プロフィール

ニックネーム
流山市議会議員かんのひろたか
出没地
千葉県流山市
ホームページのURL
http://h-kanno.net/

自己紹介

無所属
私はブレない! いのちを守る政治。
流山市議会議員かんのひろたか

主に【教育】と【福祉(社会保障と社会福祉)】そして【財政健全】。「市政のやりくり」提唱。元介護福祉従事者、勇気と行動力で政治に立ち向い物事を見極め先見の明を持ち努力します。

H23市議選にて2990票賜り初当選。
昭和55年(1980年)神奈川県相模原市生
本家は福島県伊達市。

公立小中高校を卒業後、
国土交通大臣指定養成校 (専)中日本航空学校 卒
日本福祉大学 福祉経営学部 在学

○尊敬している人:松下幸之助、堀田力、小川栄一
○好きなスポーツ:サッカー、野球(少年野球から現在まで24年間)、ヘルスバレー

【現在】
●教育福祉常任委員会 副委員長
●議会広報公聴特別委員会 委員
●民生委員・児童委員推薦会 委員
●温暖化防止ながれやま 会員
●日本福祉まちづくり学会 会員
●日本保健福祉学会 会員
●NPOアジア交流協会 理事
(総務常任委員会 副委員長 〜H27.5)
(市民経済常任委員会 副委員長 〜H25.5)
(放射能問題及び災害等に関する特別委員会 委員 〜H24.5)

※流山市から宮城県南三陸町に定期的に伺い被災地避難施設にて災害ボランティア活動を実施。

公立小中高校を卒業後
国土交通大臣指定養成校 (専)中日本航空学校卒業

ANAエアクラフトテクニクス株式会社に入社。
(航空機整備に携わる。)
※航空機整備に携わり航空業界で有志による勉強会を立ち上げる。
「当時、日本では私と同世代の方々は他国と比べ、環境も福祉も教育もこれから私たちが住んでいく自治体や国にあまり関心が無いことに衝撃を受けた。私自身でも何か出来ることはないか。『私ぐらいは関心を持とう。せめて私ぐらいは。』という気持ちから、住民の市政関心を向上させたい。住民が住みやすい街=住民主体の街づくりにするため既得権益に負けない強いブレない市政をつくりたい。と志を持つ。」

元国務大臣事務所の門をたたく。
(元大臣自宅にて書生兼秘書)
※元大臣の自宅で家族の身の回り雑務や趣味の手伝いなどを行った。その後、畑担当として全部で500坪もの畑をひとりで担当する事になり、一から本格農家の野菜作りを学び、食の大切さ、農家運営の大変さを肌身を通して感じた。野菜がうまく育たないなど作付けについても悩まされ、悔しくて涙が出た苦い思い出も。

厚生労働大臣政務官の秘書になる。
※主に厚労省や関係所管などの調整や陳情など行い、地元市民とのパイプ役として行政学を学ぶ。一番始めに対応した陳情について本当に困っている方の意見を直接伺う事が出来た。当時の正義感は今でも忘れてはいない。

流山市にH15に移り住む。仕事として行政と市民とのパイプ役として地元担当として政治学を学ぶ。
※退職後、統一地方選挙に向けて勉学に励む。社会福祉法人の保育園に週一日、子育て育成教育について学ぶ。一方で、叔父が運営している特別養護老人ホーム(現在も運営)を手伝い本格的に福祉従事者となる。異色のホームホームヘルパーとしてマスコミにも取り上げられた。

H23流山市議会議員選挙にて2990票を賜り初当選する。テーマは「教育」と「福祉」そして「財政健全化」である。
日本福祉大学 福祉経営学部 在学

●毎月有識者をお迎えしての『有識者と語ろう』では、直接有識者と対話や勉強会を実施し、生の声を聴いて勉強させていただいております。

環境家・作家 cwニコル先生と対談後の一枚。


(財)松下政経塾 元塾頭 上甲晃先生との会食での一枚。
菅野浩孝と松下政経塾 元副理事長

マイプロフィール

定番

趣味
スポーツと食べ歩き!
長所
何事にも行動に移し実行努力すること。
短所
自分自身で行動に移して体験しないと納得できない。
最近ハマっているものは?
お茶、雑穀米、健康食
平均睡眠時間は?
5~6時間
ブログに何書いてる?
日常のこと
集めてるものは?
エコキャップ(ペットボトル蓋)http://www.ecoc

好き嫌い

好きな食べ物は?
野菜もお肉も何でも大好き!
嫌いな食べ物は?
ない。食べる事大好き!
好きなスポーツは?
野球とヘルスボール(流山発祥のスポーツ)
好きな映画は?
「いま会いにいきます。」家族愛を感じる映画です。
好きな場所は?
江戸川沿いの歩道
好きな動物は?
犬も猫も大好き!
好きな休日の過ごし方は?
映画、読書、散歩、食べ歩き。
好きな色は?
オレンジ:元気いっぱいの色だから。
好きなタイプは?
努力をする人
嫌いなタイプは?
努力もしないのに人の悪口を言う人

その他

尊敬する人は?
父親と松下幸之助
幸せを感じる瞬間
祖母に会いたかったよ!と小生を必要に思ってくれたとき
最近一番感動したことは?
友人が夢を成し遂げた事。スタートはここから。
子供の頃なりたかった職業は?
プロ野球選手
お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
たまご焼きとタコウインナー
今からでも挑戦したいことは?
長距離マラソン大会に挑戦してみたい。
今、旅行でいきたいところは?
福祉先進国デンマーク、エコ先進国ドイツ。向学し、勉強したい。
あなたにとっての必需品はなに?
市民目線。市民感覚。

