プロフィール

ニックネーム
岡田@エディトリアル・エンジン
性別
男性
血液型
O型
出身地
尾道市
出身校
同志社大学 専攻は美学芸術学
ホームページのURL
http://ameblo.jp/editorial-engine/

自己紹介

◆岡田啓司(OKADA Keiji)Profile◆3歳になろうとするころ、お祖母ちゃんの幽霊を見る。といっても伯母の姑にあたる方の幽霊。生まれる前に亡くなっていた自分の祖母ちゃんじゃなかったが、怖くもなんともなかった。のちに映画やテレビや日本画で観た幽霊の姿に「やっぱり足がないんだ」と納得。同じく3歳前後、数人の親戚縁者の前で、落語をする。ネタはどこから仕入れたのか、駕籠かきが大旦那を乗せていくが、やけに軽い、着いてみると、底が抜け途中で旦那を落としていたという他愛ないもの。雑誌か何かに絵付きで載っていたのを薄らぼんやり覚えている。ヒラカナは、同じころ伯母から読み書きを教わっていたので、ルビつきであれば手当たり次第読んだ。物理や数学の感覚というのは小学校の理科室を体験してから芽生える。虫、爬虫類にまみれて遊ぶ。まだ街中にもが十分残る恵まれた幼年期だったと思う。中学時代は坊主頭に資生堂のチックを塗って(爆)、ピンクのボタンダウンにガクラン。ドラムのスティックをカバンにしのばせ、放課後はグランドでふらふらになるまで走った。まだスポ根が残っていた。高校になると長髪に髭の芸大志望に。3年時の半分は美術室を占領してデッサンに励む。土壇場になって、お前の石膏デッサンは、リアル過ぎて石膏じゃない。それじゃ落ちるし、絵は大学に行かなくてもやれるとコース変更を美術教師から宣言され、もっと早く言ってよ!な気分で、どうせなら京大の美学にと思うが間に合わず、同志社に拾われる。美学の基礎文献であるカントの"三批判"はきっちり読むも、卒論はちょっとひねたヴァレリーという詩人の批評論を駆け込み寺。ゼミの担当はアメリカンポップアートでならした故中村敬治先生だったが、大学院はつまらん、「それより僕の本を編集してよと諭され、それならとフランスに留学を決意。関西(京都)日仏学館の高等科を終えるも、高校のときからハマッていた変わった総合誌の編集長と、ある作家の死がご縁で京都で出会い、そのまま編集部に転がりこむ。当時約1年は無給の「遊軍」扱いで、相当に両親のスネを痛めるが、仕事は身についていく。これまでに手がけた企業PR誌、企業出版、新卒・中途採用メディアなどは、清水建設、内田洋行、大成、キヤノン、帝人システム、伊藤忠商事、石川島播磨重工、アルプス電気、日立製作所と数知れず。石川島播磨重工の「プリンキピア」では編集長を務める。出版社時代のもの、編集プロダクションからの受注仕事、自著共著(2冊)を含めると単行本編集はムックも合わせて百数十点。月刊誌の連載、大手予備校のウェブサイトのコンテンツメーカー、ウェブアプリケーションの開発などを経て現在に至る。好きなもの、俳句、数学、映画に漢字にプログラム。2011年3月11日以降、編集意志3.11の公開を企画準備中。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

エディトリアル・ワークの一端

■仕事史



[職業]
フリーランス・エディター、Webプランナー(地場の商店街ショップを中心に受託)、コピーライター、ライター。たまに現代詩を分かち書く。
FllowMeOnTwitter

[近況]
”「災後」に読むシリーズ”第1弾和辻哲郎と並行して執筆中だった「災後」に読む『言語にとって美とは何か』の完成直前に吉本隆明の訃報に接し、聞き遺したことがあまりに多すぎることに気づき愕然とする。店をハイパーメディア化するプロジェクト「寺子屋Vow'sBAR」は一年がかりの長期企画。完成までもたないかも(笑)

寺子屋坊主バー


こちらは、日本美術応援団に共感して、進行中の「絵画の言文一致」プロジェクトの一環。
山口喜造個展


[略歴]
・同志社大学文学部人文学科卒。専攻は美学芸術学。関西日仏学館高等科を経て、オブジ​ェマガジン『遊』編集部へ。エディター、インタビュアー、プランナー、コピーライター​の修行を積みつつ、書籍編集、広告制作、PR誌企画編集、イベント企画、書店営業、企業研修プログラム開発など​に携わる。

・インタビュー&記事構成、書籍編集の対象は、詩人・高内壮介、作家・松本清張、村上龍、生物学者・今西錦司、​女優・桃井かおり、ジャーナリスト・田原総一朗、映画監督・深作欣二、長谷川和彦、若松孝二など、エンターテ​インメント、ビジネス経営から科学・技術まで幅広くカバー。

・1982年の松本清張原作『疑惑』の映画化に際し、松本清張スーパー・ドキュメント​ブック『疑惑戦線』の編集長を務める。

・1990年から95年まで、編集工学研究所所長・松岡正剛が主宰する物語型データベ​ース、物語OSの開発プロジェクトに参画。以降、「本の前に物語あり、本の後に物語あ​り」をモットーに、IT技術と情報編集技術を結ぶ仕事に従事し現在に至る。

■エディトリアルワーク:『空海グラフィティ』(東映)『プリンキピア』(石川島播磨​重工)『聖社会学』(工作舎)『未来からのモノづくり』(かんき出版)『A6ノートで​思考を地図化しなさい』(徳間書店)ほか多数。
■連載:月刊誌「Goods Press」誌に「萬モノ噺」(1998年から2001年まで長期連載)ほか。
■マルチメディアオーサリング:『京都ハイパー絵巻』『電脳歳時記』(オムロン)、ウ​ェブ・アプリケーション「映画で英語」β版(ギャガ・コミュニケーションズ)など。
■組織開発ツール;『ワークデザイン・シソーラス』(リクルート・ワークデザイン研究​室)
■公開講座企画運営とメディア編集:日本の「衣・食・住・遊・交」をテーマに、各分野​の「研究者+職人・芸人」のセッションを織り込んだ講座カリキュラム「日本の語り部」​企画・構成・演出・講師。各回公開講座の記録映像から音の講座『日本の語り部』CD全24巻​を編集制作(NMN)
■著書:『ゼロから始めるデイトレーダー入門』(徳間書店)、共著『記号学大事典』(​柏書房)、編著『組織とグループウェア』(NTT出版)など。

■企画などのお問い合わせ、ご相談などは、こちらからどうぞ。

問い合わせフォーム

アメンバー