プロフィール

ニックネーム
Infinity your body 身体原理の探求‼︎

自己紹介

こんにちは。

鴨谷 洋隆(かもたに ひろたか)です。

『Infinity your body 身体の可能性は無限大』をモットーに、

パーソナルトレーナーとして、スポーツクラブや自宅出張での指導をしながら、

大阪、東京で、身体の使い方の講座を担当、

日々、身体を追求しています。

このブログでは、

私が、学んできた「武道式の身体原理」を基に、

年齢、筋力、体力、年齢に関係なく、

日常生活からスポーツ動作までを送れるための方法をお伝えさせていただいています。

運動を通じて「心」と「体」の調和を目指します

こんにちは。

鴨谷 洋隆(かもたに ひろたか)です。

『Infinity your body 身体の可能性は無限大』をモットーに、

パーソナルトレーナーとして、スポーツクラブや自宅出張での指導をしながら、

大阪、東京で、身体の使い方の講座を担当、

日々、身体を追求しています。

私は小さい頃から運動音痴で、体育や運動会、部活で良い成績を残したことはありません。

そんな私が何故運動に携わるようになったのか?

自己紹介をさせていただきますね。

お読みいただければ嬉しいです。

運動音痴の私ですが、身体を動かすこと自体は好きだったので、休み時間には、運動場に飛び出して遊んでいたのを覚えています。

小学生では水泳、中学は剣道部、高校ではサッカー部に入っていました。

痛みを経験したのは高校生の時でした。

あるとき、脚の付け根に激痛が走り、歩くことさえままならなくなりました。

病院に行くと、

「股関節に炎症が起きている」

という事で、しばらく部活は

そして、高校卒業前に、椎間板ヘルニアを発症。

朝起きると、腰の痛みで動けませんでした。

当時診断された医者から、

「もう2度と激しい運動は出来ない」

と宣告を受けました。

私は大学に入ったら、空手を始める事を決めていたので、

これにはとてもショックを受けました。

諦めきれなかった私は、

病院から渡された自宅用のリハビリメニューを行い、

なんとか、通常の運動に支障がないくらいには回復しました。

大学に入ってからは、念願の空手を始め、

大学のトレーニングルームで筋力トレーニングも始めました。

少しずつ筋肉がついていき、空手も上達していきました。

ですが、腰痛が根本的に改善される事はありませんでした。

3回生の時に、スポーツクラブで働いていた友人から、アルバイトの誘いを受けました。

「スポーツクラブでなら、もっと本格的なトレーニングや身体の事が学べる!!」

と思った私は、二つ返事でスポーツクラブで働き始めました。

そして、身体の事について、より深く学ぶ事が出来ました。

ですが、やはり、身体の痛みはよくならず、坂道ダッシュの際中に、今度は膝に激痛が走り、走ることに怖さを覚えるようになりました。

身体を鍛えてもなかなか良くならない、どうして?

という疑問をいただきながらも、お客様にも指導をしていました。

スポーツクラブではダイエットやパフォーマンスアップなど、それぞれの目的を持った方が利用されていますが、

身体の痛みを改善しに来られている方も多くいらっしゃっいます。

ストレッチと筋力トレーニングを指導させていただき、

効果を感じていただける方もいらっしゃいましたが、私と同じく、

鍛えても鍛えても改善されない方もいらっしゃいました。

そんな方には、

「無理しないようにして徐々に筋肉をつけていきましょう」

とお伝えしていました。

ですが、痛みを抱えて入会される方は、

「医者から筋力を鍛えるように言われた」

と、言われます。

この矛盾が解消するべく、

様々なセミナーに参加しましたが、

効果を感じたり、感じなかったりでした。

そして、特に高齢者の方と

矛盾が深まりました。

スポーツクラブには、体組成計という機械があり、筋肉や脂肪の量を計ることができます。

そして、年齢を重ねるほど、筋力が落ちるので、

筋力が落ちないように筋肉を鍛える

というのが当たり前でした。

それなのに、

高齢者の方で、明らかに筋肉の量が少ないのに、どこも痛みがない方。それとは逆に筋肉の量はあるのに腰や膝、肩を痛められている方。

体重は重いのに、痛みがない方。
体重は軽いのに、膝が痛い方。

など、私の学んできた事では説明がつきませんでした。

そして、ある時、

「筋力に頼らない脱力を用いた身体の使い方」

というのを実践している方のブログ記事に出会いました。

YouTube動画もアップされていて、

不思議な映像が流れていました。

合気道のように、軽そうに動いているのに、大きな男の人が投げられ動かされているんです。

正直、脱力というものを信用していなかった私は、疑わしく思いながらも、記事内容や動画を見ていく内に、

そこに惹かれていました。

その方も自身にヘルニアがあり、それを克服したとプロフィールに書いてありました。

身体の事について完全に行き詰まっていた私は、

その講座の募集が始まった事を機に、脱力について学ぶ事を決めました。

それが、

「和身塾」

との出会いでした。

和身塾の内容は、

私が今まで学んできた事と真逆と言っていいほど、違う内容でした。

「お腹の力を抜く事」
「脚に力を入れない事」

など、力を出さないといけないはずなのに、

力を抜くんです。

戸惑いながらも、その方法を信じることを決め、

実践していきました。

そこから驚くほど私の身体は変化しました。

あれほど悩んでいた腰痛や膝痛は改善し、

柔軟性や、身体のキレなど、昔の自分では考えられないような動きができるようになりました。







運動音痴だった私が、このような動きが出来るようになったのも、この身体原理のお陰です。

そして、一人でも多くの方にこの身体原理を知っていただき、

身体の可能性に気づいていただきたいと思っています。

・過去の怪我が強くて思いきり身体を動かすことが不安
・身体を痛めていることでパフォーマンスが制限されている
・体力や筋力の衰えを感じている
・もっと軽くしなやかに身体を動かしたい
・いつまで鍛え続ければいいのか不安

をお悩みの方に、を持たれている方に是非、体感していただきたいと思います。

一緒に可能性を開いていきましょう!