プロフィール

ニックネーム
*犬のストレス解消セラピスト azi* 横浜 湘南
ホームページのURL
http://www.makana-lea.com

自己紹介

小さい頃から動物が好き。
小学生の頃、可愛がっていた近所の犬が近隣トラブルにより保健所に連れて行かれてしまった。
そのことをキッカケに、愛犬を手放す人間の心理、愛犬との関係性に興味を持ち始める。

専門学校卒業後、銀行へ就職。
決まりごとが多く、ルールで縛られ、細かい職場で神経をすり減らし、働くことの喜びは実感できず、退職。

退職後、派遣で働き始めるが経験者ということもあり、また銀行へ戻る。
その後、結婚し長男が産まれる。

自分自身のこと、家族との関係性に悩み「いっそのこと死んだほうがマシかも」と死を意識したことも。
子供を残して死ぬわけにはいかないと、いろんな意味での「自立」を目指し、再度銀行で働く。

そんな中、銀行のロッカー室で雑誌の記事を見つける。
「犬を癒すドッグセラピスト」
「これだ!」と直感で思うも、全く新しい分野へ踏み込むことへ躊躇し1年間迷う。
1年迷った後、フルタイムでの仕事、家事、育児と勉強 と4足のわらじを踏むことを選ぶ。

いろんな意味で、光を見つけた私は、ただただ進む。
2008年9月に退職し、10月に起業。
右も左も分からないままだったが、「犬を癒したい。そしてその家族をも癒したい」という強い想いを持って進む。

「犬にマッサージをする」ということ自体、認知度の低かった6年前。
イベントやセミナーを開催し、少しずつ犬の家族に知ってもらう機会を作り現在に至る。

そして開業当初はドッグマッサージだけであったが
体と心は密接につながっている
さらに犬と飼い主も密接につながっている 
というところから
体だけではなく心へのアプローチ(フラワーレメディーを使用)、そしてご家族へのアプローチ(実践心理学)もして行くという独自の方法でセミナーやセッションも開催。

顧客も0だったが、今ではセミナー回数200回以上。セッション回数500回以上。
関わった犬たちは1000頭ほどになった。

さらに、自分と同じようなドッグセラピストになりたい という方のサポートを立ち上げた。

マイプロフィール

定番

趣味
ヨガ 英語 昼寝 読書 映画鑑賞
長所
物事を多角的に見ることが出来る
短所
犬が好きすぎるところ
まず家に帰ってすることはなに?
かばんを置く
平均睡眠時間は?
7時間
口癖は?
大丈夫
ブログの更新頻度は?
ほぼ毎日
ブログに何書いてる?
犬とその家族のこと

好き嫌い

その他

犬と人の一生のクオリティーを上げる。

犬と人の一生のクオリティーを上げる。

愛犬が様々なストレスを抱えているのをあなたはご存知でしょうか?

お留守番が長かったり
新しい家族が増えたり
お引越しがあったり
家族内の揉め事が多かったり
遺伝性疾患があったり・・・

もしかしたらあなたの想像していなかったストレスとなっている原因があったかもしれません。

犬と一緒に暮らすということは

ただ一緒にいればいい

ご飯をあげて
お散歩行って
一緒に遊んで

実は、それだけでは足りないのです。

現代の犬たちは様々なストレスを抱えていることで

・病気にかかりやすくなる(アトピー・ガンなど)
・問題行動(吠え・噛みつき・怖がりなど)
・コミュニケーションが取りにくい
・偏食する

など、問題がある子も多いのです。

愛犬家であれば、誰もが1日も長く一緒に
そして健康であって欲しいと願うのは当たり前のことです。
もちろん、私たち人間がそうであるように、犬たちにも寿命があります。
そして、それは私たちより短いのです。

私たち家族が、愛犬の心身共の健康を願い
適切なケアをしてあげることで1日でも長く健康に過ごせるようになるのではないでしょうか?
そしてご家族であるあなた自身のメンタルも、実は愛犬に良くも悪くも影響しているということをご存知でしょうか?

わたしは体と心はつながっていると考えているため、
体をケアするドッグマッサージ
心をケアするフラワーレメディー

そしてさらに犬と家族には密接なつながりがあるので
ご家族の心をケアする実践心理学

をセッションやセミナーで行なわせていただいています。

犬だけでなく、
共に暮らす家族も一緒に幸せに。
それが犬の本当の幸せにつながるのです。
image


資格あれこれ
日本リフレクソロジー協会認定 ドッグセラピスト
ペットマッサージ協会 ペットマッサージセラピスト
日本フラワーレメディーセンター認定ティーチャー
米国NLP協会認定 NLPトレーナー