プロフィール

ニックネーム
新見準平
出没地
ウィーン、東京、福岡
出身校
友枝小学校、築上東中学校、大分県立芸術緑丘高等学校、東京藝術大学音楽学部声楽科
ホームページのURL
http://niimi-jumpei-baritone.jimdo.com/

自己紹介

新見 準平(にいみ じゅんぺい) バリトン
プロフィール(2014年5月1日現在)

バリトン歌手。2009年東京労音主催「第九」公演でデビュー。以後、香港芸術祭、武生国際音楽祭、ニューヨークフィル定期公演、ヘンデルフェスティヴァルジャパン、バッハコレギウムジャパンなどに参加し、国内外での演奏経験を積む。
17歳より声楽の勉強を始め、宮本修、原田茂生の各氏に師事。その後、東京芸術大学、同大学院に学び多田羅迪夫、福島明也の各氏に師事。東京芸術大学バッハカンタータクラブでは小林道夫氏の薫陶を受ける。ウィーンではラルフ・デーリング氏に声楽を学び、私立ウィーン音楽院に於いてはピアニスト斉藤雅昭氏に学んでいる。
東京芸術大学の卒業試験の演奏に対してアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。2012年第30回ソレイユ音楽コンクール第1位、ならびに音楽現代新人賞を受賞。ウィーン音楽セミナールに派遣され、同コンクール2位。2013年第32回飯塚新人音楽コンクール第2位、宗次エンジェル基金/日本演奏連盟新進演奏家奨学生に選ばれた。
大学在学中より主にオラトリオ歌手として活動し、これまでにシュッツ「ヨハネ受難曲」、バッハ「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ曲」「クリスマス・オラトリオ」「教会カンタータ」、ヘンデル「メサイア」「エジプトのイスラエル人」「主は言われた」、モーツァルト「レクィエム」「ミサ曲」、ベートーヴェン「ミサ曲ハ長調」「第九交響曲」、シューベルト「ミサ曲D.950」、シューマン「ばらの巡礼」、メンデルスゾーン「パウルス」「エリアス」、ロッシーニ「平和の賛歌」、プッチーニ「グローリアミサ」、フォーレ「レクィエム」、ストラヴィンスキー「プルチネッラ」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、上田益「レクィエム」などのソリストを務め、ハンス・マルティン・シュナイト、ダグラス・ボストック、ジェフリー・バーンスタイン、現田茂夫、松尾葉子、高関健、鈴木雅明、黒岩英臣などの指揮者、九州交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、東京ユニバーサルフィルなどのオーケストラと共演。
オペラ歌手としては「アリオダンテ」スコットランド王、「フィガロの結婚」アルマヴィーヴァ伯爵、「魔笛」パパゲーノ、「コシ・ファン・トゥッテ」グリエルモ、「ドン・ジョヴァンニ」マゼット、「ロメオとジュリエット」キャピュレ、「ホフマン物語」シュレミール、「トスカ」アンジェロッティ、「アンドレア・シェニエ」フレヴィッル、「スザンナの秘密」ジル伯爵、「月」月を盗んだ男、「アメーリア舞踏会へ行く」警察署長、「じょうるり」見造などを演じた。
ドイツリートのリサイタリストとしての活動にも積極的でベートーヴェン「遥かなる恋人に寄す」、シューベルト「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」、シューマン「詩人の恋」、ブラームス「四つの厳粛な歌」などのレパートリーでリサイタルを開き、好評を博した。
2014年より拠点をウィーン移し、ヨーロッパと日本を中心に演奏活動を繰り広げている。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

演奏会情報

◆第5回松山・フライブルク姉妹都市交流演奏会
松山・フライブルク姉妹都市提携25周年記念/両バッハ合唱団交流20周年記念

とき:2014年6月15日(日) 開演15時30分 (開場15時)
ところ:松山市民会館大ホール
曲目:G.F.ヘンデル(G. F. Händel)作曲「メサイアMessiah」HWV56
出 演 :
指 揮 ハンス・ミヒャエル・ボイァーレ(フライブルクバッハ合唱団・管弦楽団芸術監督)
ソプラノ 清野 友香莉
アルト  青木 洋也(カウンターテノール)
テノール 鏡 貴之
バス   新見 準平
合 唱 松山バッハ合唱団スペシャル/フライブルクバッハ合唱団
管弦楽 松山バッハ管弦楽団(コンサートマスター 相原 千興)
チェンバロ 大澤 宣晃
オルガン  中村 証二

入場料:前売 一般:3,500円 学生:2,500円 高校生以下:1,500円
   (当日 一般:4,000円 学生:2,500円 高校生以下:1,500円)
    ※学生は前売・当日ともに2,500円、高校生以下は前売・当日ともに1,500円です。
主 催:松山バッハ合唱団
http://bachchormatsuyama.info/index.html

