プロフィール

ニックネーム
美ハッピーライフコンサルタント★GENESIS★橋本律子

自己紹介

【GENESIS MENU】

人事研修

●新人研修
●コミュニケーション研修
●インストラクション研修(講師を目指す方には必須です)
●トラブル応対研修
●電話応対研修
等、企業様のニーズに合わせてON DEMANDでテキストを作成します。

退職後の現在もANA接遇アドバイザーを任命されています。

■メイクアップ基本講座(スキンケア中心)
■メイクアップアドバンス講座
■カラー分析
■アロマテラピー基本講座
■アロマテラピー実践講座
□エイジング美容講座
□エイジングメンタル講座
□美しい日本語講座
□一般マナー講座
□マナープロトコール講座(国際マナー)
□イメージコンサルタント(マナー・骨格診断・カラー分析・メイク)
等、研修とご相談を承っています。

そのほか、オトナの恋愛相談のアドバイスも承っています。


□マークについては、プロ養成コースとして、修了後GENESISからディプロマを発行することも可能です。


体験入学・個別カウンセリングはお気軽にお問い合わせ下さい。

【料金】

人事研修
1~3時間(30人以内) 52500円
4~7時間(30人以内)105000円

都内打ち合わせ1回を含みます(都外の場合は別途交通費を頂戴します)
都外での研修の際は、往復の交通費を別途頂戴致します。
宿泊を伴う研修の場合は、宿泊費のご負担をお願いしております。

お時間・人数・ご予算に応じます。ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

個別研修
お一人様 10500円~

☎ 090-8490-3464
genesis.consult.japan@gmail.com
 
お気軽にお問い合わせ下さい。


クライアントサービス
●恋愛 ●夫婦関係・離婚 ●友人関係 ●結婚・婚活 ●性の悩み
●仕事・キャリア ●家族・人間関係 ●育児・子育て ●おしゃべり

200円/分 (例 1時間=12000円)


【資格】
イメージコンサルタント
メンタルコンサルタント
マナープロトコール
アロマセラピスト
ビューティアドバイザー
エステティシャン
リンパドレナージュ




マナーはコミュニケーションの為に必要なツールです。
コミュニケーションに必要なのはホスピタリティです。
形のマナー、心のホスピタリティが揃ってこそ、
真の接遇といえるのです。

現在は、美とは、外見で決まるものではありません。内面の充実感があってこそ、体と心の健康があってこそ、美しさが際立ってくるものだと信じ、美は、心の健康と美しさを提唱。
年齢を重ねるからこそ美しい。
成熟した内面と外見でその価値を判断されるような思想をもった女性が増え、それによって、女性が年齢を重ねることに自信を持ち、それを称える男性が増えることを応援していきたいと思って活動しています。


私は20代や30代の時よりも、色々経験した、40代の今の自分が一番好きラブラブ夢も持てる自分が好きラブラブ
そして、サポートしてくれる人との出会いが増えて、共感しあえる人が増えて、ハッピーです

神様から授かった二人の天使が宝物です。



【GENESIS】
~外見の美しさは内面から磨かれる~
これをテーマに、人間の真の美しさや健やかさを追求し、お伝えする仕事をしたいと思います。
GENESISとは《新しいことの始まり》を意味しています。
研修・講座を通し、様々な気付きを得て、心身共に新しい人生を歩めるお手伝いをしたいと思います。

マイプロフィール

定番

趣味
観葉植物・盆栽
短所
のんびり
ちょっと自慢できること
ちょっとじゃなくて・・・息子たち
まず家に帰ってすることはなに?
時計をはずす
ブログの更新頻度は?
ほぼ毎日・・・かな。
何フェチ?
お尻・・・
集めてるものは?

