プロフィール

ニックネーム
ヨシ@21年間童貞非モテ男の犯行、女性の心を鷲掴みにする技術

自己紹介

こんにちは、

ヨシと申します。

わたしのページに訪問していただき
本当にありがとうございます。


私のブログでは、

21年間女性に嫌われ続けた非モテ男が55日間で、
1回のデートで女性に「帰りたくない」と
言わせた成功回避不可能のメソッド


を赤裸々に公開していきます。

なぜそんなことを公開するのか?

それには私の過去を少しお話させてください。


今でこそ私は、合コンやパーティー等の
出会いの場に行き、気に入った女性がいれば
必ずその女性とデートに行くことが出来ます。

そして必ず男女関係に進展出来るようになりました。

が、昔は女性とデートに行くどころか、
話すことも一苦労の男でした。

女性に話しかけようと思っても

「俺なんかが、声かけて大丈夫かな?」

「嫌な雰囲気になったらどうしよ?」

「どうせキモがられるだけだし・・・」


いつも不安と言い訳が脳裏をよぎり、
話しかけることさえ出来ない悩みを抱えている
冴えないキモ男でした。

「話しかけるっていったって、そもそも
何をしゃべったらいいのかわからんし・・・」


そうした想いで頭をぱんぱんにしたまま
過ごしてきた21年間です。

イケメンでも、特別話が上手いわけでも、
金持ちであるわけでもない

そんな私が、どうやって

女性と気軽にしゃべれるようになり、
女性の心を鷲掴みにして
可愛い彼女を作ってきたのか

を私の過去の話を交えて
お話していきたいと思います。

21年間、私はずっと
恋愛と言うのは、

『モテるやつはモテ続け、
モテないやつは一生モテない』


というイメージがありました。

イケメンや、面白いヤツがモテて、
私のようにブサメンで、金もなくて、
ましてトークなんて全然面白くない人間は
女性と絡む権利がない
と思っていました。

しかも私は中学生まで
イジメを受けていました。

女性からは「キモい」と罵られ続け
自分を塞ぎ込む専門家に成り上がっていました。

ブサイクで人見知りという、
絶望的な状況でした。

「いつかかわいい彼女を作って
いちゃいちゃデートをしたい!」

と、妄想だけが膨らんでいました。

そんな私の初恋は
大学一年生の頃です。

スノボーのインカレサークルで出会いました。

最初は女性という存在に
話しかけること自体
めちゃくちゃ緊張しました。

けれども、飲みの場で、酒も入り、
少し気が大きくなり、なんとか普通に話せるくらいは
出来るようになりました。

その中で、同じ新入生のある女性に恋をしました。

今考えると、ただ普通にしゃべってくれた女性が
人生で初めてだったので、
それで好きと勘違いしただけだったのですが(笑)

とにかくその時は

「二人で遊びに行きたい!」

そう思いました。

けれども、頭の中は

「そもそもデートに行くってなったって、
どこに行けばいいかわからないし・・・」

「デートに誘えたとしても、断られるの怖いし・・・」

「いっそ向こうから誘ってくれないかな?」


そんな考えに支配されていました。

中々デートに誘えません。

サークルの男友達に、

「フォローするから行けよ!
誘うくらい余裕だろ?」

とよく言われていました。

私は自分が童貞であることを言えずに、

「まあ、でも同じサークル内だし、
色々めんどくさいことになりそうだよなー」

とか

「まあ、かわいいと思うけど、
もっとかわいい子がサークルに入ってきたら
そのチャンスを逃すわけだしなー」

と言い訳をして、
誘えないまま2年が過ぎてしまいました。

その間にその女性は
サークルの他の男と付き合うようになっていました。

私は童貞のままです。

「俺はもう女はいいや・・・
もっと楽しい事いっぱいあるよ」

そんな強がりを言ってばかりの
大学3年生を迎えました。

その春もサークルには新入生が
大量に入ってきました。

運よく、新入生の女の子2人と、
私と友達の4人で、飲みに行く機会を
友達が作ってくれました。

その飲み会で、奇跡的に片方のT子という女性と
デートにいく約束を取り付けることが出来ました。

意外にもラーメンが好きという話で盛り上がり、
「今度うまいラーメン屋に連れてってください!」
と向こうから誘ってきたのです!

