プロフィール

ニックネーム
鈴鹿久美子
血液型
AB型
職業
その他
職業詳細
元政策秘書。議員秘書の人財紹介・立候補者支援(株)InStyle代表
出没地
永田町、赤坂

自己紹介

鈴鹿久美子と申します。

15年程、衆議院で議員秘書をしていました。
政策秘書で「洗濯から政策まで」、何でもやりました。

司法試験に落ちて、
途方に暮れていた私が
秘書になったのは選挙の手伝いからです。

ご多分に漏れずの道。

何のスキルもなく、
取り柄もなく、
政治オンチで、
怖いもの知らず。

秘書になって半年した頃、
頭の右半分に円形脱毛が22個できていました。

今でもその時の名残でハゲ痕が刀傷のように残っています。

大変な仕事についてしまったと気が付いたのはその頃でしょうか。

時既に遅し。
私には司法試験に戻る資金も気持ちの余裕もありませんでした。
この仕事でやっていくしかない。

こども3人を育てなければなりません。
一か月に40㎏消費するお米代、
学費も定期代も、
「かあちゃん、合宿費用」、も。

この仕事にしがみつきました。

新聞読んで、
部会に出て、
週刊誌も読んで、
日刊ゲンダイは帰りの友。

それでも毎日叱られ、
怒鳴られ、
失敗の連続で
十二指腸潰瘍を2度やりました。

トイレで血を吐いても、
議員にバレたらクビになるかもと、
慌てて口を拭って仕事に戻りました。

デキの悪さをカバーするには
必死さしかありませんでした。

「特別国会公務員」は
「特別目下公務員」=今日のところは公務員だけど、明日はわかんないよ、という意味だと教わりました。

「解散」となると、
公設秘書はその日に解雇。

それでも選挙は戦います。

勝っても、再雇用される保証はゼロ。
それでも選挙は戦うのが秘書の務め。

落選、
復活当選など
いろいろ経験させて頂きました。

秘書の苦労も
議員の悩みも
少しわかるようになって、

この距離が埋まったら

この国はもっともっと良い国になると、確信しています。

今は議員秘書の人財紹介、
立候補者の支援、
議員のコンサルティングをしております。


政治ネタが多くなりそうなものですが、
毎日秘書ちゃん達の悩み相談を聞いているうちに
そちらのネタが増えてきました。

お話を伺ううちに一緒に泣いたり笑ったり、
人生の一部をご一緒できて
ありがたい。

いろいろありますよね。

カッコ悪くても
なんとか今日一日生きて参りましょう。

大丈夫。
だいじょうぶ。

私だってやってこられたんだから
進もう!

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

何をしている時が幸せ?
ご飯をつくっているとき
デートでいきたいところは?
100年前のパリ
宝くじがあたったら?
議員秘書の養成学校をつくる
前世はなんだと思う?
のんびりした黒ヒョウ
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
お料理作る
好きなブログは?
「ラックれす」
自分を動物に例えると?
まっくろくろスケ
自分へのご褒美は?
シャンパンと海の幸
幸せを感じる瞬間
泡に溺れている時
子供の頃なりたかった職業は?
きれいなお姉さん
ここだけの話
国会に壁はありません
携帯の機種は?
iphon6
生まれ変わったら?
元の天然に戻る
今一番欲しいものは?
読書三昧の時間
今、旅行でいきたいところは?
ヨーロッパを2年くらいのんびりと
あなたにとっての必需品はなに?
champagne
1ヶ月毎日食べるとしたら何?
トマト
○○依存症です
コンサート

政治家のためのブランディング戦略家

政策秘書として6人の国会議員に仕え、様々なタイプの選挙実務を経験。15年間で、議員秘書業のノウハウと、選挙で勝つための「装い戦略®」の基盤を築く。

2012年の総選挙を前に、選挙で離職せざるを得ない秘書の受け皿をつくりたいと政策秘書を辞職。秘書と議員のマッチングを図る日本で唯一の議員秘書専門人材紹介会社「議員秘書ドットコム」を立ち上げ、テレビ、新聞等マスコミから注目を浴びる。

現在は、議員秘書の人財紹介に加え、議員秘書養成、国会議員のコンサルティング、立候補者を戦略的に当選に導く「立候補者スキルアップ講座」を開講。服装から演説まで、圧倒的な印象形成で有権者を魅了する「装い戦略®」を用い、関わった候補者を政党問わず全員当選に導く。
通称「勝たせ屋」。株式会社InStyle代表取締役。

アメンバー