プロフィール

ニックネーム
狭間和恵☆人生を創造するコンサル
性別
女性
血液型
超アバウトなA型
出身地
両親は長崎人 
お住まいの地域
東京都
職業
自営業
未既婚
既婚
出没地
東京城南エリア・秘境

自己紹介

HP:http://kazuehazama.wixsite.com/kazuehazama

埼玉県出身 昭和44年生まれ

“人生を創造する”をテーマに、数秘術やその人の強みを見出すことを軸にして、セッションを行う。

22歳の時に突然の事故で弟を亡くし、自由に自分を生きることを決意。

金融業からアポイント営業へ転職し、入社4か月目には2位に倍の差をつけ社内トップの成績を収め、20代で人材育成なども行う営業課長になる。
その後、フリーランスで映画界へ転身。
東宝映画・ハリウッド映画など、100を超える作品にかかわり、大勢のスタッフや撮影現場の協力先との交渉や全体のまとめ、現場管理など、作品の現場責任者として活躍する。
作品ごとに入れ替わるスタッフキャストは毎回100人を優に超え、自分の限界と何度も向き合う中で、「死ぬこと以外はかすり傷」という感覚を得る。

これまでの経験を振り返れば、総じて「人と対面し交渉する」事をしており、その実績は30,000件を超える。

多くの人と接する環境の中で、目の前の問題が全く別のところから解決していくことや、問題としていることの奥に、本当の望みが隠れていることが多い事に気が付き、これまでの経験を活かして「生きたい人生を自分で創造する」その手助けとなるセッションを行うようになる。

口癖は「人間は動物である」
もともと備わっている生きる力と感覚を思い出し、その人本来の輝きを放つ人生に伴走する、という思いで活動を行っている。

9歳年下の旦那様と7歳、3歳の姉妹の母。
湧き水フェチ。愛読書は「日本全国湧き水ガイド」
地図さえあればどこへでも辿り着ける自信あり。
                               (2017年3月現在)

マイプロフィール

定番

趣味
旅 秘境へ行く
長所
地に足付いてます
短所
行列に並べない
ちょっと自慢できること
洞察力
最近ハマっているものは?
コットンパック
まず家に帰ってすることはなに?
夕飯作り
平均睡眠時間は?
8~9時間(子供のように眠れます
口癖は?
なるようになるさ
ブログの更新頻度は?
ほぼ毎日
ブログに何書いてる?
野性児のつぶやき・仕事のこと・子供と生きる事
何フェチ?
湧き水
座右の銘は?
なるようになる
集めてるものは?
貝殻とかどんぐりとか、意味無いその辺にあるもの
Sですか?Mですか?
たぶんS.きっとS ぜったいS
○○なタイプです
一匹狼タイプです

好き嫌い

好きな食べ物は?
珈琲・鍋・くだもの
嫌いな食べ物は?
みょうが・パクチー
好きなスポーツは?
秘境散策・あと空飛びたい
好きなアーティストは?
吉川晃司
好きなマンガは?
悪女
好きな雑誌は?
クウネル
好きな本
火車(宮部みゆき)
好きな映画は?
アメリ バクダットカフェ  八甲田山
好きなテレビ番組は?
プロジェクトX
好きな曲は?
ラテン系
好きなゲームは?
ゲームはやりません
好きなブランドは?
なんでもOK 
好きな車は?
故障しない車
好きな場所は?
広いとこ 空のでかいとこ
好きな動物は?
犬 人間
好きな休日の過ごし方は?
おうちでのんびり・旅先で気の向くままのんびり
好きな色は?
好きな言葉は?
おやすみなさ~い
好きなタイプは?
自然な人
嫌いなタイプは?
うそ臭いやつ

その他

一つだけ願いが叶うとしたら?
家族がみんな幸せでいる事
何をしている時が幸せ?
ギュー♪する時・寝る瞬間・温泉につかる
どうしてもこれだけは譲れないものは?
媚びるなら死んだ方がまし
デートでいきたいところは?
広っぱ
宝くじがあたったら?
旅に出る!
尊敬する人は?
定年退職の健全なサラリーマン
前世はなんだと思う?
第二次大戦中の人。
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
家族とごはん食べてると思う
好きなブログは?
お役立ち系
自分を動物に例えると?
鷹か狼
自分へのご褒美は?
睡眠 旅
幸せを感じる瞬間
寝る瞬間 ギューしてる時
最近一番感動したことは?
出産
ここだけの話
私は野性動物です
携帯の機種は?
ドコモ
お弁当に絶対いれて欲しいおかずは?
卵焼き
生まれ変わったら?
また我が道まっしぐら
今までで一番高い買い物は?
時間
今の着うたはなんですか?
電話音
今からでも挑戦したいことは?
やりたいことは全部やる!
今一番欲しいものは?
今、旅行でいきたいところは?
ポカラ
あなたにとっての必需品はなに?
ピアス
1ヶ月毎日食べるとしたら何?
おにぎり

狭間和恵の【人生を創造するメニュー】

狭間和恵
埼玉県出身 昭和44年生まれ

〝人生を創造する″をテーマに、数秘術・強みを見出すことを軸にして、セッションを行う。


幼少期より人間観察をしていることが多く、花の蜜を吸ったり板塀の節を抜いたり、雲を見て想像の世界を膨らませるなど、自然を相手にした一人遊びが好きだった。
22歳の時に突然の事故で弟を亡くし、自由に自分を生きることを決意。