菅野浩孝の政治信条

【政治姿勢】
皆さまからお預かりした大事な税金は、家計同様に市政もやりくりが必要です。 「あれやれ!これやれ!やらないのは市が悪い」と要望ばかり主張する議員が、多い気がします。税金をかける提案ではどこかの事業費や費用を削らなければ なりません。私は税金の「ムダ」を無くす指摘改善をして費用を捻出した上で、地域の要望や社会的弱者(子ども・高齢者・障がい者など)の声、そして緑や住景観への私たちの未来投資についても提案・提言として訴え続けていきます。

【100 センチの視点】
100 センチの視線とは、子どもの視線の高さです。 そして、車いすや杖を使われているご高齢者や障がい者の目線の高さでもありま す。 100 センチの視点とは、社会的に援助を必要とされている方の視点・視線に立ち物事を考え実行していきます。


【既得権益と闘う!】
全国的に問題視されている行政の縦割り・しがらみ体制。
そこに、積極的にメスを入れ指摘改善を求めます。 民間と行政では業務推進のシステムに10年以上もの開きがあり、市民目線でのサービスが実証されていない部門もあります。「市民はお客様、行政はサービス業」です。
勇気と行動力で従来のお役所仕事と闘い改革を提唱します。

上記の政治姿勢にも記載致しましたが、要望ばかり主張する議員(おねだり議 員)による要望総額は、トータル年間200億円以上にも上ります。
これからの議会では、財政の健全維持ができるよう条例を成立させ、健全な財政の使い道を示し、次世代である子どもたちにツケを残さないように、しっかりとした健全財政状況でバトンを渡せるよう公正公平で、健全な行政運営が行われるよう積極的にメスを入れ取り組んでまいります!
「既得権益と闘う、勇気と行動力!」

【流山市から「おもてなし」や「ものづくり」を支える教育を取り戻す!】
国で教育委員会制度が改革され、市長が任命する教育長と教育委員会で選出される教育委員長のポストが一つになります。早くて、来年度から教育委員会と首長が協議を行う「総合教育会議」が流山市にも設置されます。日本を支えている技術や人材は、私たちにとって財産であり資源でもあります。そして日本の誇りです。道徳教育や歴史教育などをはじめとした教育について、将来の子ども達が先代から受け継ぐ「伝統」や「文化」の継承を通じ、地域の繋がりや絆、日本人としての誇りを育んでいけるよう流山市から深めてまいります。

〜教育委員会制度改革の主なポイント〜
•教育長と教育委員長を一本化した新たな責任者(新「教育長」)が置かれ、首長が議会の同意を得て任命・罷免する。
「教育委員長=教育長」とすることで、新「教育長」が、迅速かつ的確に、教育委員会の会議の開催や審議すべき事項を判断できるようになる。
また、首長が任期中に教育行政の責任者を任命できるよう、新「教育長」の任期は3年(他の委員は4年)になる。
•教育委員会は執行機関と位置付けられる。
教科書の採択、学校の教育課程の編成、個別の教職員人事(採用、異動、昇任)など、特に政治的中立性、継続性、安定性を担保する必要がある事項については、教育委員会の「専権事項」となる。
•地方公共団体に「総合教育会議」を設置する。
会議は首長が主宰し、首長、教育委員会により構成される。有識者などの参加を求めることもできる。
同会議においては、首長が教育委員会と協議し、教育行政の基本的方針となる「大綱」を策定する。また、予算の調製、執行や条例提案など首長の権限に関する事項などを協議の対象とする。会議は原則、公開される。

【流山市の「市民力」と「地域力」で成長させる!】
流山市は、全国的に見てもNO.1と言っていい程、市民の皆さまが活発にNPOや市民活動など自らすすんで実施されております。
今まで中小零細企業や、大企業で一生懸命働かれてきたOB・OGの皆さまから、民間の厳しさで培った知恵をお借りして、市運営に発揮して頂き、流山市の成長戦略にお力添えを頂けるよう意見交換のつくり、権限移譲などについて提言してまいります。

【私たちの緑地やみどりを守る!将来の住環境・景観にも投資を!】
国で宅鉄法が制定され、本市では、つくばエクスプレス線開通に伴い、つくばエクスプレス沿線整備事業が始まっています。
多くの市民は緑が消えていく姿に大変不満、怒りを感じています。
本市では「都心から一番近い森のまち」を目指して街づくりを行っていく中で市民の「満足度」や「ニーズ」をどのように汲み取り、施策事業に反映していくのか徹底的に調査を繰り返し、市政運営に反映出来るよう努力してまいります。


①行財政改革を推進いたします。
②徹底的な説明責任を行います。
③どの街よりも住民主体の街づくりを行います。
④子どもたちにツケを回す政治は行いません。
⑤『みどりと福祉の街 流山市』をめざします。

小さなことからコツコツと住民主体の街づくりをおこなってまいります。
Facebook http://www.facebook.com/hirotaka.kanno
Twitter https://twitter.com/kannohirotaka30


流山市議会議員かんのひろたか市政報告会を定期的に実施!!
流山市内で市政報告会、ミニ集会を実施しております。
ご参加頂きました方々も現在ですでに780名(H26,4 時点)に達しており、沢山のご意見を市政に反映させて頂いております。住民主体の街づくりへ!


今回の市政報告会は6回目では、聴覚障がいをお持ちの方からの要望で千葉県聴覚障害者支援センターから手話通訳を派遣して頂きました。


災害ボランティアもすでに7回目!【議会の合間92日目】(H26,5時点)
地震災害被害に遭われた地域の皆様の日常生活へのいち早い復旧をお祈り申し上げます。これからも宮城県本吉郡南三陸町被災地避難場所周辺、災害ボランティア活動に従事していきます。

アメンバー