プロフィール

ニックネーム
利隆屋(りこーや) あやの
出身地
沖縄県
未既婚
既婚
出没地
渋谷 新宿 代官山 表参道

自己紹介

◆利隆屋(りこーや) あやの プロフィール◆
 〜4710日600万円以上投資して戦略的にCAに〜

人生のヒロインになる
【ヒロイントレーニングコーチ】
利隆屋(りこーや) あやのです。


沖縄の小さな村にゆかりを持ち、
岐阜県で育つ。
国公立大学卒業後、
12年間、外資系lの総合職勤務。

12年間300回以上CA受験を受け続け、
CAスクールも含めて600万円以上投資。

人気欧州エアライン、国内最大エアラインなどの
最終不合格通知を受け取り、
どうしてもCAになることを諦めきれず。

単身で中東にあるバーレーンのガルフ航空まで
試験を受けに行く。
世界の壁は高く、1次試験で敗退。


その後もCA受験と受け続け、合計で12年間11ヶ月、
300回CA受験を受け続けた末に、
30代乳児と幼児の2児ワーキングママCA未経験で
2社のエアラインから合格通知を受け取る。

将来を見据えた上で、戦略的にLCCに入社。
国内線、国際線客室乗務員として乗務。

深夜の香港フライトでのサービスが
『ファーストクラス並みだった』とお褒めの言葉が
勤務先エアラインに届き、MVPをいただく。


また人柄を見初められ、
創業37年2ヶ月のCAスクールの
学院長先生兼経営者から学院を継がないか?と
大変光栄なご提案をいただいたことも!

こちらのCAスクールから巣立った4095人の卒業生には、
誰しもが憧れるJAL ANA の VIP皇室フライトのパーサーや、
人気ヨーロッパ航空会社の日本人トップに
上り詰めた方もいらっしゃるのに、
その4095人の中から、この学院を任せるなら、
と初めて声をかけてくださったのが、私だったそうです。


それでもやはり、
CAという枠に限らず、夢を叶えたい人を
幅広くサポートしたいと、その後、CAを退職し、起業。

起業後は、20日でCAの月収を超え、
1ヶ月後にはOLの給料の2倍。

2ヶ月目で、月商7桁を達成。
その後も月商100万円越えを継続。
ママのための起業塾、ママプレナ起業塾共催。

起業1年目で年商8桁を超え、
クライアントさんそれぞれに成果を出してもらう。




3ヶ月でマインドと行動を底上げして人生のヒロインになる
【ヒロイントレーニングコーチ】として、
・99%無理と言われた40代2児ママのCAへの夢を叶える、
・女医さんの自己肯定感を200パーセントあげる
・起業難民OL(顔出し無し)を
 3ヶ月で会社員の収入にして会社員卒業
・大学病院勤務の医療職女性が、大学教授も羨む
 世界会議ファシリテーターに異例の大抜擢
など、ご自分の想像以上の結果を出す方多数。

クライアントさんがご自分としっかり向き合うサポートをします。


またコーチングを学ぶTCS(トラストコーチングスクール)講座は
短期間で、確かなコニュニケーションが学べ、
利隆屋(りこーや)からの状況に応じたフィードバックが評判を呼び
日本国内のみならず、アメリカ、ドイツ、タイなど、
世界各国から受講してくださる方もいて、大人気です。


でしゃばりで知ったかぶりのクビ寸前OLだった私が、
30代2児の母で国際線CAに合格した
人が見ていないところでやったこと
『選ばれる、人生のヒロインになる秘訣』の
メルマガ登録はこちらから。
✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎ ✈︎
マインドを底上げして行動できる私になる
メールレッスン"ヒロインレター"登録はこちらから。


<<保有資格>>
◆NLPコーチング プラクティショナー
◆TCS認定コーチ
◆TOEIC910点
◆中学・高等学校第一種教員免状(英語)


雑誌掲載実績
・光文社
・産経リビング新聞(ママ雑誌の表紙になりました!)


ヒロイントレーニング代表
TCS認定コーチ
利隆屋(りこーや) あやの


✔︎インスタ:https://www.instagram.com/ayano_licohya/
フォロー大歓迎です。元CA2児のママのリアルデートと
ゴージャス&サバイバル子育て旅写真。


✔︎アメブロ:http://ameblo.jp/ca-mama/
コーチング講座お客様の声や人生のヒロインになるための情報が満載です。


✔︎フェイスブック:https://www.facebook.com/Licohya
お友達が5000人超えたので、フォローしていただければ嬉しいです。

✔︎公式ホームページはこちら
http://heroine-training.com/


女性が経験や年を重ねるごとに幸せが増す社会の実現 
子供達の明るい未来を示すこと
が私のミッションです。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

