プロフィール

ニックネーム
早川忠孝
お住まいの地域
埼玉県
職業
自営業
職業詳細
弁護士
出没地
埼玉県朝霞市・新座市・和光市・志木市、永田町周辺etc・・・
出身校
東京大学法学部
ホームページのURL
http://www.hayakawa-chuko.com/

自己紹介

<コンピュータ付きブルドーザーと呼ばれたこともありますstrong>【プロフィール】
平成21年7月21日まで衆議院議員を務めておりましたが、本職は弁護士です。

弱い人を苛めているのを見たり、権力を振り回しているのを見ると黙っていられないところを持っております。
血が騒ぐ、というか、喧嘩っ早いというか、いかにも弁護士向きの性格の持ち主です。

子どもの頃は、記念の子と呼ばれたことがあります。
昭和20年9月終戦直後に生を受けました。
大学を卒業したのは、昭和44年6月です。
なぜ6月?
大学紛争で卒業が延びたのです。
東大の歴史で始めてのことでした。

歴史の転換点を自らの肌で体験してきている、そう、私は思っています。
小選挙区制度が実施された最初の衆議院選挙に自民党の公認で立候補し、落選しました。
衆議院選挙3度目で始めて当選しましたが、当選直前の参議院選挙に無所属で挑戦しておりますので、よく3度目の衆議院選挙で自民党の公認が下りたものだ、と不思議に思っております。

日常の業務に追われ、殆ど弁護士会の会務に参加しない一般の弁護士とはひと味もふた味も違った弁護士生活を送ってきました。
関東弁護士会連合会人権擁護委員長や東京弁護士会副会長を務めた私が自民党の国会議員になれた、というのも不思議なことです。

平成21年8月の衆議院選挙で落選しました。
落選経験4回目です。
選挙を通じて革命が起きた。
そう痛感しました。
次の衆議院選挙には立候補しないことを表明しました。
しかし、日本をより良くしたい。より安定した社会にしたい。若い人たちが夢と希望を育てることが出来る活力溢れた国にしたい、という思いは変わりません。

これからも、そこまで言うか、というようなブログを書き残したいと思っております。
差障りがありそうなことは割愛したり、婉曲的な表現に変えたりしていますが、出来るだけ正確に事実を書き残したいと思っております。
興味がありましたら、どうぞブログの読者になってください。
お願いします。

現在の役職

国士舘大学大学院非常勤講師
一般財団法人救護救急財団理事・会長
救急救命士制度研究会会長
鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト代表
ビヨンドXフォーラム寺子屋ー挑戦者たちの集いー主宰
動態的憲法研究会主宰     

マイプロフィール

定番

趣味
仕事
長所
努力家
短所
努力家であることによる限界
ちょっと自慢できること
ブログの更新記録。面壁3年に匹敵する駅頭日数。
まず家に帰ってすることはなに?
ブログのコメントの確認
口癖は?
為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
ブログの更新頻度は?
1日3回を目安にしています。
ブログに何書いてる?
主に政治に関する話題、日常の気付きなど
座右の銘は?
為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

好き嫌い

その他

早川忠孝の書籍


【早川忠孝の最新書籍】

①選挙の神様  2012年11月発行
著者 :早川忠孝

②震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡』 2012年8月発行
著者 :早川忠孝&ビヨンドXプロジェクト

その他の書籍

①時代に合った新しい憲法を創る

②「早川忠孝の先読みライブラリー」第1巻から第6巻
第1巻 ねじれの始まり2007年参議院選
第2巻 福田内閣、支持率低迷の裏側で
第3巻 麻生内閣と経済危機の時代
第4巻 政権交代とは何だったのか
第5巻 「迷走・鳩山政権」は何を残したか
第6巻 菅内閣、迷走の時代

③先読みライブラリー別巻1から4
別巻1 小沢一郎氏に議員辞職を問う
別巻2 さらば菅内閣、災厄の時代ー3・11大震災以後
別巻3 小沢裁判を読み解く
別巻4 選挙の神様

④『天女との語らい』シリーズ1~4

電子書籍
①時を刻む
②選挙の神様

アメンバー

プレゼント

→ もっと見る