自己紹介

テクノファンダメンタル投資を実践する個人投資家。

1984年、慶応義塾大学商学部卒業。金融会社にて、海外ファイナンス等を担当する。その後、米国系大手証券会社へ転職。以降、約10年外資系証券にて勤務の後、2004年10月からお金と時間に拘束されない投資を中心とする生活を開始する。

社会人になってから株式投資をはじめ、投資歴は25年以上。ニコラス・ダーバス氏やウィリアム・オニール氏の投資手法を参考に日本株や米国株の成長株投資を始めて、株式投資と不動産投資にて資産を形成する。

不動産投資は1980年代のバブルの頃から不動産投資を経験する。1997年以降、再び不動産投資を再開し、現在は約5千万円の賃料収入を得る。

FXや外国株の投資に関しても10年近い経験のもと、現在、手間のかからない投資手法を実践中。主な投資手法は、以下。

1. ・成長株投資: 日本株、中国株 & 米国株
2. ・不動産投資: 一棟ものマンションや店舗不動産 ニュージーランド不動産
3. ・FX: オセアニア通貨を主とした長期のスワップFX投資法

テクノファンダメンタル投資はこちらから

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

ふりーパパのプロフィール

ふりーパパの投資法はこちらから無料で学べます
http://freepapa.enjyuku.tv/7days/

こんにちは、ふりーパパ です。

私の投資手法は、儲けやすいときに儲けるという方法かもしれません。
市場環境がいいときには、大きく資産を増やすことが可能です。

2007年以降のベア相場では、
私は平日に週3、4回くらいゴルフをしていました。

2008年には年間200ラウンドを超えてました。
300万円以上ゴルフに使ったことになります。

しかしながら、株式投資で損をすると考えれば、
この300万円というコストなんて安いものです。

ゴルフをやっていて、株式投資はお休みしていたので、
2008年10月に起こったリーマンショックも、冷静に見ていられました。

どうしてかといえば、自分の投資手法は、
儲かるときにしか儲からないのです。

市場がブルでもベアでも儲けるのが本当の投資家ではないか?
なんて声も聞こえてきそうです。


フォローの風が吹いていない時には
待っていればいいのです。

去年の今頃、
春がきますよということをブログに書きました。
今、想定した通りの春が来ています。

途中で、円高ブリザード(猛吹雪)で、冬に戻ったこともありましたが、
確実に、春の息吹を感じています。


さて、去年(2010年)、私が発掘した鬼怒川ゴムは、
新社長が就任して、
コストの見直しや人員の配置転換と
新たな設備投資などを積極的に行いました。


その結果、景気回復の波にも乗って、
これまで、なかなか10億円以上の
経常利益を出せていなかった企業が、

今期は80億円の経常利益を見込んでいます。
会社は様変わりしているのです。

従業員も優秀な経営者に引っ張られて、
ボーナスも大きく増えて、幸せなことでしょう。

この会社の株は、
2010年は、100円台の株でしたが、
2011年2月の株価は、500円を超える水準にあります。

市場での企業の評価が大きく変わったのです。

このような銘柄を簡単に発掘できるのが、私の投資法です。

もちろん、このような
市場の評価が大きく変わるような銘柄の特徴を知り、
かつ、売買で利益を出す投資法が重要です。

ふりーパパ投資塾では、このようなお話をしています。

実際に、受講生が発掘した大同メタル工業は、
約4か月で、株価は倍になりました。

このような結果が簡単に出せる
日本にも成功した投資手法がある
ということを伝えられればと思います。

ふりーパパの投資法はこちらから無料で学べます
http://freepapa.enjyuku.tv/7days/

アメンバー