アラサーから人生を巻き返したいと思っているあなたへ

利隆屋 あやの のブログをご訪問くださいまして
ありがとうございます。

もしかしたら、今、目のまえにいらっしゃるあなたは、
きっと、どこかで、私の人生こんなもんじゃない!
母じゃなく、妻じゃなく、私として生きるバランスを取りたい、
と思っていらっしゃるのかもしれませんね。


わたしは、客室乗務員になることを
30代になっても諦められない、イタイ女性でした。

周りに言われるのは、夢追い貧乏(←失敬しちゃいますが、また事実 苦笑)

何年もCAスクールに通い、
時には人格を磨くための研修を受け、
12年間で600万円以上投資して、
得たもの、それは夢を叶えることだけではなく、
生きていくうえで、とても大切な【人間力】でした。

CAであることは一時ですが、
わたしがわたしであることは一生続きます。

この人間力が、いま私を突き動かしてくれる原動力です。

理想の自分を生きることができる
どんな夢も自分で叶えられる自信がある、
マインドと行動力を身につけることができたことが何よりの収穫です。

そしてどんな夢も叶えて、自分の力で未来を切り拓く女性を
増やしていくことが、私の使命です。


私が特別な人だったから夢を叶えられたんでしょうか?
いえ、そうではありません。
地方出身で、裕福でもなく、
両親も高学歴でなければ、私自身も超高学歴なわけでなく、
むしろ努力してそれでもうまくいかなくて、
というどちらかといえば不器用な方です。


ふたりも子どもがいて、しかも30代。
ただでさえ高倍率の狭き門なのに、客室乗務員に合格した理由、
12年間諦めないで続けてこれた理由は、
はたったひとつだけ。

私に夢を叶えさせることだけを考えてくれる人がいたからです。


今考えれば、まさにコーチなんです。

道に迷いそうになったら、そっちじゃないと案内し、
諦めそうになったら、できる方法を一緒に考え、
倒れたときは抱き起こし、癒す。


だからわたしは、
夢や理想のライフスタイルがあり
人生を自分で切り拓きたいポジティブなアラサー女性



1)幼いころからの夢や憧れを実現したいけど、悶々として行動ができていない でもやらなかったら人生後悔しそう な思いを行動に移させ、

2)実現の過程での結果や、人間関係、仕事で自己肯定感を一定に保てていない、(マインドがぶれる、自分軸がない、これでいいのかな私、って道の途中で迷ってしまう)
マインドや思考を底上げして、自分でモチベートする力を身に着け、外見内面ともにコミュニケーション能力をアップさせ

3)夢の実現も、プライベートも、仕事も全部理想にしたいのに時間がない (タイムマネジメントできていない) 気持ちの焦りを、タイムマネジメントで人生もマネジメントすることができるようにします。


そして、本来持っている素晴らしいご自身を、
言葉で引きだし、逆境に負けないマインド身につけて、
行動力とタイムマネジメントで、
うちに秘めた夢や憧れを自分の力で実現させます。 

そして、その後の人生、
どんな夢も自ら叶えて生きる豊かな女性という状態へ
最速最短でお連れします。


それができる一つ目の理由は、私自身が実践者だからです。
12年間でCA受験を300回以上続けてきました。
夢を叶えるために費やした学びの金額は600万円以上。
そうして培ってきた人間力。


どん底まで落ち込んだ時にどう回復し、
結婚出産を経てワーキングママとして
家族から応援されながら時間をやりくりして倍率250倍の国際線CAに、
しかも最高の条件で実現させることができました。
この12年の成果をギュッと凝縮して、3ヶ月ですべて伝えます。


二つ目の理由は、9か月の間にコーチングでかかわってきた41人の女性のうち
5人がCAになっている実績があるからです。
中には、CAスクールで99%難しいと言われた
40代2児のワーキングママさんもいらっしゃいました。
一人では折れてしまいそうな心をリフレーミング(再構築)し
夢を実現させる最大のサポートをしていました。

またCA受験だけでなく、長年低い自己肯定感に悩まされた女性が
最高のパートナーと結婚し子供を授かったなど、
嬉しい変化の声をいただいています。



夢を語るより、叶えた夢を語る人生を歩み、
とびっきり最高の人生を切り拓きたい女性を
心から全力でサポートすることをここに誓います。
ヒロインになるためのエッセンスとマインドを凝縮したヒロインレターは
こちらから登録いただけます。
ぜひ、無料のりこーやの心のサポートプレゼントを
ヒロインレターを通してお受け取りくださいね( ´ ▽ ` )ノ
https://peraichi.com/landing_pages/view/licohya






【ご報告】CAを卒業しました。 
アメブロをご覧くださる大切なあなたへ の記事はこちら





アメンバー