好き嫌い

好きな食べ物は?
パパイヤ・マンゴー以外のフルーツ
嫌いな食べ物は?
チーズや牛乳などの乳製品・もつ等の肝系
好きなスポーツは?
テニス
好きな男性タレントは?
加山雄三
好きなアーティストは?
さだまさし
好きな雑誌は?
美STORY

その他

MY STORY



こんにちは、55万人グランドホステスの橋本です。


ご訪問ありがとうございます。


ホステスと聞くと夜のお店のイメージが強いでしょうか。


ホステスといっても銀座のクラブで働くようなホステスではありません。


では、グランドホステスとはいったいなんでしょうか。


そこにはグランドホステスの夢を抱いた少女がいました。


ここで私のプロフィールをご覧ください。


それは、中学からの夢でした。


母子家庭で育った私は、バブルの時代にも関わらず、遊ぶこともせず、


母からの仕送りと、バイトと奨学金で短大を出て、その夢を勝ち取ったのです。


そうグランドホステスになる最初の切符を手にしました。






短大卒業後、全日本空輸株式会社に入社。


母子家庭で育った私は、バブルの時代にも関わらず、遊ぶお金も無く、

母からの仕送りと、バイトと奨学金で短大を出ました。


(「偶然の出会い」)


ANAに入ろうと決めたのは、中学の時でした。

初めて乗った飛行機がANAで、カウンターで働く女性のスタッフが

とても颯爽として、格好よく見え、


「私もこの人と同じになりたい!グランドホステスさんになりたい!」


幼いながら、そう決意しました。

それが、私の生涯の夢になりました。



(未熟だった頃のエピソード)

夢いっぱいで入った会社。


入社した当時の私は、頑張っても、何度

先輩に呼び出されだことかしれません。


電話に出るのが遅い、仕事が遅い、

仕事をもっと正確に・・・できの悪い新人だったんでしょう、

何度も別室に呼ばれました。


(私の未熟さ)

そんな私も、5年目位に、チーフとして

マネージメントを経験することになりました。


班員は10名程度。


自分よりも一回り以上年のはなれた総合職の方から、

入って来て間もない、年の離れたパイロット訓練生を

担当することになりました。


この子達をどう育てていくか、まとめていくか、

毎日が悩みでした。


マネジメントの本も読み漁りました。


既に一児の母だった私は、この子達の母として、

一緒に育っていこうと思うのが精一杯でした。



当時はすごく悩む時間も大きかったのですが

今思い出して考えると、幅広い年代の人と接して

コミュニケーションするのは、とても貴重な体験、

経験となって今の私の基礎を築いたとも言えます。


(初めての未知への挑戦)

そして、入社して10年もたった頃、

チーフマネジメント職での実績を認められたのか

VIP・多頻度顧客の応対のコンシェルジュに選ばれました。


(1つめの成功体験)

専用カウンターでの出迎え、ご挨拶、

また、ラウンジでは、できうる限り一人一人にご挨拶し、

何気ない会話から、様々な情報をとり、

さらにお寛ぎいただくように徹底していました。


私は接客の中で大切にしていることがあります。


「お客様の情報を把握し、お客様が

 常に安心してフライトを楽しんでいただくこと」


この点に非常に気をつけていました。


お客様にはさまざまな方がいらっしゃいます。


私の声を聴くと安心するんだと話が長くなる方は、

途中で同僚に、私の携帯を鳴らしてもらうように

お願いしました。


いつも欧米圏に行かれる方がアジアに行かれる際は

部署や会社が変わられたのか、情報を仕入れたりしました。


また、クレームになりやすい方には、

話し方にも十分に気を配り、より丁寧な

対応をするように心がけました。


むしろ、クレーム旅客で有名な方が搭乗する際には、

わざと、こちらから話しかけたりしたものです。


「こんにちは。いつもご搭乗有難うございます。

 今日はお早いチェックインでしたね。

 ご挨拶が遅くなりまして申し訳ございません」



私は、直接お客様と話せる

この仕事が大好きでした。


クレーム応対も


「この方は好きだからこそ言って下さっている」


と思えば、嫌でもありませんでした。


こうして、1日頑張って100人にお声掛けすると、

23年半勤務いたしましたので、少なく見積もっても

55万人の方とお話しさせていただき、


私は、多くのお客様のタイプとその対応法を

見につけることができるようになっていったのです。


アナウンスも好きでした。


私がアナウンスをすると何百人がこちらを向き、

耳を傾けて下さる。私を見てくださる。


平常時のアナウンスをする時は、笑顔も大切です。


(2つめの成功)

