プロフィール

ニックネーム
英語と親友になる方法@KEN-ELT
出身校
上智大学外国語学部英語学科
ホームページのURL
http://www.ken-elt.jp/

自己紹介

東京・大田区

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/)

の代表をしております、Kenです。

私がお世話になった国はやはり、カナダ
イギリス
です。

カナダとイギリスはあまり観光では印象に残らない国達なのかもしれませんが、私はそこで多くの人と出会い、
”プロ”として英語を教えることの意味を学びました。住むにはかなり環境が整った国達であるというのが私の感想です。

大学のときに英語をより深く知るために、兄弟であるドイツ語を学んだんですが、あまり好きにはなれませんでした。(笑)

今は興味本位でイタリア語を学んでいますが、
英語を入門者や初心者として学ばれる方の気持がよくわかり、常日頃続けること」の大切さを感じています。

そして、何かを続けるにはやはり、それを何よりもまず
好きであること」が大切です。


『KEN-ELT代表兼日本人講師の経歴』

鈴木健一
東京都大田区出身
上智大学外国語学部英語学科卒業
略歴
・ 大学では英語教授の際に必要となる言語学と英語教授法理論を学ぶ。
・ 卒業後、英語教授法の実践的手法を学ぶためカナダへ渡る。
・ カナダ・トロントにてTESOL(英語教授法)Diploma*(教育理論110時間、教育実習40時間、トレーナー監視実習10時間)を取得。トロントでは中・上級者を中心に英会話を指導。
・ その後、英国(ロンドン、ブロードステアーズ、ブリストル、チェスター)の英語教育者コースにて
最先端の英語教育の現状を学ぶ。
・ イギリス・ロンドンでは、英語の世界的権威デイヴィッド・クリスタル氏、そして英語教育の権威ジェレミー・ハーマー氏のイブニングイベントに参加し、「英語の国際語としての役割」、「教師としての語学教材開発」について学ぶ。
・ また、北米最大の英語教育現場であるカナダ・バンクーバーでは中・上級者を中心にボランテイアで英語を教える傍ら、現地の学校を回り北米の英語教育の現状を探る。
・ さらに、カナダ・バンクーバーにて、Cambridge CELTA/DELTA(ケンブリッジ大学英語教師養成プログラム)認定の教師養成トレーナーより、語学教育カリキュラム開発・語学教材開発の個人指導を受ける。
・ 帰国後、日本の語学教育の現状を学ぶため複数の英語教室にて成人中心の英会話指導、クラス教材の開発に従事する傍ら、初心者指導の必要性を感じ中・高生の文法・読解指導にも携わる。
・ KEN-ELT英語学習専門校 を地元である東京都大田区に設立。
・ 成人を中心に英語総合力を育成する傍ら、定期的にイギリスにて研修に参加する。


マイプロフィール

定番

趣味
語学学習、海外旅行、建築めぐり
ブログに何書いてる?
初心者向けの英語学習情報、海外情報
座右の銘は?
『人事を尽くして天命を待つ。』

好き嫌い

好きな場所は?
美しい建築&美味しい食べ物があるところ
好きな休日の過ごし方は?
国際交流
好きな言葉は?
『去る者は追わず、来る者は拒まず』

その他

何をしている時が幸せ?
英語を教えている時&旅をしている時
どうしてもこれだけは譲れないものは?
英語の教え方&旅の行き先
尊敬する人は?
両親
前世はなんだと思う?
旅人
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
世界放浪
好きなブログは?
語学&旅
自分へのご褒美は?
研修旅行
幸せを感じる瞬間
英語を教えている時&旅をしている時
今からでも挑戦したいことは?
多言語習得&秘境の旅
今一番欲しいものは?
多言語力
今、旅行でいきたいところは?
インド
あなたにとっての必需品はなに?
辞書(語学)
○○依存症です
語学&旅

「ネイテイブに学べば話せるようになる」という誤解

東京都大田区

「KEN-ELT英語学習専門校」
(http://www.ken-elt.jp/)


を主催しています、Kenです。

従来の英会話学校ではネイテイブ講師が教えることが当然とされてきました。

しかし、

Q:皆さんは文法や発音に関する質問を"英語で"適切にすることができますか?

答えがYesでないなら、日本人講師に英語を習うことをお勧めいたします。

しかし、

Q:それでは"日本人講師"であれば誰でもよいのでしょうか?

効果的に英語なり英会話を身につけていきたいのであれば、英語を外国人に教える訓練を受けている講師を探す必要があります。そうでなければ効果はありません。


私は上智大学外国語学部英語学科で、教える際の基礎となる言語学(英語と日本語の文法・音などを分析する学問)を学びました。

その後より実践的な教え方の技術を学ぶため、カナダとイギリスへ渡りました。

カナダでは外国人に英語を教える国際資格(TESOL)を取得し、
さらにイギリスでは最先端の英語教育法のコースを受講しました。

また、どのように効果的な教材を作るか、カリキュラムを編成するかを専門の教師養成トレーナーから学びました。

カナダでは、日本人学生にボランテイアで英語を教え、帰国後は複数の英語学校で成人を中心に英語を教えるとともに、教材作成、コース開発、英語教師養成に携ってきました。

そして日本人」に効果的な指導法、教材、カリキュラムを提供するため、私の地元である東京・大田区に成人対象の「KEN-ELT英語学習専門校」を開設するに至りました。

英語・英会話に悩む入門者・初心者の方を中心に通っていただいております。(中・上級者用のコースもあります。)継続的に効率の良い英語学習の方法を授業を通じて、これからも提供していきたいと考えております。

よろしくお願いいたします。


KEN-ELT英語学習専門校代表

Ken

*************************************



*これまでに渡航した国々*
(The countries I have visited so far)



*北米*
カナダ(Canada)、アメリカ(America)






*中南米・カリブ*
キューバ(Cuba)




*西・北欧*
イギリス(Britain)、フランス(France)、ドイツ(Germany)、スイス(Switzerland)、オーストリア(Austria)、オランダ(Holland)、ベルギー(Belgium)、スウェーデン(Sweden)





*南欧*
イタリア(Italy)、ヴァチカン(The Vatican)、スペイン(Spain)、マルタ(Malta)







*中・東欧*
ハンガリー(Hungary)、ボスニア・ヘルツエゴナ(Bosnia and Herzegovina)、セルビア(Serbia)、モンテネグロ(Montenegro)、ルーマニア(Romania)、クロアチア(Croatia)





*中近東*
イラン(Iran)、ヨルダン(Jordan)、オマーン(Oman)




*アフリカ*
モロッコ(Morocco)





*旧ソ連*
ウズベキスタン(Uzbekistan), ロシア(Russia)





*アジア*
インド(India)、ミャンマー(Myanmar)、韓国(South Korea)





*ストップオーバー(乗り換え)のみ*
アラブ首長国連邦(UAE)、カタール(Qatar)、マレーシア(Malaysia) 、キプロス(Cyprus)、シンガポール(Singapore)、フィンランド(Finland) 、ポーランド(Poland)


















アメンバー