プロフィール

ニックネーム
発達障害の子が自分で苦手克服を目指すようになる家庭支援術

自己紹介

はじめまして、こんにちは。
私立小学校で教師をしている
山口謙介と申します。



最近、よく耳にする「発達障害」

このブログを読んでいるあなたも
聞いたことがあるかと思います。

脳科学の分野が大幅に
成長を遂げた今日、
さまざまな発達障害が
知れ渡るようになりました。

現在、学習障害(LD)や
注意欠陥多動性障害(ADHD)、
自閉症スペクトラムなどの
発達障害のある子どもは約6%。

1クラスに1~2人の割合
在籍すると言われています。

また、特別支援学級の在籍者は、
この10年で約2倍に増加しているという
統計もあります。

教師の立場から言わせていただいても、
大変な時代になりました。



当ブログを読んでいる方の中には、
この「発達障害」に関して
密接な関係をもっている人も
いらっしゃるかもしれません。


それだけ今の時代、
「発達障害」は常態化しつつある
ということです。


しかし、「発達障害」を持っていて
嬉しい人は誰一人としていない
と思います。


自分ではなくとも、身内にいても
それは非常に悩ましいものです。


特に、自分の子どもが
発達障害だったら、これほど
悩ましいことはありません。


「うちの子は、
周りと違う…。」

「成長が遅れている…。」

「先生から注意
されてばっかり…。」



なんとか周りと合わせようとしても、
子どもは思い通りに動いてくれず、
イライラしたり、
悩んだりする日々が
続いていることと思います。



「先生の話ちゃんと
 聞けているのかな?」

「友達関係は
 うまくいっているのかな?」

「将来ちゃんと一人で
 やっていけるのかな?」



たくさんの不安を抱えて
いらっしゃることでしょう。


当ブログは、そんな
発達障害をお子さまに
もつ保護者の方に
向けたものです。



しかし、ここで、おそらく、
「先生には、私の、私の子どもの
気持ちなんてわからないでしょ!?」

と、おっしゃる保護者の方が
数多くいらっしゃることでしょう。


確かに、私は日々子どもと
関わる仕事をしており、
子どもと共に過ごす時間は長いですが、
実際に我が子はおりません。


しかし、全くわからない
わけではありません。


何故なら、
私も発達障害の疑いを
かけられていたからです。



当時は、発達障害の診断がメジャーではなく、
診断を受けたりしませんでしたが、
受けていたら、間違いなく
私も発達障害の疑いをかけられていました。


私の場合は、
『ADHD(注意欠陥多動性障害)』です。


親の話では、私は、
家でも外でも絶えず動き回り、
違う意味で、
『留まることを知らない子ども』
だったそうです。


学校でも、
クラスで1番うるさかったらしく、
席でじっとしているなんて
できなかったそうです。

(もちろん、字もめちゃくちゃ汚かったそうです笑)


外食へ行っても、
注文した料理を待つことができず、
テーブルの下へ入りこんだり、
店内を徘徊したりしたそうです。


ちなみに、保育所では、
みんながお歌を歌う時、
ひとりだけレゴなどの
ブロックで遊んでいたそうです(汗)

他にもまだまだあるのですが、
話を聞いていると、子ども時代の私は、
本当に手のかかる子だったようで、
「苦労をかけたなぁ」と、心から思います。


今だからこそ親の苦労を
想像することができます。


(学童期の頃の記憶は、
大して残っていないので、
正直『辛かった』などの
感情はありませんが汗)



しかし、教師になり、教育現場に入り、
実際に、発達障害を持つ子どもと関わることで、
見えてきたものがあります。



それは、
「学校教育だけでは
発達障害には対応できない。
家庭の力が必要不可欠だ。」
ということです。

また、
「発達障害は、家庭での養育の問題から
引き起こされるのではない。
辛いのは、保護者も同じなんだ。」


こう思うようにもなりました。



しかし、少し考えてみてください。


ここでの「辛い」は
何を以て辛いのでしょうか?


周りの子どもと違うから
辛いのでしょうか?


我が子が普通ではないから
辛いのでしょうか?


では、何を以て
『普通』というのでしょうか?





