プロフィール

ニックネーム
松江隆明
出身地
大阪府
お住まいの地域
大阪府
職業
自営業
職業詳細
感動マーケティング経営コンサルタント
出身校
流通科学大学
ホームページのURL
http://kazu-ono11.ameblo.jp/

自己紹介

学生と企業の懸け橋になる
就職予備校代表の松江隆明です。

・チームビルディング
・就職支援
・人材育成
・採用

を主にコンサルティングを行っています。

流通科学大学を卒業後、キーエンスに入社。

新人ながら西日本一の営業マンとして表彰され、
また自身のブログで全国一位のアクセスを集めた経験から、
マーケティングこそ成功の鍵であると気づく。

一昨年、昨年は、神戸大学のビジネスコンテストで
「株式会社ネスレ」「アサヒ飲料」への企業革新のケーススタディにおいて
起業家代表の審査員を務める。

また、「一人ひとり学生が輝けば日本は元気になる」という
ビジネスアクションコンテストを開催し、
読売系列で2度放送されている

大学生向けの2つの塾を立ち上げる。

【1】内定獲得塾(2010年度募集中。ご興味あればメーセージ下さい)

高知、鳥取、大阪、名古屋、東京の
内定獲得したいという大学生対象に

【マーケティング力】
【営業力】
【面接対応力】
【内定獲得戦略】
の4つを組み合わせた内定獲得塾を主宰。

昨年は、たくさんの内定者を輩出
特に、濱西望は野村證券。谷口健太はユニチャームに内定。

今年は、コンサルタントを目指す大学生である
シャープ、ロート製薬、三井住友銀行、JTB
リンクアンドモチベーション、アビームコンサルタントに内定。

大学生の内定獲得への支援を行っている。

【2】プロ養成塾(2010年度募集中。ご興味あればメーセージ下さい)

大阪・東京で夢を実現したい大学生を対象に

【自立型姿勢】
【創造的思考】
【相互支援】
【習慣形成】

の4つを組み合わせたプロ養成塾を主宰。

昨年(旧未来突破会)は、アナウンサーを目指す女子大生である
松田玲奈・笹倉千裕の2名がNHKに内定。

大学生の各々の夢の実現をサポートしている

活動内容など、
詳しくは以下のブログをご覧下さい

http://ameblo.jp/kazu-ono11


最後までご覧頂きまして、
ありがとうございました

マイプロフィール

定番

趣味
マーケティング,お笑い、株式投資
長所
人を元気にすることが好きな点
短所
ひきこもる点(笑)
ちょっと自慢できること
M-1グランプリ2004に出場
最近ハマっているものは?
美味しいもの巡り
まず家に帰ってすることはなに?
冷蔵庫開けて、明日何を料理するか考えること
平均睡眠時間は?
4時間
口癖は?
ワクワクしてきたっ!
ブログの更新頻度は?
1日3回
ブログに何書いてる?
ニュース、グルメ、日常
何フェチ?
成長
座右の銘は?
幸せは手に入れるものではなく、手の中にあるものに気付くこと
集めてるものは?
千原Jr情報
Sですか?Mですか?
○○なタイプです
典型的な大阪人

好き嫌い

好きな食べ物は?
日清:「つけ麺の達人~醤油味」
嫌いな食べ物は?
好きなスポーツは?
格闘技、プール
好きな男性タレントは?
千原Jr
好きな女性タレントは?
山口智子
好きなアーティストは?
ミスターチルドレン
好きなマンガは?
サンクチュアリ
好きな雑誌は?
日経トレンディ
好きな本
感動と共感のプレゼンテーション
好きな映画は?
僕の彼女を紹介します
好きなテレビ番組は?
にっけつ!
好きな曲は?
ミスチル全般
好きなゲームは?
桃鉄
好きなブランドは?
バーバリ
好きな車は?
カルディナ
好きな場所は?
好きな動物は?
好きな休日の過ごし方は?
プール・サウナ
好きな色は?
ブルー
好きな言葉は?
幸せは手に入れるものではなく、手の中にあるものに気付くこと
好きなタイプは?
好きになった人
嫌いなタイプは?
嫌いになった人

その他

一つだけ願いが叶うとしたら?
すべてのあらゆる人が希望を感じる
何をしている時が幸せ?
時流を読み、理論を考えること
どうしてもこれだけは譲れないものは?
仲間
デートでいきたいところは?
宝くじがあたったら?
資産運用
尊敬する人は?
福島正伸先生、近藤太香巳社長
前世はなんだと思う?
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
今まで支えてくださった方に笑顔で感謝を伝える
好きなブログは?
堀江貴文氏のブログ
自分を動物に例えると?
自分へのご褒美は?
美味しい物を食べる
幸せを感じる瞬間
今を感じられた時
最近一番感動したことは?
誕生日サプライズ
子供の頃なりたかった職業は?
保育士
ここだけの話
一人ぼっちが苦手です
お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
腸詰めウインナー
生まれ変わったら?
星or風になりたい
今までで一番高い買い物は?
株券
今の着うたはなんですか?
なし
今からでも挑戦したいことは?
大学生と共に世界を変える
今一番欲しいものは?
継続力
今、旅行でいきたいところは?
高知
あなたにとっての必需品はなに?
携帯電話
1ヶ月毎日食べるとしたら何?
ささみ
○○依存症です
困難
特技
(昔は)漫才
ワクワクする瞬間
やる気ない人が、やる気になった瞬間
一番嬉しいこと
大学生や仲間がそばにいてくれること
タレント・著名人
島田紳助/松本人志
芸人
千原Jr/
ミュージシャン
Mr.children/
サッカーチーム
浦和レッズ
マンガ・映画
サンクチュアリ