◆日独友好バッハカンターテンコア創立五周年記念演奏会
J.S.バッハ ロ短調ミサ曲 
Messe in h-moll BWV232

とき:2014年6月20日(金) 19:00開演 (18:30開場)
東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂 (東京都)

出演:
客演指揮 ハンス・ミヒャエル・ボイァーレ(フライブルグバッハ合唱団&管弦楽団監督)
ソプラノ   名倉亜矢子
ソプラノⅡ  高橋節子
アルト    青木洋也
テノール   鏡貴之
バス     新見準平

合唱    バッハカンターテンコア
賛助出演  フライブルグバッハ合唱団/松山バッハ合唱団
管弦楽   バッハカンターテンオーケストラ(コンサートマスター 相原千興)
オルガン  能登伊津子
チェンバロ 圓谷俊貴
合唱指導・常任指揮 橋本眞行 
入場料: 前売り4000円 当日4500円
http://bachkantatenchor.com/

◆Liedtotoro presents liederabend
オール ローベルト・シューマン プログラムによるリーダーアーベント

とき:2014年6月21日 土曜日 18:15開場 18:30開演
18:30-20:00 サロンコンサート 20:00-21:00 ミニパーティ
ところ:バッハはうすコンサートサロン
東京都豊島区長崎 2-3-19(西武池袋線椎名町駅より徒歩5分程度)西武池袋線 椎名町駅北口を出て左へ、アーケードを抜けたら「サミットストア」前を右に進み、「茶月」の角を左に折れてサミット通りを直進。「衛藤医院」と「ほてい薬局」の間の道を入る。

曲目:R・シューマン
女の愛と生涯、詩人の恋 ほか
出演:
谷地畝 晶子 メゾ・ソプラノ
新見 準平  バリトン
谷本 喜基  ピアノ

全席自由:2,500円(ミニパーティ付・限定50席。)

◆Liederabend R.シューマン歌曲の夕べ
とき:2014年8月11日(月)18:30開場19:00開演
ところ:音楽サロンTSUBAICHI(大阪府JR福島駅より徒歩8分)
入場料:2,500円
曲目:R.シューマン「女の愛と生涯」「詩人の恋」
出演:
メゾ・ソプラノ:廣澤敦子
バリトン:新見準平
ピアノ:出光世利子

◆ルネス クラシックシリーズ vol.7
森野美咲 新見準平 ジョイントリサイタル
とき:2014年 8月24日(日)午後公演
ところ:ルネスホール(おかやま旧日銀ホール)
前売り券:大人 2000円/学生 1000円
当日券:大人 2500円/学生 1500円

ソプラノ:森野 美咲
バリトン:新見 準平
ピアノ:梅村 知世

主催 ルネス実行委員会、森野美咲後援会
共催 ルネスホール(NPO法人バンクオブアーツ岡山)
後援  RSK山陽放送 山陽新聞社
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
東京藝術大学同声会 

◆森野美咲 新見準平 ジョイントリサイタル
とき:2014年 8月29日(日)
ところ:日本福音ルーテル東京教会(JR新大久保駅より徒歩5分)
前売り券:大人 2500円/学生1000円
ソプラノ:森野 美咲
バリトン:新見 準平
ピアノ:梅村 知世

◆シングインメサイア2014
とき:2014年9月6日(土) 14:00 開演(13:30 開場)(予定)
ところ:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール
演奏曲:ヘンデル「メサイア(全曲)」 

指揮: 小屋敷 真
ソプラノ  村元 彩夏
アルト 谷地畝 晶子
テノール (調整中)
バリトン  新見  準平
オルガン 堤 ゆり
チェンバロ 宮津 日留人

◆フロイデ音楽祭 ベートーヴェン「第九」
とき:2014年12月7日(日)
ところ:福岡県京築地区
ソプラノ:井上美奈子
バリトン:新見準平 ほか

◆第九を歌うバイ in かわさき

とき:2014年12月14日(日)
場所:川崎小学校(体育館)

入場料 1,000円(中・高生無料)

<演奏曲目> ベートーヴェン:交響曲 第九番
<指揮>    木村厚太郎
<演奏>    オーケストラスタイルK
<合唱>    川崎で第九を歌うバイ合唱団
          バリトン:新見準平

◆Philia Messiah Singers第31回演奏会
とき:2015年2月1日(日)
ところ:青葉区民センター フィリアホール(横浜市)

曲目:
モーツァルト:レクイエム(R.レヴィン補筆完成版)
Lauridsen: "Lux Aeterna"
指揮:松村 努
バリトン:新見 準平

◆柏メサイアクワイア第17回演奏会
2015年4月末
バッハ:マタイ受難曲
指揮:中川 郁太郎
イエス:新見 準平

アメンバー