発達障害の世界では有名な話ですが、
ハリウッドスターの
トム・クルーズさんは、
「読む」ことが困難な学習障害(LD)でした


映画監督の
スティーブン・スピルバーグ氏
小学生の時、読み書きのレベルに
2年の遅れがある「ディスレクシア」
と呼ばれる障害を持っていました。

さらには、世紀の大発見をした
物理学者アインシュタインでさえも
話す速さが遅く、
失語症・失読症だったと
言われています。

日本人の例で言うと、黒柳徹子さん
学習障害(LD)ということで有名です。



外の世界、大人の世界では、
『普通ではない』ことが
大きな武器になります。



しかし、子どもの世界では、
『普通』や『周囲との同調』が
求められます。


もちろん、
「うちの子は、将来トム・クルーズのように
なるんだから、普通じゃなくていい!!」
なんて開き直るような態度はいけません。


しかし、子どもの将来を見据えた
保護者の理解ある対応は
とても重要なものです。


理解ある対応が子どもの
発達障害を目立たなくし、
それを長所として活かせるかも
しれなのです。



保護者の方々には、
この「理解ある対応」
というものをきちんと理解して
いただきたいです。



おそらく発達障害をお子さんにもたれる
保護者の方々は、多かれ少なかれ
子どもとの関係にストレスを
感じている
ことと思います。


自分の思い通りに
子どもが動いてくれなくて
不本意にも声を荒げてしまったり、
怒ってしまうことがあったと思います。



私自身も保護者の立場ではなく、
教師の立場から、
そのような行動を
とってしまったことがあります。


声には出さなくとも、

「なんで出来ないんだ!?」

「何度も言っているだろう!!」

「いい加減にしてくれ…。」


そのように思ってしまうことが
数多くありました。


やがて、そのような感情が表面化し、
イライラした表情をしたり、
呆れた言葉遣いをしたり、
疲れた態度をとったり………。


今思えば、教師として、大人として
最低な行動をとっていたと思います。


これら行為は、
教壇に立つ者として、
非常に恥ずべき行為であり、
当時の自分に心から憤りを感じます。


それと同時に、
当時指導していた子どもたちには、
本当に申し訳ないとも
思っています。


思い返せば、自分が無知であるが故に
とった行動なのだと思います。



しかし、知らないからといって、
子どもを傷つけて
いいわけではありません。


発達障害を持つ子どもには、
こちらがどれだけ
怒っても、呆れても、
それ以上のことは伝わりません。



彼らは、「僕のせいで
また嫌な思いをさせてしまった」
と感じますが、


だからと言って、
彼らには解決方法はわからないのです。


自分で解決方法を見つけることが
簡単にできないのです。


世間一般で言う
「周りの状況に合わせて対処する」
ということが彼らには
とても難しいことなのです。



教師を始めて数年、
やっとそのことに気付くことができました。


今思えば、数年で気付くことができて
良かったのかもしれません。


もし、もっと気付くのが遅れていれば
私はもっと多くの子どもの心に
深い傷を負わせていた
かもしれないからです。



当時指導していた子どもたちとは、
今はもう普通に接することができています。


もちろん、彼らも成長して、
発達障害の部分が目立たなくなった
ということもあります。


しかし、一番大きな要因は、
こちらが彼らを理解することができた

ということです。



子どもたちは、良くも悪くも
感受性が強い生き物です。


状況に応じて対応することは
難しくても、
人の熱意は伝わります。


こちらが相手を理解しようとすれば、
子どもたちは、無意識的に
こちらを向いてくれます。



本気でアプローチすれば、
子どもたちも、彼らなりの本気で
向き合ってくれます。



お子様の発達障害のことで
悩んでおられる保護者の方々。


子どもとの関係性が悪化している
又は、悪化する兆しが感じられるなら、
今すぐ行動してください。



ここでの行動とは、
子どもを理解し、
正しい接し方、言葉のかけ方を
実践していくということです。


保護者の方々が悩んでおられたことは、
充分にわかります。


悩むということは、お子さんに対して
それほど真剣に向き合ってこようとした
意志の表れです。



あとは、それを正しい方向に
向けて力を注ぐだけです。



正しい知識を
身に付ければ、
結果は自ずと
ついてきます。




このブログでは、
発達障害によって困り感を
示す子どもに焦点を当て、


どうすれば、子どもが他の子と同じように
過ごすことができるのかを考えていきます。


そして、子どもの実態を捉えることで、
お父さん、お母さんの心的負担を
軽減できたらと思っています。



発達障害について考える上で大切なことは、
「発達障害」=「できない」
ではないのということです。



発達障害に関する正しい知識を身に付け、
適切な対応をすれば、お子さまの力は
グッと高まります。


是非、このブログを読んで、
お子様との日々の生活に
お役立ていただけたらと思います。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

マイプロフィール

定番

趣味
体を動かすことなら、何でも好きです。
長所
楽観的
短所
楽観的(笑)
平均睡眠時間は?
だいたい6時間くらいかな。
ブログの更新頻度は?
3日に1度は更新したいです。
ブログに何書いてる?
子どもたちの能力向上のための、保護者ができる支援の在り方
座右の銘は?
やれば、なんでもできるわけではないが、やらなければ、できない

好き嫌い

好きな食べ物は?
果物全般
嫌いな食べ物は?
苦いもの全般
好きなスポーツは?
だいたいなんでも好き
好きなマンガは?
宇宙兄弟

その他

発達障害とは

「発達障害がい」の代表的な例
・自閉症
(社会性△、コミュニケーション△、行動の偏り)

・アスペルガー症候群
(コミュニケーションが上手く取れず、
 いわゆる『空気の読めない』と言われるもの。)

・学習障害
(LD:読み、書き、計算のいずれか or 複数が困難。)

・注意欠陥多動性障害
(ADHD:不注意と多動・衝動性がある。)


発達障害は、これらの症状が通常低年齢において発現します。



ここで間違えて欲しくないことは、
「発達障害は治療すれば治る」
というものではない
ということです。

しかし、だからと言って、
我が子の人生は「お先真っ暗」
というわけでもありません。




保護者が、発達障害に関する正しい知識を身に付け、
適切な行動・対応をとることで、
子どもの能力は見違えるほど変わってきます。

また、保護者様の肉体的・精神的負担も大きく軽減されます。



大切なのは、発達障害を「どう捉えるか」です。



当ブログでは、発達障害に関する捉え方を中心に、
家庭での、お子さんに対する接し方や言葉のかけ方、
また、どのようにすれば、お子さんの問題行動が
解決できるのかをご紹介していきます。

当ブログが、皆様のお役立ちになれば、と思います。

アメンバー