プロフィール

ニックネーム
出雲国総社(六所神社)
性別
男性
血液型
O型
職業
その他
職業詳細
神主

自己紹介

出雲国総社「六所神社」の神官です。
⇒ フェイス ブック



















「意宇六社」


意宇六社

 「意宇」の由来については、国引き神話で有名な『出雲国風土記』(奈良時代の天平5年)に、次の様に書かれています。
≪国引きをなさった八束水臣津野命が、「今、国引きを訖わった」と仰せられて、意宇の杜に御杖を衝き立てて「おうえ!」と雄叫びを発せられたから、意宇と云うのである。≫
 『日本書紀』に「淤宇(おう)宿禰」、「淤宇(おう)郡」などとある「おう」がそれで、
『万葉集』に「淤宇能海」(おうのうみ)として登場するのは、この郡の東半分が北面する、現在の「中海」のことをさしています。
 奈良時代から鎌倉時代にかけて出雲国の国府が置かれ、政治・文化の中心地として栄えました。
 地理的には、東は伯耆国、北は2つの入海(現「中海」と「宍道湖」)の南岸に接する要衝の地で、出雲国最大の郡に所在します。
 この地は、古代律令制の成立する以前から出雲の国造(現 出雲大社宮司、千家・北島国造家)の祖が統治なさっており、お住まいになっていました。
 意宇六社とは、この国造家と所縁の深い6つの神社(熊野・神魂・真名井・六所・八重垣・揖夜)のことをさし、格別の神社として多くの崇敬を集め、古文書・古典籍にもしばしば登場します。
 これらの神社を巡拝することを「六社まいり」と称し、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)も訪れ、「知られざる日本の面影」の中で紹介しています。

⇒ 「意宇六社」地図

⇒ 意宇六社めぐりパンフレット 目

⇒ 「六社まいり」

⇒ 「六社まゐり」バス 

⇒ 「国引き神話」

⇒ 六所神社由緒書 ベル