プロフィール

ニックネーム
ネ・コイズミ@仙台。東北
出身地
宮城県

自己紹介

大葉由佳(nekoizumi)=フリーアナウンサー・コメディエンヌ・声の芸人。ホホハハハと声を出す「笑いの体操(笑いヨガ)」の先生でもある。≪ラジオ・講演・笑いヨガ体験会≫etc...。毎週日曜日、朝5時から放送のラジオ番組(エフエム仙台=デイトエフエム)担当。笑い&深呼吸をメインテーマに、ねこいずみちゃん。という愛称で親しまれている。
「100歳の喜劇女優」を目指し、メンタル&からだを鍛えている。食への思いが深く、農家からの産直で新鮮ばかうま料理の研究家でもある。出演作品は、映画「いしゃ先生」「殿、利息でござる」他。ネ・コイズミ(ねこいずみ)は、笑いの活動・芸能活動をするときの名前。1962年宮城県白石市生まれ。仙台在住。



ネ.コイズミ=大葉由佳プロフィール /声の芸人、声と笑いの体操(笑いヨガ=ラフターヨガ)の講師/フリーアナウンサー /コメディエンヌ。

1984年東北学院大学を卒業後、NHK仙台局でニュース番組やドラマに出演。シリアスからコメディまで幅広い表現力を身に着けた。企画・取材・インタビュア・ナレーター・司会等テレビ・ラジオで多数経験。
朗読会や、笑いヨガを取り入れたボイストレーニング会も自ら企画。

【ラジオ】現在民放のラジオ番組(エフエム仙台=デイトエフエム=JFN系列、インターネットradikoでも聴ける)で「one for wind~日曜日の朝の深呼吸」に出演。美(うづぐす~い)標準語とネイティブな東北訛りと美(うづぐす~い)標準語をサンドして、様々な声色を駆使し、コント&トーク&声芸&歌芸&笑いの体操(笑いヨガ=ラフターヨガ)を毎週紹介。監督(ディレクター)でもある。このラジオ番組では、多彩な声の表現で、多くの聴衆が楽しみ、癒されている。毎週日曜あさ5:00~5:50放送中。【番組ホームページはこちら


【講演:タイトル例
①「わっはっは!でストレス発散~こころの健康づくり」
②「こころの柔軟体操~ストレスに強くなる生き方」
③「声と笑と食から始める~メンタルヘルス」
④「ノドを鍛える~楽しいボイストレーニング」
⑤「わらべうたと 笑いの体操」
など。
笑いヨガの実演をまじえた楽しくためになる講演会。小柄ながらパワフル かつ繊細で、会場をあたたかい雰囲気でつつみこむ。①が一番人気。


【お笑い】
東北訛りと標準語を自在にあやつり、2002年から「お笑いライブ」にも挑戦。ラジオでのコントは現在も継続中。
声の芸人「ネ・コイズミ」としてお笑いライブでは、「ニューすキャスターのネ・コイズミさん」が突如、ズーズー弁のおばちゃんキャラにetc...。東北訛りを生かした喜劇女優として、ちっちゃくてキュートな超コミカル系ばっぱを目指し、修行中。見た目年齢はマイナス10歳と よく言われる。
【俳優・監督】
笑いの古典芸能「狂言」やシナリオ作家講座(青山シナリオセンター),映画監督直伝のシネマスクールなどでドラマ制作や演技の基礎を学ぶ。

【農家や食べ物の取材に熱中】
NHK仙台局(テレビ)「旬を満喫」、デイトエフエム(ラジオ)「田園の風パストラルブリーズ」)等に約10年にわたり、レギュラー出演してきた。この他、全国放送のNHKラジオ・公開生放送「鎌田實(かまたみのる) いのちの対話」「今日も元気でわくわくラジオ」のリポーターとして、宮城の話題を全国に紹介(2008年頃まで)。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【ネ・コイズミ(大葉由佳)への 司会、トーク&笑いの体操&ドラマの出演依頼・講師依頼・出前講座のお問い合わせ先】
(電話)090-5595-4182
(メール) egaomusubi888omusubi@yahoo.co.jp

:えがおむすびproject(窓口:安寺)

●声のサンプル●●●
【動画①(まじめ編)世界遺産中尊寺ナレーションこちら
【動画②(声芸・ものまね編)こちら
【動画③(おばちゃん役=アニメ吹き替え)こちら
【人柄がわかるインタビュー動画】こちら