ものすごく自然な流れで
約束することが出来ました。

その夜は、ちょっと興奮して
「ついに俺もリア充の仲間入りだな!」
とまで浮かれていました。

しかしよく考えると、
約束を取り付けたところで、
デートがうまくいくイメージが湧きません。

だってデートしたことなんてないんですから・・・

むしろ今まで女性に
嫌われ続けてきた経験がよみがえり
失敗するイメージしか湧きません。

「もういっそやめようか?」

そんなネガティブな考えまで浮かびましたが、
勇気を振り絞って、
なんとかデートに行きました。



結果は・・・


ズタボロです。


やっぱり二人っきりで会っても
何を話していいかわからない。

会話が続かない。


「つまんなそうだな、なんとかしないと・・・」
「全然笑ってくれない・・・どうしよ」


そんなことばかり考えたデートでした。

T子からお礼メールが来ることはなく、こっちから

「楽しかったよ!また遊びいこーね!」

と送りました。

返ってきた内容は

「ありがとうございました!
おいしかったです。」

・・・

なんてそっけない返事でしょう。

その日以来、完全に自信を無くし、

「俺よりいい男なんていっぱいいるし、
わざわざ俺を選ぶ必要ないもんな・・・」

「俺はクズだから・・・」

そんな思考回路で頭が埋め尽くされました。

ある日、居酒屋で唯一全てを話せる友人に

「あーもう俺はダメなんだ。
イケメンじゃないし面白い話も出来ない。
男として価値ないんだ・・・」


と、愚痴をこぼしていた時に、
隣の女子会の声が耳に入ってきました。

『えー、○○彼氏できたのー!?』

「うるせえ!」

そう心の中で叫んでいました

もう人の恋愛話なんて聞きたくなかったです。

うまくいっている恋愛話はもちろん、
うまくいっていない話さえも
聞きたくありませんでした。

なぜなら
自分より深い悩みを抱えている人間はいない
思っていたからです。

「どうせうまくいかないっていうのも
ある程度青春してる話だろ。

ケンカばっかりとか、
恋人になれないとか
そんなくだらない悩みだろ!?

俺はそれ以前の悩みだよ!

話すもの嫌がられるほど
どうしようもない男なんだよ!

お前らとは抱えてる問題の大きさが違うんだ!!
ぼけっ!」


と、ある種自分の悩みの大きさに
プライドを持ち始めていました。


「どうせ隣の女子会で話してた女の彼氏も
イケメンで優しくて面白い男なんでしょーね

はいはい良かったですね!」


と思っていたら、どうやら相手の男は
イケメンでもなければ優しくもない、
超自己中で適当な男らしい
のです。

しかもゲームやアニメが好きで
ちょっとオタクっぽいらしい・・・


「バカな!??」

一気に酔いが醒めました。

「そんなはずない。

だって、イケメンや話が面白い奴がモテる
それが常識
じゃねーか。」

そう思いました。

すると隣から
「イケメンは気遣っちゃうし、疲れるからねー。
ちょっとモテないくらいの方が安心するよねー。」

「ねー、顔とかどうでもいいよね!
やっぱり優しい人でしょ?」

「優しすぎてもだめだよね!
ちょっと冷たいけどたまに優しいくらいがいいよね」


?????

なんだ?
一体どれが正しいんだ!?

もしかしたら俺の常識は
間違っていたのかもしれない

そこで、もっと女性の話を
聞いてみようと思いました。

けれども、そんな話を出来るような女友達が
21年間童貞である私にいるわけがありません。

考えた末、
女子会に忍び込むことを思いつきました。

忍び込むと言っても
隣の席で聞き耳を立てるだけですが・・・(笑)

それから色んな女子会を回りました。

時には居酒屋の中まで入って、
女子会が開催されているかどうかを確認してから
入るかどうかを決めるという徹底ぶり。

ボイスレコーダーを女子会の席の近くに置いておき、
後から聞くなど色んな工夫をして
情報を搔き集めていきました。

もう色んな情報が溢れて、
一体何がなんなのか分からず、
投げ出したくなりました。

そんなとき、同じ学部の
あるブサイクな男が女性にめちゃくちゃモテる
という話を聞きました。

何度か話したことのある男で、
どう見ても女にはモテない男だった
ので、衝撃を受けましたが、

「もしかしたら、そいつなら
答えを知っているかもしれない」

そう思い、話しかけました

「女ってイケメンよりも優しい人よりも
意外と冷たい奴が好きだったりするよなー。
お前の彼女はどんな感じなの?」

と精一杯知ったかぶりをして、
恋愛話に持っていきました

「おー、そうだな!よくわかってるね!

彼女は2人いるんだけど、
一人は寂しがり屋だから毎日連絡する
けど、

もう一人は追いかける恋愛が好きだから
一日連絡返さなかったり
って感じかな?

まあ女の子の価値観に
合わせてあげることだよね!」

????

耳を疑いました。

彼女が二人いるの?

いえ、そっちではないです

女性によって180度やることが違うのか!?

これがきっかけで、
女性の価値観というもの考慮して
もう一度女子会の会話を聞いてみました。

するとある法則が見えてきました。

それは男と女、
もっと言えば人と人との絶対法則
と言えるほどのモノでした。

最初は自分でも半信半疑でしたが、
サークルで女の子相手に
この法則を使って対応してみたところ

携帯に女性のアドレスが
面白いように増えていきました。


女友達がどんどん出来ていったのです。

それどころか、女性の方から、
暇電がかかってきたり、
時には恋愛相談までされるようになりました。

そうしてるうちに、
以前デートに行ったT子から
またデートに行くことになりました!