松江隆明の活動



大学生と共に世界を変える起業家になる


【ビジネスアクションコンテスト】とは、
ずばり、大学生が輝ける場を創造するというコンセプトのもと、
大学生だけでなく、社会人も含めて夢を平気で分かち合える環境を提供し、
日本を元気にするイベントです

そのビジネスアクションコンテストが目指すべき理念と
理念が出来るまでの過程をお伝えしたいと思います


【夢を持て!】
【夢が手に入れろ!】
【夢を掴め!】

という声。


その声が聞こえれば聞こえるほど、
自分には夢もない、価値のない人間なのだと感じ、
生きていく意味をなくしました。
そして、私はひきこもりました。


しかし、そんな時に
母の言葉で私は人生が変わります。


【幸せは手に入れるものではなく、
手の中にあるものに気づくこと】


【夢は手に入れるものではなく
手の中にあるものに気づくことなんだ

この言葉から、
私は、夢への強迫観念がなくなりました。

大きな夢、小さな夢なんて、どうでもいい。
夢とは、手の中にあり、希望であり、実現できるもの

そう感じたのです。

僕がひきこもったのは大学時代

将来を考え、悩む今の大学生に
是非、その言葉を伝え、気づいてもらいたいと思い理念にしました


手の中にある夢に自分で気づくことは難しく、
仲間の存在が非常に大切だと私は感じました

2:【仲間】~人本主義ある社会を創造する

ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれないように
人間も人間でしか磨かれません。


私は、ある人と出会い
ある人みたいになりたいと思いました

ある人が教えてくれたのは、

俺には夢なんてねえ
 ただ、一生懸命夢に向かっている人を応援することが
夢であってもいいじゃないか?
 
松江、偽善者でもいい、優しさを配れ!
優しさに秀でると書いて「優秀」と書くように
松江も優秀になれ!

たくさんの言葉とある人の背中で教えてもらいました。

そのことから感じたことは

その人みたいになりたい
その人みたいに輝いた人間になることが
【僕の夢】になりました。

このように、出会いによって人は成長します

人間との出会いが人間の成長を促進し、
人を大切にすることで、
みんなが自分の夢に気づける

そのような社会を創造したい
 
その思いから、理念である
人を大切にするという
人本主義を広げたいと思いました。

最後の理念、
それは夢の分かち合いある文化を創造することです

「わかる」と「出来る」は違います。

また、【100聞は一見しかず】という言葉があるように
【100見は1体験】に過ぎないといわれています

目の前のことを一生懸命、行動するからこそ、
わからないものが見えてくるのです。

また、行動することで、夢は加速するのです

どんな人の夢でも、
みんなが行動を伴った支援をすれば、夢が実現する

そんな社会を創造したい。

自分の夢に気づいていなかったとしても、
夢を持った人を応援することで、自分の夢に気づく。

そんな、たくさんの人が
夢に気づけるような社会を創造したいのです

そして、大学生に最も伝えたいこと、

それは

人生、勝ち負けではありません。
どんな【勝者】よりも、どんな【敗者】よりも最も感動を与えられるのは
行動することを恐れず、一歩踏み出した【勇者】なのです

一歩踏み出すことが、人に感動を与え
自分を成長させるのだということを大学生に気づいてほしいのです


この3つの理念を胸に
我々、ビジネスアクションコンテストスタッフは
以下のことを約束します

僕たちは約束します

大学生と同じ眼で、大学生の希望を見つけ、
大学生がより輝ける方法を見つけることを・・・


僕たちは約束します

大学生と同じ耳で、どんな些細な希望や悩みも真剣に聞くことを…

僕たちは約束します

大学生と同じ足で、どんな困難でも一緒に乗り越えていくことを・・

僕たちは約束します

大学生と同じ手で、汗まみれになり、
これからの進むべき道を指し示すことを…

僕たちのすべては、
僕たちのすべては


【大学生の夢】そのものなのです。


ぶちやぶれない壁なんてないように
乗り越えられない山なんてないように
渡ることができない海はないように


ビジネスアクションコンテストは、
大学生を輝かせることで、日本を元気にします。


ビジネスアクションコンテストは、
【未来の子供たちの夢を創る】
本当の学生運動として、これからも挑戦していきます


みなさま、我々の力は正直、微力です。
どうか、これからもビジネスアクションコンテストを
応援してください