【これまでの「笑いの講座」例はこちら
 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●
声芸&ものまね芸(ニワトリ、カラス、犬、電話のベル、玄関のチャイム等の生活音、トトロのおばあちゃん、タラちゃん、仲間由紀恵、黒柳徹子、宮本信子(夏ばっぱ)、
大方緋沙子(鈴木のばっぱ)、奈良岡朋子(敬称略)●●●●●●
<詳細をもうちょびっと>
コミカル系アーチスツ「はとばす!」のネ・コイズミとして、相方の「こたかことたかこおざわ」とともに2002年~地元仙台のお笑いライブ「旬者(しゅんもの)」で活動開始。猫泉キョウコ(=ネ・コイズミキョウコ)は舞台の役名であった。これが気に入って芸名に。


司会者としては、硬派な式典、学術会議、シンポジウム。音楽祭では、定禅寺ストリートジャズフェスティバル前夜祭・フィナーレ、とっておきの音楽祭etc。映像・CMのナレーションでは、「ドクターサーチ」(全国展開)、世界遺産「中尊寺」(公式動画、YOUTUBE)しっとりしたナレーション等。かと思うと「セルバ!ザ・バーゲン!」のハイテンションラテン系のCMソングも。ノドをコロッコロまわす歌芸もラジオとライブでちょいちょい披露。役どころによって全く別人になりきる。一瞬にしてキャラを変化させる。


HISTORY♪そもそも、NHK教育テレビ「YOU」(全国放送,NHK仙台局制作「彼と彼女のABC」85年)で、当時司会をしていた三田寛子さんのものまねでデビュー。ジモト東北学院大学を卒業した6月のことだった。バブル期にもかかわらず、フリー。というかプーだった(根拠のない自信だけはあった)。

同年秋スタートしたNHK総合テレビの報道系番組「ウイークエンド東北」初代レギュラーとなる。「YOU」担当の*ディレクター陣&スタッフの絶大な応援のおかげで、タレント契約で報道番組所属となる。(ものまね芸は固く封印せよ、とのアドバイスのもと報道のオーディションに臨んだのだった。そしてそれは成功といえば成功であった。朝ドラ「花子とアン」のチーフプロデューサー加賀田透氏=当時仙台でピカピカの新人!も、応援していただいたPDのひとり。感謝です感謝です)


ニュース記者と報道系ディレクター陣にかこまれる中、むくむく社会派に目覚める。報道4年めには、『奥新川のサルの群れVSしいたけ農家』等を取材。NHKFMラジオ「夕べのひととき」のパーソナリティ等も担当。音楽番組だけどサルやしいたけの話もする、ってな感じで。

一方、不安定なフリー契約でもあり、ギャラは衣装代と本と交際費に消えていくばかり。実家に「居候状態?」。で、母とはケンカが絶えなかった。母は不機嫌さを武器にして周囲を威圧し生きているようなところがあった(享年69)。母は呼吸が浅く、ちょっとしたことで激しく怒る。母を反面教師にして生きてきた面もある。少しでも母を笑わせるためにモノマネ芸を弟としていた面もあった。健気だったなぁ。(今の活動は、このような環境に育ってきたことも大きい。)父は萩本欽一さん似でコミカルで優しく柔軟な人。でも、実家を出たい、でも好きな事で稼げるようになりたい。でも、不安定な収入。そのせめぎ合い。安定安心の人生とは程遠く。。。その実、結婚願望も強く、(強すぎたために)意中の人に逃げられ、手痛い失恋をいくつも繰り返し、願望と現実のギャップに笑えない日々が続いた。。。今でいう婚活もしました。お見合いも。お見合いは成就しなかったけど、わりと身近な(業界人ではない)人と28歳で結婚、二児を出産。なんと、母が子育て支援、仕事を後方支援してくれた。ぶつかることも多かったが、上手に「たてる」ことも会得していった私。「ありがとう」「ありがとうございます」うまくいくコツは低姿勢&感謝の意を表現すること♡自分が100倍大人になる!と心の中で決意したこと♡

子育て中心、ラジオのみのレギュラーを経て、10年ぶりにオーディションを受けTVに復帰(99年)。それがNHKニュース番組「ほっとみやぎ600」。番組内シリーズ「旬を満喫」「食と女性たち」etc担当。取材先を探し、ロケハンティングも行い、リポート。ディレクター陣の応援で提案・構成・ロケ・編集・完プロ・スタジオ生出演へ。「報道系女子?」というイメージが色濃い時期だったかも。「おかざり的なアナウンサーは絶対NO!」という思いが強く、自らテーマを探し取材していく記者のような仕事が面白くて…かなり、なりきっていた。ほんと、なりきっていた。森林のフィールドワーク&農家漁家の台所にはずいぶんとお邪魔させていただき…、田んぼや畑を訪ね歩き、漁船にも何度も乗せていただいた。(レンコン畑や茶畑や…漁船はホッキ貝、あさり、海苔、ワカメ、牡蠣、サンマetc...)。このころは、「食の欲」が強すぎて「笑い」の要素は封印していた、というか本当に熱中していた。