金融業からアポイント営業へ転職し、入社4か月目には2位に倍の差をつけ社内トップの成績を収め、20代で人材育成なども行う営業課長になる。
その後、フリーランスで映画界へ転身。
東宝映画・ハリウッド映画など、100を超える作品にかかわり、大勢のスタッフや現場の協力先との交渉や全体のまとめ、現場管理など、撮影現場の現場責任者として活躍する。

作品ごとに入れ替わるスタッフキャストは毎回100人を優に超え、自然環境に左右される現場では、夏の場面で雪が降ったり、晴れの場面で雨が降り雪に変わって、その後全ての場面で雪降らしが必要となったり、台風でオープンセットが崩壊したり。
現場の予定外の出来事は、撮影時間の延長へと繋がりやすく、何十日も仮眠の日々が続いたり。
起こり得るあらゆる事が起こり、嫌でも決断を迫られる場面、自分の限界に何度も直面し、「死ぬこと以外はかすり傷」という感覚を得る。

これまでの経験を振り返れば、総じて、人と対面し交渉する、事をしており、その実績は30,000件を超える。


多くの人と接する環境の中で、目の前の問題が全く別のところから解決していくことや、問題としていることの奥に、本当の望みが隠れていることが多い事に気が付き、これまでの経験を活かして「生きたい人生を自分で創造する」その手助けとなるセッションを行うようになる。


口癖は「人間は動物である。」
もともと備わっている生きる力と感覚を思い出し、その人本来の輝きを放つ人生に伴走する、という思いで活動を行っている。


9歳年下の旦那様と7歳、3歳の姉妹の母。
湧き水フェチ。愛読書は「日本全国湧き水ガイド」
地図さえあればどこへでも辿り着ける自信あり。

*****************


ここからは、私の「友人たちから見た私」を紹介していこうと思います。

~~皆様からのご紹介~~

Lin-k池田啓子さん

彼女から見た私について書いて頂きました。



「1本の木材から、のみや彫刻刀で仏を掘り出す仏師は
すでにそこに何があるかが見えていて
ただそれを掘り起こしているかのようにみえるが
 
彼女もそんな感じを受ける。
 
彼女とはプライベートで会うことが多いけれど
話したり、文章を見ていると
その人やものごとの本質や矛盾が見えているのだろうなあといつも思う。
 
見えてしまう、と言った方がいいのかもしれない。
 
だから、はっきりとものを言う。
 
でも、巷でよくある「バッサリ切る」とか
そういった類ではない。
 
ただ、そうだから言う。
そして、言いっぱなしではなく、
相手に合わせた形に変えて、おさめるところにもっていってくれる。
 
普段、会っているときの和ちゃんは
子供が面白いものを見つけたときのような顔で
老成したようなことを時折言う。
 
本人曰く、対極へ飛びがちだと言っているけれど
その大きなふり幅をものすごい速さで行ったり来たりしているから
人のことも一足飛びでみて、わかることができるのだろう。
 
そして、とても潔い。
 
潔い人というのは、
自分に対して責任をもっている。
 
自分の言動に責任は持つけれど
自分の思う通りに相手を湾曲しない
 
相手がそれをどうとらえるか、その後どうするかは
なんでもいいんじゃない?
 
というスタンスって
コンサルなど、人をどこかの方向に導くことをしている人には
必須な力だと思う。
 
にやっと笑いながら放つ言葉は
きっといつでも本心であり、ときに確信をついている。
間違ったときは、素直に修正する。
迷っても、戻る術をつかみとってくる。
 
野性的な嗅覚を持った
とても人間味のある人。
 
わたしからみる、狭間和恵ちゃんはそんな人だ」


****************

クミシュラン皆川公美子さん

皆川さんから見た狭間和恵とは?


起業も人生も、海原の上の航海なんだなあ、といつも思います。
形をかえる海の上で、どちらへ行こうか。
それは本質的には太陽と月を見て自分で決めることだけど、
ときには灯台に寄ってみたり、羅針盤に目を凝らしたりすることも必要です。


客船=人生の幸せを求め、いろいろな港へ立ち寄ることも楽しんで航海している人たちなのか、
国際船タンカー=お仕事船として、一番無駄のない航路をとるべき船なのか。


客船に必要なマインドとタンカーのマインドは違いますよね。
客船にスピードと効率を求めすぎるのも、
タンカーに中でやるエンタテイメントの話をしだすのもナンセンスです。

起業もこれと同じことが言えるのではないでしょうか。

人はみな、違う人生目的と違う体感覚を持っています。
自分が持ってる時間感覚を人もみな一様に同じだと思っていませんか?
多くのビジネス塾で、そのやり方に合う人と合わない人がでるのは、当然です。
原因はその人の「でき」ではないのです。

カズさんという灯台は、その船がどんな船であるのかを見極めるのがめっぽううまい。
ここが他の人と違うところだなあと思います。
一つの決まった理論を展開して、受講生側をそれにあてはめる従来の「学校方式」ではなくて、

あなたはどんな特性を持っている人なのでしょう?

本質をさっとつかみそこからスタートする強みにいつも目をみはります。
自分の目的と時間感覚で、自分の人生を歩んでいきたいですね




アメンバー