陽の光を使って撮影する

「光の写真」です。



「愛と美と光」の波動で共鳴させて

撮影します。

 

 光の写真

 

こだわりは、太陽の光。

キラキラな光、優しい光・・・

太陽の位置、光の方角・・・


 


カメラ 太陽の光のパワーを使って
 
太陽の光をふんだんに使います。



地球に住んでいて一番の恩恵は、太陽です。



私たちは、

太陽がなくては生きていけません。



その、太陽のパワーをもらいます。



光の写真

 

植物やプランクトンなど太陽の光で

「光合成」し、私たちに必要な酸素を

作りだして、与えてくれています。



それは、まるで無償の愛のよう。

 

光の写真



太陽のエネルギーは

計り知れないパワーがあります。

 

そんな太陽の光を浴びるだけで

人間は幸せになれます。

 

 光の写真

 

空気と同じように

当たり前にある太陽の光。

それを意識的に味方につけて撮影

することで、お肌も綺麗に撮れます。

 

光の写真

 

 


カメラ 太陽の光を「プリズム」で虹色の光に

 
太陽の光をプリズムにあてると、

七色の光線に分かれます。

赤・オレンジ・黄・緑・青・藍色・紫

と、光の波長で色が変わります。

 

光の写真

 

プリズムに光を当てることで

様々な色が見えてきます。

 

私は、人間も同じだな・・・と

思います。

 

光の写真

 

光を当てることで、その人の

内側にあるものが見えてきます。



みんなそれぞれの良さがあって

どれも素敵な色なんです。

 

その人らしさを見つけて

「らしさ」を引き出します。

 

その一番素敵なところに

光を当てて撮影します。

 


カメラ さらに、波動で共鳴させる

 

光の写真 こだわりは光。

 

そして、

もうひとつのこだわりが

「波動」です。

 

光の写真

 

波動エネルギーは目には見えません。

見えないけれども、そこに

存在しています。

 

光の写真

 

鈴木千恵の写真は、撮影する時に

あなたの波動を感じています。

 

 あなたの外見(外側)だけを

見ているわけではありません。

 

波動をチェックしながら

共鳴させています。

 

そして、撮影している間に

どんどんあなたの本質の部分が

わかってきます。

 

撮られる側の想いと

撮る側の想いが共鳴

し始めると、その場の

空気も変わってきます。

 

光の写真

 

そこで、はじめて「今、ここ」

のシャッターチャンスが

降りてくるのです。

 

だから、

あなたの外側だけでなく

内側を写すことができるのです。

 


 

あなたの想いが

創り上げる現実。

 

写真は苦手、カメラを向けられると


緊張してしまうから嫌い・・・


とおっしゃる方はたくさんいます。




はい、チーズ!と無理に


にっこりしなくても、大丈夫。



わざわざ作り笑いをしなくても、


その方らしさを十分に引き出せる


ような写真を撮ります。



光の写真

 


苦手意識なく撮影できるように、


一人ひとり、たっぷりと時間使って、


一緒にお話しながら撮影をしていきます。


 


写真が苦手でも、


自然とナチュラルな笑顔になれます。

 


光の写真


 


鈴木千恵の写真は、


真心こめて撮影する「写心」(しゃしん)です。



写心は、撮る側と、撮られる側の


心が触れあうことで、波動が共鳴し合い

魂レベルでその方の本質を映し出します。

 

 

アメンバー