プロフィール

ニックネーム
兵庫の不動産鑑定士
出没地
三宮 梅田 西宮北口
ホームページのURL
http://www.kantei-kobe.com/

自己紹介

神戸市で不動産鑑定事務所を経営しております小笠原です。よろしくお願いします。


略歴
大阪府堺市出身(40代半ば)
これまで、守口市、堺市、神戸市灘区、西宮市、神戸市東灘区と、狭い範囲を住み移る。

少年時代は野山を駆け回るわんぱく坊主であった。小さいころの夢は電車の運転手、今でも撮り鉄に憧れている。

大阪府立泉北高等学校卒業
神戸大学法学部卒業
当時の得意科目は現国と英語。大学在学中は、旅行のサークルに所属し、団体割引と18切符片手に日本中を移動する。時はバブル、サークルに所属しながら、排水管の清掃、塾講師(英語)等、様々なアルバイトを経験する。中でも排水管の清掃は、会社の居心地がよく、くそまみれになりながらも、4年間やりとげた。小便器を取り外して、尿石を削り落とす時の強烈な刺激臭は今となってはいい思い出である。

大学卒業後は、弁護士に憧れる時期もあった(目指してはいない)が、大手企業で営業、中小企業でコンサルの仕事を経験する等、紆余曲折を経る。その間、世の中は金融と不動産で動いていることを実感し、不動産鑑定士を志す。

平成16年不動産鑑定士2次試験合格。
試験合格後は、個人鑑定事務所、中規模鑑定会社、大手鑑定会社を渡り歩く。その間、北関東と東北の一部を除く日本全国の不動産鑑定、調査、デューデリジェンスに携わる。特に、ホテル、旅館、ゴルフ場、ボーリング場、自動車教習所、病院等事業物の特殊物件を数多く評価する。

鑑定業界に入って10年目の平成26年4月、神戸市東灘区にて神戸シティ鑑定舎開業。数字、会計に強い鑑定士。


所属団体
公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会
公益社団法人兵庫県不動産鑑定士協会連合会
神戸商工会議所
神戸納税協会
芦屋納税協会
凌霜会
大阪凌霜クラブ
士業同盟


主な保有資格
宅地建物取引主任者
2級ファイナンシャルプランナー技能士
測量士補(未登録)

マイプロフィール

定番

趣味
写真、釣り、ギター
長所
穏やか
短所
いらち
平均睡眠時間は?
7時間

好き嫌い

好きな食べ物は?
お寿司 刺身 スイーツ
嫌いな食べ物は?
ホルモン
好きなアーティストは?
mr.children   徳永英明  今井美樹
好きなマンガは?
ワンピース
好きなテレビ番組は?
土曜はダメよ やすしきよしの夏休み  せやねん
好きな車は?
ランボルギーニミウラ

その他

野球チーム
阪神タイガース

不動産鑑定士事務所・代表





[プロフィール]

 年間700件の不動産鑑定を処理!

 独立前は、主に金融機関を相手に、北は北海道から南は九州沖縄まで、年間700案件以上、報酬金額にして7,000万円以上の鑑定評価を処理してきました。

 鑑定業界全体の流れとして、ひと昔前とくらべて、鑑定報酬はかなり下がってきました。鑑定報酬が下がると、1案件に費やすことのできる時間と費用はすぐに限界に達し、そのことが、鑑定評価書の質の低下をもたらしてきました。
 鑑定評価書の質が低下すると、鑑定評価は社会的信頼性を失い、不動産鑑定士の存在意義も希薄なものとなることが危惧されてきております。
 そこで、報酬を一定水準以下に落としつつも、質の面では一定水準以上を維持することによって、不動産鑑定の社会的信頼性を確保することを目的の一つとして、平成26年4月に独立開業するに至りました。
 現在は、神戸、大阪を中心に不動産鑑定、調査等のサービスを提供しております。

  
[経歴]

大阪府堺市出身
これまで、守口市、堺市、神戸市灘区、西宮市、神戸市東灘区と、狭い範囲を住み移る。
 高校、大学卒業後、いろいろな職業につき、平成16年不動産鑑定士2次試験合格を機に、不動産鑑定業界の門をたたく。
 個人事務所、中規模事務所、大手事務所での経験を経て、平成26年4月11日に神戸市東灘区にて開業。
 


[所属団体]

公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会
公益社団法人兵庫県不動産鑑定士協会連合会
神戸商工会議所
芦屋納税協会
凌霜会
大阪凌霜クラブ
士業同盟
大阪仕志会 神戸仕志会


[主な保有資格]

宅地建物取引主任者
2級ファイナンシャルプランナー技能士
測量士補(未登録)


[目標]

試行錯誤を重ねて経営、ひいては人生の成功法則を見出し、資格企業家として世の中の人々の幸福に寄与する。
自由に楽しく、平和に健康に暮らす。


[不動産鑑定士は何をするのか]

いろいろな資格がありますが、仕事の内容がどのようなものなのか、ある程度わかっているのは、文系資格では弁護士と税理士くらいでしょう。
中でも不動産鑑定士は、全国に7,000人ほどしかいなくて、存在自体知らない方も多いかと思います。簡単に述べますと、不動産鑑定士の独占業務は、不動産の価格を出すことです。不動産の価格を出すこと自体はいろいろな所でなされているのかもしれませんが、第三者に対する証明力のある公式な価格を出すことが不動産鑑定士の主要な仕事です。たとえば、同族間不動産売買の際、価格は恣意的になりがちですが、不動産屋さんが出した価格査定表は税務署に対して意味をもちませんが、不動産鑑定士の出した価格であれば税務署に対して、適正な時価としての証明力を有するものになります。




[業務内容]

業務内容については、以下のとおりですが、各項目をクリックして頂くと、ホームページにリンクされております。

1. 不動産の売買、交換における鑑定評価

2. 同族会社間等の不動産売買における鑑定評価

3. 継続家賃の増減請求における鑑定評価

4. 継続地代の増減請求における鑑定評価

5. 相続財産の分割及び遺留分請求における鑑定評価

6. 担保不動産の鑑定評価

7. 民事再生法による鑑定評価

8. 会社更生法による鑑定評価

9. 現物出資に伴う鑑定評価

10. 株式譲渡、会社合併、事業譲渡に伴う鑑定評価

11.不動産の証券化、流動化に伴う鑑定評価

12. 財産分与、代物弁済に伴う鑑定評価



電話番号:078-767-0111

FAX:078-767-0112

mail:kantei-sha@kobe.zaq.jp




営業時間
9:00〜18:00(土、日、祝)
 






弊所は士業同盟というコミュニティに属しており、ワンストップサービスで迅速に対応させて頂きます。





不動産に関するご相談は↓をクリックして頂くとホームページにリンクしております。

























































































アメンバー