プロフィール

ニックネーム
赤いクレパス
血液型
A型
出身地
松山市
職業
その他
職業詳細
冒険家です(^_^)
出没地
  石鎚山の片隅にぼ~~っと座ってます。
出身校
 名前を書けば通るとこでした( ̄_ ̄ i)

自己紹介

自称 冒険家
ここ最近、人生は
「運しだい・なるようにしかならないな ! !」
と言う考え方になり何事も自分の直感と天の囁きだけを
信じてその場を進む方向を決めている。
今までず~っとこのスタイルで行動してきた('-^*)/
とにかく自分の思い付きを信じて進む方向を決めてきた。
初めて石鎚山に登った時から「石鎚山はすばらしい~」と言う事になり、度々登っては山頂の片隅でぼ~っと無心になり何時間でも座っている。
人や物から離れ、更には自分から離れ自分を見つめ直すには最高の場所である。
春夏秋冬同じ道を何回も登っていると最初のうちは周りの景色にとらわれるけど、その内 道はすべて頭に入りどんな状況でも山頂に向かって進む事ができるようになる。
そうなってくると周りの景色を見ながらも自然に気持ちが無心になってただ山頂をめざして登って行く。
何度も同じ道を歩いている内に今まで見えなかったものがいろいろ見えたり気がついたりするという事
間違いなく他の人とは違う目的で石鎚山へ登っているのは自分でも分かっているが、それが何なのかは未だに分かっていない (>_<)
1つだけ分かっているのは、この弥山から見る天狗岳の姿が自分を引き寄せる何かがあるのは間違いと言う事。
まぁ自分をすべて分かるまで登り続ける事だろう。
そでも今では、この天狗岳を眺めている後姿に声をかけてくれる人が時々いて少しだけ存在感のある人間となった。


その他の自称の話→こちら

大自然石鎚山で、
インターネットの中の僕の何の意味も無い後姿を思い出してくれる方が居て、山頂の片隅でぼ~~っとしてたら

「あれれっ ! ! あの後姿、赤いクレパス君じゃないかな~?」

っと気がつく方が時々いて声をかけてくれるのだが、これこそまさしく天の声。
何もあげれる物持ってないですけど
「ひゃゃ~こりゃまいった」の話ぐらいは出来ます。
もし違っていたらごめんね~
でも居たら結構分かるみたいです。
中にはすれ違っただけで分かったとか
それだけ石鎚山に興味を持っている人が多いと言う事
やはり石鎚山はすばらいし~ (^_^)。

マイプロフィール

定番

趣味
 石鎚山探究と瀬戸内海の島巡り
長所
 ビールよく飲みます。
短所
 ビールよく飲みます。
口癖は?
ひぁぁ~ こりゃまいった (>_<) !
ブログの更新頻度は?
 新しい景色発見しだい

好き嫌い

好きな場所は?
弥山
好きな休日の過ごし方は?
ぼ~っと
好きな言葉は?
ひゃゃ~こりゃまいった (>_<) !

その他

デートでいきたいところは?
 瀬戸内海が見える展望台
幸せを感じる瞬間
 真っ白のガスの中から天狗嶽が見えた瞬間
あなたにとっての必需品はなに?
 鼻炎スプレー (>_<)
クレパス君の顔
 ショ━━━━(*`д´*)━━━━ック!!
日記の写真
どちら様もご自由に使ってください。
リンク
ご自由にしていただいて結構です(^_^)。

                     ・゜゜(>_<)゜゜・



石鎚山

山では一切無心 (^_^)v
気が付かない間にそうなっている
ここでは本当の自分を試す事が
出来る所と思っている。
霧が出ようがガスが出ようが、
ブナと笹の中を進み、沢を渡り、
岩をよじ登り、時には鎖にしがみ付き、
水と風の音しかない自然の中を登って行く。
なぜかず~っと一緒についてくる
アブとブヨを追い払いながら、
時には道も無い所を進み
ボロボロになって天狗岳にたどり着く。
天狗岳の片隅で何も考えず
何時間でもぼ~~~~っとして
ただそれだけの為に
次々と新しい食材を担ぎ上げ
次もまた天の囁きを求めて天狗岳の
片隅でぼ~~~っと座ってます。



瀬戸内海の島

瀬戸内海727の島
その中で約160島に人が暮らしている
何の目的もなくただ来た事が無いと言う
理由だけで島へ上陸
1人で何も考えず「ぼ~っと」して
その瞬間に思いついた方向へ進む
灯台があれば山を登り、廃墟があれば探検
路地裏をくねくね進み
その先がどうであれ行ける所まで行く ! !
瀬戸内海の有人島はほとんど探検したけど
どの島もぼ~っとするにはいい所ばかり
何もしなくてもただ初めて上陸したというだけで
強く印象に残り今でも全部覚えている。
いろいろな集落を歩き
ただ景色のいい方向へ向かって行く
何をしに来たのか
不思議に思われる事もあるけど
隅から隅まで探検して数年後にまた訪問
何年経っても島の景色は変わっていない
次もまた新しい景色を探しに
次の島を探します。