そんな私が、ある日、本部付けの

接遇インストラクターに任命されました。


いわゆる、インストラクターのインストラクターで、

ANAの品質を支える人的な部分と言えます。


緊張はありましたが、私は本当に嬉しかったです。


私はこの瞬間、グランドホステスになったと確信しました。


人に伝えること(教えること)は、

事業所内の中では誰にもまけないし

向いていると思っていましたし、


接遇(マナー)については、

特に思い入れが強かったからです。


できの良い生徒ばかりではありません。


もしかしたら、入社当時の私みたいな

子だったかもしれません。


でも、その生徒もANAの品質を支える大切な一人。


ANAを好きな大切な一人。


この生徒を私のように

本物のグランドホステスにすることが

私の使命。


私と同じように、各事業所で、スタッフ達の

「憧れ」となってほしかったのです。


ですから、我が子に接するのと同じように、

いや、それ以上に手をかけ、目をかけ、

一人前にしていきました。


私は歩く姿も、座る姿も、完璧な姿を見せました。

トイレに行く姿も見せなかった(違う階に行く)ほどです。


そこで、私は


「伝説のインストラクター」


という呼び名が付けられていました。


ただ、着替え室に戻ると

一気に緊張がほどけてオッサンに戻るのも

仲間内ではギャップが有名でした・・・(笑)


私が伝えること(教えること)に必死になったのは、

本当にグランドホステスが好きだったからです。


ANAが好きだったからです。


この仕事が、この会社が、永遠に輝いていてほしい。


その為には、私達グランドホステスが、

先輩が、伝えていかなければならないからです。


そんな理由から、私は「伝える」「教える」ことが

天職だと思えるようになったのです。


伝えることは本当に大きなエネルギーが必要になります。


人に理解してもらうことは簡単なことではありません。

でも、ANAで、あの時、後輩たちに強い希望を持って


夢を託して伝えたことを考えると、

今は難しいことではないと思えるのです。


(次のステップに移る前の出来事)

あるとき、上司から管理職にならないかと言われ、

考えました。


管理職になれば、大好きなお客様と話すことができなくなる。

そればかりを考え、ずいぶん悩んでは上司に断りを入れました。


しかし、上司は

「君が管理職にならないと後輩に影響がでるんだよ」と言われ、

これが、私の転機かもしれないと思ったのです。


(直近の状況〜現在まで)

そして、私はこう思いました。


後輩に伝えることも、全て伝えてきた。

自分でやるべきこともやりきった。


そう思い、23年半のANAでのグランドホステスの道に

ピリオドを打つことにしました。


そして、今、フリーの講師として多くの企業様で

研修をさせていただいています。


同じように、その会社の目指す先に向かい、

新人達の夢を後押しし、企業様の戦力になっていったり、

様々な研修を通して、その企業の体力がついていくのが

本当に嬉しく思います。


接遇(マナー)は、難しいものだと思われがちですが、

私のレッスンはエンターテイメント。


On Demand〔オンデマンド〕で、対応していきます。


それは、私が55万人と話した経験から、

多くの応対をしてきて、それぞれのお客様に

お寛ぎいただいたり、笑顔にさせたり、

一緒に泣いたりしてきたからです。


たくさんのタイプにお客様と接し、その応対の仕方を学び

それが教えに生き、今につながるのです。


コーチとは、いつも真剣に学び続け、

”世界を善くする”ために行動しつづける人たち

だと、私は思っています。


コーチとは、常に”自ら決意”し

お互いに信じた道を、どんな困難があっても

突き進んでいく人たちだと私は信じています。


「私は、世界を善くするコーチだ。」


そう思える人なら

ぜひ今回公開したメソッドを

このブログで学んで下さい。


接遇(マナー)とは、難しいものではありませんが、

でも、人と人がコミュニケーションをとる上で必要な大切なもので、

いつも真剣に学び続け、行動するものだと、

私は思っています。


接遇(マナー)とは、常に“自らを律し”、

”内面の充実度があってこそ”外見に表れるものだと、

私は思っています。


「私は、内面が充実し、外見も磨かれた、大人の接遇(マナー)講師だ。」


そう思える人なら、

ぜひ今回公開したメソッドを

このブログで学んでください。


長文ストーリーでしたが、最後まで読んでいただき

ありがとうございました。






アメンバー

プレゼント

→ もっと見る