しかも向こうから誘ってきました。

めちゃくちゃうれしかったです

が、デートに行くのは
「また失敗するんじゃないか!?」
という考えが浮かび、怖かったです。

しかし、法則通りの行動をしたら
想像とは裏腹にめちゃくちゃ盛り上がりました。

しかも飲みに行った居酒屋の中で、
なんと

T子からキスをされました。


そして
「私よしさんの事、
好きになっちゃったんです・・・」

と言われ、人生初の彼女が出来たのです。

それから2年経ち、お互い色々成長し、
その子とは別れることを選択しました


が、


それ以来、私は彼女作りで
困ったことは一度もありません。

女性が男を好きになるメカニズムを
完全に理解することが出来た
からです。

絶対法則を細かく具体的にわかりやすく体系化し、
一つの理論として築き上げ、実践してきたからです。

もちろん、今彼女はいます。

狙った獲物は決して逃しません。

その絶対法則とは、
決して、金持ちであることでも
イケメンであることでもありません。


しかも誰にでも簡単に出来る
普遍的で再現性の高い絶対法則です。


その絶対法則とは

人と人は利害関係で成り立っている

ということです。

つまり男と女はお互いに
「メリットがある関係の人だけと付き合っている」
ということです

これは冷めた言い方かもしれませんが、
絶対に抑えておかなければならない
非常に大事なことなんです。

そして女性が男性に求めるメリットは
男性が女性に求めるメリットと違い、
「イケメン」や「面白い」という条件は
ほとんどランクインしていないのです。

ですから、どんなにブサイクでも
話下手で人見知りでも、
女性のメリットを満たすことは可能なんです。

この理論を使ってデートをすれば
女性から嫌われることは不可能なんです。


そして、社会人になってからの話ですが、
久しぶりに大学時代の友人と飲みに行きました。

彼は
「どうしても女性と付き合えない」
とぼやいていました。

そこで、詳しく話を聞いてみると
過去の私のように、

「イケメンじゃない自分はどうせ無理だ」

と思い込んでいた節がありました。

私も同じ悩みを抱えていたことがあるため
少しでも力になれたらと思いました。

今まで私が学んできた内容を細かく伝え、
女性の心を鷲掴みにするための『テクニック』
を彼に与えました。

すると、見事その2か月後に
その彼に彼女が出来ました。

彼からは
「お前の理論はやばいよ!完璧だ。」
と言われました。

もちろん、その彼も
決してイケメンではありません。

どちらかというと、ちょっと暗いイメージで
ぽっちゃりしていて、間違ってもおしゃれとは言えない、
そんなブサメンで冴えない20代後半の男です。

それからも同じような相談を友人から受け、
5人に『テクニック』を与えたところ、
4人がすぐに結果を出しました。

残りの1人は、結果を出せなかったのではなく、
実践しないで終わったのです。

けれども、それで確信しました。

「このテクニックは
どんな人にも効果がある、
魔法みたいなものだ」


しかし、同時に
「こんな素晴らしい方法を
簡単に人に教えるなんてもったいない。」

そう思いました。

なぜなら、21年間童貞で、
女性に嫌われ続けて、それでもあきらめずに
やっと築き上げた『テクニック』だからです。

「そんな松浦ヨシトの苦労の結晶を
簡単に人に渡してたまるか!」

そう思っていました。

いえ、もっとひどいことも考えていました。

「モテないやつは一生モテないでいればいいんだ!
どうだ!俺はモテるようになったんだ!!
ざまあみやがれ!」

とまで思っていました。

ですから、誰にでも出来る確信を持ってから
友人にも『テクニック』を公開することを
ずっと拒んできました。

しかし、最近私は気付きました。

よく考えてみると
私は非常に運が良かっただけだ、と。

たまたま女子会の話が
耳に入ってきただけですから。

「たまたま救われただけなのに、
当時の自分と同じことで悩んでいる人間を
バカにするなんてなんて最低の人間じゃないか!」

そう思い直し、

「今度は当時の私のように
同じ悩みを抱えている男を
私が救うことが出来たら・・・」


そう思うようになりました。

もしあなたが、
「女性に話かけられない」
「デートにすらいけない」
「デートが上手くいかない」
「女性と何を話したらいいかわからない」
「他の男に負けたくない」

そう思っているのなら、
私の『テクニック』は必ずあなたの役に立ちます。

こんなぼろぼろの人生を送ってきた私にすら
女性を虜にして心を鷲掴みにすることが出来たのです。

あなたに出来ないはずがありません。

大好きな彼女を作って、
幸せな時間を過ごしてください。

夏には海にデートに行き、

冬にはスノボー、

記念日には高級ホテルのレストランで食事をして、
そのあとは愛を確かめ合ってください。

自分の望む通りの女性を見つけて、
あなたの思い通りのライフスタイルを
手に入れてください。


長くなりました。

最後まで読んで頂き
本当にありがとうございます。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

フリースペース

アメンバー