プロフィール

ニックネーム
10caps
性別
男性
お住まいの地域
東京都
職業
その他
職業詳細
ベースボールパフォーマンスアップカンパニー
ホームページのURL
http://10-caps.strikingly.com

自己紹介

私たち10 Capsは、選手の現在の能力を、【骨格】を改善する事により、上のステージに引き上げるという【骨格】の切り口から野球能力向上を支援する、【ベースボールパフォーマンスアップカンパニー】です。

マイプロフィール

定番

好き嫌い

その他

10capsの思い



どれだけ練習をしても、同じチームのあの選手に勝てない
「あいつは才能があるから、仕方ない、、、」
と諦めてしまう
が、しかし、実際やはり勝てないと悔しい
なぜあいつには才能があって、自分には才能が無いのだろう、、、

才能は何によって作られているのでしょうか?
考えた事があるでしょうか?
我々は、才能の正体は「骨格」であると考えます

人間の体の1番深層部分は骨です、その上に筋肉や靭帯や臓器などが乗ってきます
家を建てる時もそうですが、1番深層部分の基礎工事が家の良し悪しを決めます
人の体も当然同じ事が言えます、骨格の良し悪しが体の良し悪しを決めてしまいます
なので骨格って本当に重要です。

同じような体に見えても、体の中の骨格が違うと球速や飛距離が全然変わりますし
もっと言えば野球のパフォーマンス全てが変わってしまいます。
速い球を投げる為の「骨格」 飛距離を伸ばす為の「骨格」
まずはその「骨格」を手に入れ、才能を手にしてから様々な技術を身につけませんか?


そして骨格に加えて「野球技術」
これも野球能力向上において重要なファクターとなります。
ではこの野球技術というのは、何に基づいて考えられるべきかというと
それは「地球の原理原則」に沿っているかという事です

少し考えてみてください。
ボールというのはキャッチャーミットに向かって飛んでいく時も
センターバックスクリーンに飛んでいく時も
必ず空気中を飛んでいきます

・空気を裂くように飛び、空気からプラスαの力を貰いながら飛んでいく。

・空気とぶつかり、空気と喧嘩をしながら飛んでいく

あなたが選手なら、どちらの方が飛んでいくのかは容易に想像が出来ますよね?
ボールと空気の最適な関係性、これは地球の原理原則、つまりは物理学に沿ったものに
なるのです
ボールだけでなく、バットだって地球と喧嘩しては力が出るわけはありません。


バッティング理論やピッチング理論というのは、多くの指導者・研究者などが研究をしていますが、どれも【骨格がいい選手の体に基づいた理論】ばかりです
この理論が出来ないあなたの体が悪いんです、と言わんばかりに出来ない人の
立場に立とうとしません
我々は「骨格」を変える技術を用い、どんな才能・骨格の方でもパフォーマンスを伸ばす指導を行います

今後、この「骨格改善」というのが、ますます重要になってくることは間違いありません。
まず始めに「骨格」を良くして、野球技術を効率化していく。
これが弊社が提唱する新時代の「野球能力向上メソッド」です。

アメンバー