プロフィール

ニックネーム
月額5500円!天満橋谷町4丁目北浜のジム・フィットネス
出没地
日本のビバリーヒルズ、天満橋

自己紹介

                 ホームページ
http://kansai-fitness.com/ ←はコチラ

⚫️ 施設ご利用料金 月会費 5500円
☆月額固定で使いたい放題です!
1日何回通われても料金は同じでございます。
 営業時間 6時〜22時
入会金 5500円 事務登録手数料4500円
筋力アップ、ダイエット指導 20分3500円を1回分(無料)
※本キャンペーンは3ヶ月以上在籍いただける方限定です。

パーソナルトレーニングは料金がお得な60分8000円を週2回程お勧めさせて頂いております。お腹周りを引き締めます。


⚫️大阪市中央区船越町2−4−1ワイズビル2階
0669264097 コチラに繋がらない時は
09087522522 までお願い致します。

▪️【入会方法】
下記をお持ちの上、フロントにお越し下さい。
・ご本人確認書類(免許書・保険書・パスポート・外国人の方は登録証明書)
 ・会費引落口座の確認できる通帳・キャッシュカード
 ・会費引落口座の印鑑
※ ご入会頂く日により頂戴する金額が異なります。






















マイプロフィール

定番

趣味
マーケティング活動
長所
危機管理能力大!!
短所
財布にお金が入ってない事
ちょっと自慢できること
決断力!!
まず家に帰ってすることはなに?
「ただいま!お帰えり!」と一人寸劇
座右の銘は?
勝ち組。
集めてるものは?
人脈
Sですか?Mですか?
どMMMM!
○○なタイプです
義理人情深い

好き嫌い

嫌いなタイプは?
無理言う人

その他

一つだけ願いが叶うとしたら?
やっぱり・・どこでもドア?
世界最後の日、あなたは何をしていますか?
最初に戻す。
好きなブログは?
本とマンハッタン http://oharakay.com/
ここだけの話
もて過ぎる (嘘書きました!!)
生まれ変わったら?
オーラのあるリュクの似合うダンディ
じつは?
財布にお金を入れない人

LOVE YOUR BODYもう、痩せようなんて思わないで!今どきボディのつくりかた!教えます!


コラム

明確な論拠はまだないですが今世紀はおそらく、筋肉づくりにお金と時間を費やす時代になるでしょう。
「筋肉づくり」といっても、いわゆる「モノづくり」の対象が筋肉になるというわけではございません。知恵を絞り、 効率的かつ効果的に自らの筋肉を増やし維持する時代ということであります。

元気な社会を持続させるためには、 筋肉づくりが必要な時代になってきている。
筋肉は単に運動のための力を発揮するだけでなく、様々な役割を果たしています。例えば、体温を維持するた めの熱源。

筋肉は活動せず弛緩(しかん)していても、絶えず熱を産生している。
最近の研究で、この 熱産生に必要なタンパク質を欠損したマウスは低体温症になることが示されている。さらに、このマウスを脂 肪の多い餌で飼育すると極度の肥満になり、やがて糖尿病になる。

また、筋肉は様々な生理活性物質を分泌す る「内分泌器官」としてはたらくこともわかってきた。
例えば「イリシン」という物質は、強めの筋運動によって筋肉から分泌され、体脂肪を構成する「白色脂肪」 に作用して、これを減らしやすい「ベージュ脂肪」に変える。イリシンはさらに、脳の短期記憶中枢である「海 馬」に入り、「脳由来神経栄養因子」という物質の生成を促す。この物質は、神経細胞を保護したり増殖させ たりする作用をもつ。運動が脳の学習効率を高めたり、認知症を予防したりする効果をもつことは多くの研究 が示してきたが、その効果のメカニズムは筋肉が分泌する物質にあるのかもしれない。


筋肉はこのような多様なはたらきを通じて、体の中の物質やエネルギーの恒常性を維持している。糖や脂質 は体にとって大切なエネルギー源であるが、余剰になると健康を脅かす「毒」になる。体の中に多量にある筋 肉は、糖や脂質が余剰に蓄積するのを防いでくれる、最も頼りになる消費者といえる。

「モノづくりの時代」といえる 20 世紀。我々は、鉄道、クルマ、エレベータなど、「筋肉の代わりになるモ ノ」を多量に作ってきた。その結果、100 年前とは比べようのないほど、生活は楽で便利になった。しかし、 「筋肉を使わない生活」は、筋肉の衰えを促進するばかりでなく、人間の体にさまざまな悪影響を及ぼすので ある。

仮に、ヒトが筋肉をそれほど持たずに健康を維持できるように進化するとしても、それにはあと数万年 を要するであろう。こうしたジレンマが、生活習慣病の増加、高齢者のロコモティブ・シンドローム(運動器 症候群)、子どもの体力低下などの問題となって顕在化している。

かといって、100 年前の生活に戻す訳にもいかない。「筋肉を使わない」ために費やしてきた知恵を、今度 は「日常的に使わなくなった筋肉を、いかに工夫してつくっていくか」に費やすのが最善であろう。単純な課 題ではございますが、世の中の明確な解答はまだない。








インターネットは情報の宝庫ですよね。
まぁ、、これもインターネットなんですけど。。。
しかし、インターネットが便利になり過ぎた反面、
インターネット(以下ネット笑)では伝わらない事もあると思うんです。
特に筋トレ、健康、ダイエットなどなど、
インターネット…あ、ネット(・_・;)
にいくらでも情報が転がっている様で、
逆にあり過ぎて何が本当かぼやけている事も
多いと思います。
私自身そんな情報に翻弄された事もありました。
そこで、我々がトレーニングや健康管理を
実践して感じた事や、トレーニング人生から得た、
生きる上で本当にトレーニングと出会えて
良かった話を軸に皆様にトレーニングの素晴らしさや、
筋肉が付いてメンタル、仕事、生活全般に
起こったプラスの数々について、インターネット…、
あ、ネットでは伝えきれない気持ちを直接お話しさせて
頂きたいと思い、今回パーソナル体験でやってみようという
運びになりました♪
トレーニング指導という枠だけではなく、
もっと自由な発想でカラダ作りの良さをお伝えし、
お越し頂いた皆様の生活や仕事の活力となる内容に
したいと考えております。
皆様のご来店お待ちしております。






アメンバー