とそんな中、プロデューサー大川高公氏(=当時NHK仙台勤務の制作デスク、のち「笑いが一番(東京)」のプロデューサー)から、ラジオドラマ(FMシアター/全国放送)のエキストラ的な役のお話をいただき、8本のドラマに出演、役名のついた役も次第にいただけるようになり…。制作現場にたびたび出入りしているうちにドラマ(演じること&シナリオ制作)に興味モリモリになっていく。

「あたしってもしかして女優でブレイク?」と妄想していた(汗)。
だが、しかし、2001年夏、大川氏に告げられたことは……。「大葉ちゃんは………はっきり言って…『お笑い』向いているんじゃないかな。……自分を…捨てられるから(捨てられるってことが、向いてるっていう意味なんだけどね)」………!!!!!(‘jjj’)衝撃を受ける。が、がしかし、戸惑いつつも次第にエンターテイナー魂が炸裂していくのであった。。。2002年6月30日,コタカとともに女芸人コンビ「はとばす!」として、お笑いライブ初舞台(仙台10box劇場,ワッキー貝山氏プロデュース)。ときに40歳。200人のお客さんの大爆笑のシャワーを浴び、完全に洗礼を受け、以来「笑」がなくてはならない体質となる。



というわけで「NHKFMシアター」(全国放送)をはじめTBC(東北放送)等のラジオドラマに出演。長編アニメ映画「ハードル」にも東北弁のおばちゃん役で登場。TBC&YBCラジオウォーク「愛のカブト女=直江兼続おっかけ歴女」役(’08.10)のコミカルな演技で喜劇女優っぷりを発揮。


HISTORY♪HISTORY♪。。学生時代からTBCラジオ「モーニングワイドおはよう」の7期アシスタントとしてラジオ制作にかかわる。就職活動は惨敗。不安定を覚悟しつつオーディションに挑み続け、なんとかかたちになっていく。NHKテレビ「ウイークエンド東北」アシスタント、NHKFM夕べのひとときDJ担当。結婚後は、ラジオのニュース番組(FM仙台「朝のニュースカプセル」を担当したり、ラジオエッセイのシナリオライター等をして、放送人の感覚をキープしていた。このころの取材テーマは「食・自然・くらし・子育て」「畑と台所をつなぐ」etc…そして、テレビとラジオで、主に宮城の 農家や漁師を訪ねる番組に約10年間出演。(NHKテレビ「旬を満喫」、デイトエフエム「田園の風パストラルブリーズ」)…生命力あふれる人と食べ物に出会うことが好きすぎて。仕事を超えたおつきあいの農家や漁業者も。NHKラジオ公開生放送(全国版)「特集 鎌田實 いのちの対話」(2007.4月と2011.8月)、同NHK「今日も元気でわくわくラジオ」(2003.4月~2008.3月)リポーターとして全国に宮城の話題を紹介。
ラジオ耳デイトエフエム(エフエム仙台)では、「パストラルブリーズ=田園の風」は10年間、「バジルズダイナー」は8年間、パーソナリティとして出演。同番組内でのコント『エコってるんるんるんば』以来ラジオでのコント歴は15年。2017年現在、日曜日の朝の番組内での企画コーナー『早起きコントンポラリー』で、さらにサクレツ!



●●●●●●●●●
大葉由佳=「ねこいずみ先生」(講師)としてトークライブ・講演会・研修会に呼んでいただいています。

【講演:タイトル例
①「わっはっは!でストレス発散~こころの健康づくり」
②「こころの柔軟体操~ストレスに強くなる生き方」
③「声と笑と食から始める~メンタルヘルス」
④「ノドを鍛える~楽しいボイストレーニング」
⑤「わらべうたと 笑いの体操」
など。
笑いヨガの実演をまじえた楽しくためになる講演会。小柄ながらパワフル かつ繊細で、会場をあたたかい雰囲気でつつみこむ。①が一番人気。

子育て支援施設、介護施設、接遇、企業でのストレスマネジメント、更年期を乗り切るワザ、リラックス深呼吸のワザ、あがらないコツ、表現力アップ等々。実演アリで行います。道具を一切使わない健康法・アイスブレーキング法に目からウロコですよ。

【これまでの「笑いの講座」例はこちら
 

【研修先はいろいろ】
介護予防・新人研修・表現・アート系の専門学校・大学・JA関係・管理者向け研修・子育て期のママたち等々を対象に。
スマイル&深呼吸~えがおむすび運動展開中!お気軽にご相談ください。
【大葉由佳=ねこいずみ先生への 講師依頼・出演依頼等のお問い合わせ】えがおむすびproject
(メール)egaomusubi888omusubi@yahoo.co.jp 
(電話)090-5595-4182(窓口:安寺)


NPO「いのちのことの葉プロジェクト」代表でもあり、
視聴率第一主義に翻弄されない、番組制作に取り組む。
スマイル&深呼吸えがおむすび運動(基金)の連絡先も同上。


 
農村の取材で あちこち 歩いてきました。








宮城県大崎市鳴子鬼首(おにこうべ)で「ゆきむすび」の収穫。映画のワンシーンのよう


えがおむすび*おむすび  おむすびのわ




笑の芸術「狂言」の修行をさせていただいていた頃(2008年、東京青山の能楽堂にて)↓こちらは生まれ故郷、宮城県白石の能楽堂。深呼吸するには最高の場所。



そしてそして...やっぱり深呼吸は...



仲間由紀恵のモノマネで笑いをいただいています(汗) 
仲間さん、すみません。。。
声も顔も七変化。↓↓こちらは、お米「ゆきむすび」のキャンペーンby大葉由佳。一瞬にしてキャラを演じ分けます。舞台は農村。宮城の鳴子鬼首(なるこおにこうべ)。。





マイプロフィール

定番

趣味
即興の踊り。(ラジオからのたまたまの音楽に合わせて)
ちょっと自慢できること
ネイティブな東北訛り&美(うづぐ)す~い標準語
最近ハマっているものは?
脚本研究。
座右の銘は?
深いことをおもしろく

好き嫌い

好きな食べ物は?
シゲ子さんのきんぴらごぼう。春江さんの味噌。切干大根。
嫌いな食べ物は?
脂っこいものとコーヒーの組み合わせはNG(ちなみに緑茶好き)
好きなスポーツは?
中学校時代に剣道。 笑(ラフターヨガ=ちなみ指導者です)
好きな女性タレントは?
女芸人さんのほとんど
好きな映画は?
ナヴィの恋
好きな曲は?
ボサノバ・サンバ・ジャズ・沖縄…。
好きなブランドは?
ツモリチサト、&2005年頃のbittoko zukkoi
好きな動物は?
ベゴ
好きな休日の過ごし方は?
絵を描く。テキトーに踊る。
好きな色は?
ビタミンカラー&アースカラー 
好きな言葉は?
行動が感情をつくる 
好きなタイプは?
低姿勢でおちゃめで 笑いのセンスが半端じゃないリーダータイプ
嫌いなタイプは?
ジコチュウでブルドーザータイプ

その他

一つだけ願いが叶うとしたら?
地球の全員をホンモノの笑顔にする
何をしている時が幸せ?
コントの演出を考えているとき
宝くじがあたったら?
映画を撮る資金にします。
前世はなんだと思う?
喜劇役者
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
好きな人と ゆっくりごはんを食べる
子供の頃なりたかった職業は?
歌手であり、女優である
お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
ばあちゃんのきんぴらごぼう
今からでも挑戦したいことは?
映画制作。
今一番欲しいものは?
お客さんの大爆笑。地響きが起こるような大爆笑!
あなたにとっての必需品はなに?
ばあちゃんの手作り味噌
1ヶ月毎日食べるとしたら何?
塩むすび &ばあちゃん手作り味噌の味噌汁

声と笑いの体操~こころとからだを無理なく開いていくヨガの呼吸法と


笑いヨガ(=ラフターヨガ)

講演・ラジオ・体験会でご紹介しています。
【講演:タイトル例】
①「わっはっは!でストレス発散~こころの健康づくり」
②「こころの柔軟体操~ストレスに強くなるボイストレーニング」
③「声と笑と食から始める~メンタルヘルス」
④「ノドを鍛える~楽しい発声練習」
⑤「わらべうたと 笑いの体操」など。
笑いヨガの実演をまじえた楽しくためになる講演会。小柄ながらパワフル かつ繊細で、会場をあたたかい雰囲気でつつみこむ。
≪出前講座・研修先はいろいろ≫
接客・メンタルヘルス研修・十代の若者向け・子育て期のママたち・介護予防・面接、オーディション・表現、アート系の学校 等々。


スマイル&深呼吸~えがおむすび運動~ということで、できる限り出前講座にも対応させていただいております。
【これまでの「笑いの講座」「出前講座」例はこちら
 
♡赤ちゃん&ママ~80歳以上♡少人数~500人以上の会も。

●のびすく長町南(=仙台市子育て支援施設)では,毎月第四木曜日AM11:01~♡赤ちゃん大歓迎!未就学のお子さんと保護者の方。笑いの体操&絵本の読み聞かせ「ワンワンワンの時間」。予約不要。こちらは入場無料。ねこいずみさん=大葉由佳♪



声の芸人、繊細かつパワフルな声の秘密?は‥‥‥
「笑いヨガとは...」

ホホハハハという声を出す笑いの体操と深呼吸=ラフターヨガ(笑いヨガ)。
インドのお医者さんが考案(108カ国に広がる)。むずかしいポーズはいっさいなし!ヨガは「深い呼吸」をすること、「結ぶ」という意味も。
ラフター=笑い、ヨガ=おなかからの深い呼吸。。。リズミカルな拍手、お茶目なジェスチャーで、「ホホハハハ」「ハハハハハ」と発声します。発声により普段より息をたくさん吐くので、肺の中の残気がなくなり、たっぷり新鮮な酸素が入ってきます。自然に呼吸が深くなり、こころもからだもスッキリ。表現力&美容&健康&メンタル、コミュニケーション力etcがアップ。声を出してもOKな空間があればどこでもできます♪年齢、趣旨、場所etc…アレンジ可能です。

講師:大葉由佳(ねこいずみちゃん=ネ・コイズミ先生)は、2009.2.1資格取得(東京、ラフターヨガジャパン、リーダー養成講座),2017.5.7にはリーダーを育成するティーチャーに認定された(byラフターヨガインタナショナルユニバーシティ)。東北はもとより、全国から"ゲスト講師"として研修会・講演会にお招きいただいております。子育て・介護・職場のストレス発散、メンタルケアetc.

●体験会・笑いヨガ(ラフターヨガ)
~楽しすぎる発声練習~

2017年●8/21(月)●8/27(日)●9/12(火)●9/16(土)●9/18(祝、月)、●10/9(祝、月)●10/21(土)●10/30(月)。。。
※毎月2~3回開催しています。
各AM10:15~会場はエルパーク仙台(三越デパート、新館5階)。靴は脱ぎます。
●●●会費は各1000円。定員は各20名。収益は、えがおむすび運動の基金に。飲み水&動きやすい服装で。●●ご都合のよい日をご予約ください♡
会員制ではありません。ご都合のよい日だけでOK。
リピート体験も大歓迎。何十回と通っている方も。
※日程が変更になることもありますので、必ずご予約をお願いします。

【お問い合わせ・ご相談・お申し込み】090-5595-4182 またはメール egaomusubi888omusubi@yahoo.co.jp えがおむすび事務局まで。

①声をのびやかにする♡メンタルをきたえる♡
こころを開放させることで、声が生き生き。「ホホハハハ」と声を出す世にも珍しいヨガ。声帯と表情筋と腹筋(ノド・カオ・ハラ)が鍛えられ、メンタルの鍛錬にも。


②こころの健康につながる腹式呼吸♡♡
自律神経を整える「腹式呼吸」。おなかを凹ませて、ゆ~くり長くしっかり吐く。呼吸法は、道具をいっさい使わない健康法。こころの安定&脳を活性化&集中力アップ!

健康に自信が持てなかった人も、面接が超苦手だった人もどんどん変わっていきます。


③表情もいきいき。声を出すと表情筋がよく動きます。お顔の血流がよくなり、
硬かった表情もやわらかく優しくなっていきます。表情筋が動くと脳の血流も連動してよくなっていきます。継続している方は別人!というくらい美しくいきいき変化しています。より若い印象になった女性も多数。ホントですよ!


緊張しやすかった人も、「こころを開放する」コツを身につけることができるので、前向きな気持ちが引き出されていきます


hohohahaha hohohahaha hohohaha













河北ウイークリー、大崎タイムス等でもご紹介いただきました。ありがとうございます!!!!!!

hohohahaha hohohahaha hohohahaha hohohahaha









アメンバー